FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

寒いの苦手

今日は日中の気温が7度までしか上がらず、冷たい北西風が吹いていたため、外仕事には辛い一日でした。

今日で11月は終わりですが、既に本格的な冬になってしまったようです。

タイトルは私ではなくゆず君の事です。
「猫はこたつで丸くなる。」の歌詞は本当で、特にゆず君は寒いのが大の苦手と感じます。

201711301.jpg

今日の様な寒い日は電源を入れていないこたつに入りっぱなしで、餌を食べることもしません。
寒くても日差しが窓から差し込む日には、活性化が増してがつがつ餌を食べます。

2017113002.jpg

夜は私の布団の中に入ってきて、一晩中います。
マスさんの布団は電気敷毛布を使っているため、暑くて嫌みたいです。
マスさんはゆず君が冬場に一緒に寝てくれないので、少し寂しそうです。


スポンサーサイト
  1. 2017/11/30(木) 20:52:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

キノコ狩り最終章

今年は例年より早く雪が降り、キノコ狩りもほぼ最終章を迎えています。

この秋はマスさんが捻挫して一緒にキノコ狩りに行けず残念でした。
まあ山地図の調査山行が夏場にほとんどできず、秋にずれ込んでしまい非常に忙しかったので、自分としてもキノコ狩りに行く余裕が無い状態でした。

現在は里山も淡い積雪があり、乾燥したナメコならあるかもしれないと、山仲間と軽く里山を歩いてきました。

結果は乾燥したり、痛んでしまったナメコが半分、まだフレッシュなナメコが半分と言った収穫で、最盛期に比べてかなり少ない量しか採れませんでした。

しかし稀にナメコがこんな風に生えている立ち枯れもあります。

2017112701.jpg

今回はストックにキノコ棒をテープで連結させて高い場所に生えているナメコもゲットできました。
しかしこれ以上高い場所は無理です(笑) 

2017112702.jpg

これで今年のキノコ狩りは終わりです。
私的にはエノキタケが本命だったのですが、姿形もありませんでしたよ。



  1. 2017/11/27(月) 19:19:55|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一足早い忘年会2017

昨日は朝からとても寒い一日でした。

夕方から毎年恒例になっている山仲間との忘年会を行いました。

場所は毎度おなじみのフェリーチェです。

2017112601.jpg

今回参加したのは幹事のmorinoさんマロ7さんutinopetika2さんTomさんナカシィさんモンキィさん、tammyさん、すばるぅさんマスさん。そして今回初めての参加となるくまぷーさん、mikoさんと私の12名です。

シャンパンで乾杯の後、美味しい料理に舌鼓を打ちました。

2017112602.jpg

2017112603.jpg

各自が今年一番印象深かった山の話を披露し、カメラ談義にも花が咲きました。

午後9時にお開き。
全員で記念写真を撮りました。

2017112604.jpg

少しクリスマスモードに入った一番町を歩き、珍しくバスに乗って帰宅できました(笑)

2017112605.jpg

毎年仲間が増えてきて、何か小さな山岳会のようになってきましたよ。


  1. 2017/11/26(日) 20:50:40|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

映画 『ジャスティス・リーグ』

DCコミックスのヒーローたちが集結した最新作『ジャスティス・リーグ』を観てきました。

前作の「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」があまり納得のできる作品ではなかったのですが、大好きな『ワンダーウーマン(ガル・ギャドット)』をまた見られるとあっては外せない作品です。

あらすじ
ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は、スーパーマンの捨て身の行動に影響を受け、再び人類を信じるようになる。彼は新たな相棒ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)の手を借り、強敵との戦いに備えて準備を進める。バットマンとワンダーウーマンとしてお互い協力を約束した彼らは、共に戦ってくれるヒーローたちを集めるが……。




ザック・スナイダー監督の作品はこれまでトーンが非常に暗く、マーベルの作品の明るさと比べて陰鬱なイメージが払しょくできていませんでした。(個人的にはおちゃらけ要素が強くなってきたマーベルのヒーロー物には嫌気がさしていますが・・・)

しかし本作品は完成を目前としたザック・スナイダー監督が、娘さんの死去により途中降板し、編集と一部撮影し直しの作業を、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督が引き継ぐと言う普通では考えられない制作体制にチェンジしたのです。

これが最良の化学変化を起こし、暗く、重いトーンが幾分緩和され、ユーモア要素が加味されてバランスの良い作品に仕上がりました。

物語の前半は超人チームを作るべくバットマンとワンダーウーマンがスカウト活動をします。
まだ単体の作品がないアクアマン(ジェイソン・モモア)、フラッシュ(エズラ・ミラー)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)の存在が希薄になる懸念を持っていましたが、上手くその特殊能力を活用して戦う場面が入っていて、その懸念は杞憂に終わりました。
特にフラッシュが場を和ませる役を請け負っていてとても良かったです。

そしてあの人が再登場するか否か。
これは劇場に行って確認してくