FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

サボテンの花

昔、財津和夫の唄に「サボテンの花」と言うのがありました。
なかなかの名曲で、私もギターをかき鳴らしてよく歌ったものです。

今日の話は歌のことではなく、本当のサボテンの花のことです。

何年かぶりに小さな鉢に植えているサボテンの花が咲きました。
クリーム色のとても大柄で綺麗な花です。

2018062801.jpg

最近はマスさんが冬場に屋内に入れていて、霜が降りないようになると外に出しています。
この度咲いたのはそのお蔭かもしれませんね。

2018062802.jpg

もう一つの小さな鉢植えのサボテンも真っ赤な花を一輪だけ咲かせてくれました。

2018062803.jpg

しかしサボテンや多肉植物は葉の大きさに比較して、とても綺麗で大きな花を咲かせてくれるます。
不思議な植物ですね。

話のついでに財津和夫のサボテンの花を貼っておきます。






スポンサーサイト



  1. 2018/06/28(木) 13:48:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

新しいトレッキングシューズ

2年前に購入したsalomonのトレッキングシューズの防水性がほとんど無くなってしまい、靴底もかなりすり減ったので、
同じsalomonのエバージョン ミッド ゴアテックスと言うシューズをネットで購入しました。

2018062601.jpg

salomon製のトレッキングシューズの一番の利点は軽さです。
そして足首の部分の作りが比較的柔らかいために、歩行が自然にできます。

ただし、軽さ故にゴアテックスの防水性は2年の使用で限界のようです。
しかし私の山歩きの歩行距離とハードな登山道を歩く事を考えると、2年持てば充分のように感じます。

価格も定価の40%オフ+10%割引のクーポン付で10,498円でした。



  1. 2018/06/26(火) 21:27:11|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

薬師岳

昨日24日は早池峰山と薬師岳に登ってきました。

今回も登山道調査の一貫です。
2週間前に北側から早池峰山に登ったばかりですので、同じ月に二度登ることになりました。

最初に薬師岳に登ります。
この日は強風が吹いていて、山の南東上空に大きなレンズ雲が出ていました。
そのため早池峰山になかなか陽の光が当たりません。

少し光が差し込んだ時に河原の坊コースを写しました。
右上が山頂で、右斜めに伸びる尾根が河原の坊コースです。
上部から崖崩れが発生した様子が良く分ります。
登山道は大きく抉れ、復旧の見通しは全く立たないようです。

2018062501.jpg

薬師岳山頂まで登ると、陽の光がようやく当たった早池峰山の全貌が見えます。
ここから見る山容は圧巻です。

2018062502.jpg

小田越に戻り、次に早池峰山を往復しました。
風が強すぎて花の写真はほとんど撮れない状態でした。

2018062503.jpg

この日も多くの登山者が登っていたようです。

詳細は後日アップしますね。


  1. 2018/06/25(月) 19:51:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界谷地

今日は世界谷地から湯浜温泉まで歩いてきました。

今朝の河北新報にも掲載されていた通り、世界谷地のニッコウキスゲが見ごろを迎えていました。

2018062301.jpg

途中、千年クロベにも立ち寄りました。
以前は手前のクロベを千年クロベと誤認した経緯がありますが、今回は道がよりはっきりしていて自然に千年クロベに行きつきました。

2018062302.jpg

山頂を目指す登山ではなく、古道歩きもたまには楽しいものです。



  1. 2018/06/23(土) 21:06:28|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウツボグサ

庭のウツボグサが見ごろを迎えています。
毎年書いていますが、この花、植えた訳ではなく自然に生えてきたものです。

2018062101.jpg

年々種で増えていくらしく、今年は凄い群落になってしまいました。
下の写真の4倍の面積で群生しています。

2018062102.jpg

アジサイも色が出てきて、梅雨本番と言った感じになりました。

でもこの週末は夏のような暑さになるようです。
体調管理が難しい季節です。


  1. 2018/06/21(木) 22:29:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ねこイースターちゃん

土曜日にマスさんと買い物に行って、ガチャガチャで新作のねこのかぶりものを売っていたため、早速二人でガチャガチャをやってみました。

キタンクラブで作ったねこのかぶりものは今回で18弾になるようです。

今回の名称は『ねこイースターちゃん』

イースターとはキリスト教における復活祭の重要なお祭りの事です。
その詳しい内容はさっぱり分かりません。

今回のかぶりものはイースター・エッグとイースター・バニーを模ったもののようでした。

イースター・エッグは復活祭に出される、彩色や装飾を施されたゆで卵なんですって。これは知らなかった。

さっそくゆず君に被ってもらいます。
作りがゆったりしているので、あまり嫌がることなく被っていてくれました。

2018062001.jpg

そして復活祭のうさぎと言われるイースター・バニー
こちらのかぶりものが欲しくて2回もガチャガチャをやってしまいました(笑)
ウサギは多産なので豊穣の象徴であるとされるそうです。

ゆず君はちょっときつめの作りのため、嫌がったので写真撮って直ぐに外しました。

2018062002.jpg

今回のガチャガチャは結構手の混んだ作りだったので価格は400円もしましたよ。

たった一度の写真撮影のために買う我々は、完全に親バカです(笑)





  1. 2018/06/20(水) 22:19:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

サクランボ収穫作業

昨日は朝4時半に家を出て、寒河江のマスさんの実家へサクランボの収穫作業のお手伝いに行ってきました。

朝6時頃から作業を開始。
宮城は雲っていたらしいですが、山形は晴れの天気です。

2018061801.jpg

午前中はもぎ取りの作業をして、お昼は板蕎麦をご馳走になりました。

2018061802.jpg

嬉しいゲソ天付きです。

2018061803.jpg

午後はサクランボ詰めの作業。
根気のいる仕事です。

一通り詰めたら、再び畑に行ってもぎ取り作業を再開。
結局夕方の5時頃まで作業をしていました。

この日は強力な助っ人もいて、結局100kg以上も収穫できたそうです。

お土産にサクランボをいただきました。

2018061804.jpg

サクランボ収穫は次の週末まで行うようです。

但し、私は登山道調査の仕事があるため、お手伝いはできません。
代わりにマスさんが行くそうです。


  1. 2018/06/18(月) 21:26:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青梅

庭の梅の実が今年は豊作で、本日は山に行かず梅の実のもぎ取りをしました。

来週までもぎ取らないと熟してしまい、梅干しにしか使えなくなってしまいます。

結局10kg程度も収穫できました。


2018061601.jpg

まだ木に実っているのですが、これ以上いらないので採取しません。

今回はマスさんが梅酢を作りました。


2018061602.jpg

暑くなる頃には飲めるようになります。


  1. 2018/06/16(土) 19:11:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前神室山

今日は仕事の段取りの関係から本業に休みが取れました。

登山道調査の仕事を出来るだけ前倒しでやっつけたいので、
前神室山から水晶森のロングコースを単独で歩きました。

天気が多少悪くても、ほとんど樹林帯の歩きですし、必要な写真は撮りためていましたから切羽詰まって写真を撮る必要もなかったです。

それでも八幡神のピークに出ると鳥海山が雲海の上に浮かんでいて、その勇姿を見せてくれました。

2018061502.jpg

本州南岸に梅雨前線、北に冷たいオホーツク高気圧が張り出していると、太平洋側はヤマセが襲来して霧雨の状態になります。
今日も標高の低い神室連峰の主稜線を滝雲が乗り越えて姿を隠していました。

2018061501.jpg

詳しい記録は後日、本家ブログにアップします。



  1. 2018/06/15(金) 22:34:13|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタルブクロ

庭のホタルブクロが咲きはじめました。

2018061301.jpg

台風が太平洋沖を通過し、梅雨前線が少し遠ざかったため今日は晴れ間が広がりました。
あまり気温は上がらず爽やかな一日でした。

今年の梅雨はじとじとと長雨が続く陰湿な梅雨ではなく、晴れと雨が交互にくるメリハリのある天気になりそうな感じがします。

いろいろ事情があって山地図の登山道調査を例年より早く終わらせねばならないので、そんな天気傾向は助かります。


  1. 2018/06/13(水) 23:32:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

映画 『万引き家族』

カンヌ国際映画祭で日本人監督で21年ぶりに最高賞のパルムドールを受賞した、
是枝裕和監督による人間ドラマ『万引き家族』を見てきました。

2018061101.jpg

この作品、是枝監督が親の年金を不正に受給していた家族が逮捕された事件に着想を得たと言われています。

あらすじ
治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、ベランダに出されて寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、転んだと主張するが、どう見ても幼児虐待が疑われる傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹と思わせておいて、最後に意外な関係性が分かる亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。




子どもは生れた環境や親を選べません。
暑い車の車内に置き去りにされた祥太(城桧吏)や、火傷や傷を負い、「ごめんなさい。」と発するじゅり(佐々木みゆ)を見逃すことができず愛情を授けて世話する事に決めたが、そこは社会の底辺にいて、万引きまどの犯罪を犯さないと生活を維持できない家庭だった。

愛情がなく虐待をする実の親と、犯罪に手を染めさせる愛情ある偽家族のどちらの環境が子供は幸せか?
目黒の5歳の虐待死した女の子の悲痛な叫び「じぶんからきょうよりか もっともっとあしたはできるようにするから もうおねがいゆるしてゆるしてください。」に心が揺すられたばかりのこのご時世で、これほどタイムリーな映画もないでしょう。

それ以上に衝撃だったのが、貧しいながらも幸せに見えるこの家族が全て血のつながりが無かった点です。
初枝(樹木希林)の年金を頼りにより集まっただけの関係ですが、夫を略奪され一人寂しく暮らす独居老人の初枝にとっては、この疑似家族は安らぎの場所だったのかもしれません。

物語はエンタメ性皆無で淡々と進行します。
そんな点が評価の境目だと思いますが、私は純文学のように行間を読ませる独特の編集に浸れました。

そして柄本明演ずる商店の優しい店主の一言が、息子の祥太(城桧吏)に万引きは犯罪であるという価値観を芽生えさせます。
そこから大きく物語は展開していくのですが、これ以上はネタバレになるので書きません。

現代の日本は勝ち組と負け組に大きく分かれていく時代に入っています。
この映画は勝ち組の方々の視点から見ると、とてもおどろおどろした辛気臭く、見るに堪えない作品と思われてしまうかもしれません。しかし現実社会の中の底辺で蠢くこんな人たちにクロースアップした点で大きく評価できると感じます。

本作は俳優陣の素晴らしい演技が光りますが、その中でも樹木希林の演技には唸らされました。
家族全員で海水浴に行った時、砂浜に佇む樹木希林の遠いまなざしには、「こんな幸せは長く続かないんだよ。」と言う思いが込められている感じがしました。

素晴らしい作品だったので評価は95点。
マイナス5点はじゅり(佐々木みゆ)の行く末を案じてしまったからです。




  1. 2018/06/11(月) 18:50:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツキミソウ

今日はサクランボの収穫を手伝う予定でした。
しかしこのところの寒さで赤く熟すのが遅れているらしく、今日はもぎ取りをしない事になり、久しぶりに一日家でのんびり過ごしていました。
東北南部も梅雨入りしたため、雨降りの一日で山に行く予定も組みませんでした。

流石に土日も仕事としての登山道調査に忙殺されていたので、疲れがたまっていたようです。
20年前までは徹夜で運転して山に登っても疲れを感じなかったのが、今はそんな元気はありません。

庭の一隅に工事現場からレスキューしてきたツキミソウが毎年花を咲かせてくれます。
今はレスキューした場所は駐車場になってしまいました。

2018061001.jpg

でもよく観察すると咲いている場所が徐々にずれています。
ハナトラノオに場所をとられて、種が発芽する場所が変わってきた感じです。
気のせいか花数も今年は少ない印象です。

2018061002.jpg

そう言えば、咲き始めたホタルカズラホタルブクロの株も少なくなっています。
気候に関係あるのかな?

  1. 2018/06/10(日) 22:07:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ヒメコザクラ

今日は早池峰山北面の平津戸コースを往復してきました。

途中で本降りの雨になってしまい、いい状態の登山ではなかったです。

北面のルートは森林浴に向いていますが、花は非常に少ないです。

山頂から剣ヶ峰方面に少し入り、今の時期に咲くヒメコザクラを見てきました。
とても小さい花なので、見逃してしまいそうです。

2018060902.jpg

イワウメも山頂付近は5分咲きぐらいでした。

2018060901.jpg

登山道調査の中でも非常に遠いルートなので、無事調査を終えて良かったです。


  1. 2018/06/09(土) 21:00:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

マスさんの誕生日

今日はマスさんのお誕生日でした。

二人でカジュアルにタイ料理のサバイサバイで食事をしてきました。

最初はメキシコ料理を食べようかと言う話をしていたのですが、そこのコース料理は4名からの予約しか受け付けておらず断念。
それなら二人が大好きなタイ料理を食べようと決めました。

今日の仙台の気温は29度。
暑くなってくるとタイ料理が合います。

そんなに多く食べられないので、サバイセットを注文。
トムヤムクン、ヤムウンセン、生春巻、ガイヤーン、パッタイが一度に食べられるお得なセットを二人でシェアします。

2018060702.jpg

それにバジル炒めかけご飯のガッパオも分けて食べました。

2018060701.jpg

軽い食事だったけど、二人とも満足して店を出ました。

この週末から月曜日までマスさんは実家のサクランボ収穫を手伝いに行かねばならず大変そうです。

  1. 2018/06/07(木) 23:13:29|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

♪ 土岐麻子『SAFARI』

5月30日発売の土岐麻子の1年4ヶ月ぶりのCDアルバム『SAFARI』を買いました。

2018060601.jpg

このアルバム、前作『PINK』でタッグを組んだ、プロデューサーのトオミヨウが全曲作曲・編曲、土岐麻子が全曲作詞を手掛けています。

前作のダンサブルな曲のイメージは継承し、よりカラフルな音作りをしていてなかなか聞き応えがあるアルバムです。
ドライブにとても合うんですよ。

<収録内容>
1. Black Savanna
2. CAN'T STOP feat.大橋トリオ
3. FANTASY
4. STRIPE
5. Cry For The Moon
6. SUNNY SIDE
7. Flame
8. SHADOW MONSTER
9. mellow yellow
10. 名前


私的には1曲目のBlack Savanna、4曲目のSTRIPE、そしてビックバンド風味のSUNNY SIDEが好きです。

付属のDVDには、2017年7月に開催された『TOKI ASAKO LIVE TOUR 2017 “POP UP PINK!"』追加公演(@Shibuya WWW)の模様が収録されていて、仙台公演のライブの記憶が蘇ってきました。


  1. 2018/06/06(水) 23:09:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼石岳

秋田・岩手県境のすずこやの森コースが未調査区間だったので、ついでに中沼登山口から山頂を経てすずこやの森登山口まで、全長21kmの焼石連峰横断の山歩きをしてきました。

中沼コースは中沼のいい写真が無かったので、それを撮るのが目的でした。
本当は朝の鏡のような湖面を撮りたかったのですが、くまぷーさんが水中に入って波紋を作ってしまう失態を犯してしまい、少し待っても波紋が消えませんでした。

2018060401.jpg

この日は山開きでしたが、ツブ沼で神事のみ行ったらしく、集団登山がなかったため、意外に山は混雑しませんでした。
姥石平のお花畑もゆっくり鑑賞できました。

2018060402.jpg

山頂から東成瀬コースへ下ります。
途中で残雪期しか入れない秘密の花園に立ち寄りました。
リュウキンカとミズバショウの花園です。

2018060403.jpg

三合目登山口の上から約3km歩いてすずこやの森登山口へ着きました。

焼石岳の良いところを全て網羅したような山旅でした。



  1. 2018/06/04(月) 22:03:16|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

権現山の大カツラ

今日は山と高原地図の登山道調査で銚子登山口から禿岳を往復してきました。

その詳しいレポは本家ブログにアップします。

下山後、権現山の東斜面の沢の源頭部にある権現山の大カツラを見てきました。
この大カツラ、樹齢は1000年を超えていると言われ、幹周は20m、高さは40mとも言われる巨木です。

2018060201.jpg

カツラでは日本一の巨樹で、日本の巨樹全体でも第6位の太さとか。

株立ちではなく、2本の巨大なコブだらけの主幹を持ち、神の存在をも感じさせる勇姿でした。

中心部は複雑な空洞になっていて、上部を仰ぎ見ると異空間に中に入った感じがしました。

2018060202.jpg

写真ではその巨大さが表現しきれなく、実際に現場で見ると驚きます。

但し、登山道の下部で土石流により道が消失していて、立入禁止になっていました。
自己責任で歩いてきましたが、道はかなり荒れていて登山の初心者では無理な行程です。



  1. 2018/06/02(土) 20:03:03|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (328)
写真 (65)
花 (379)
登山 (547)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR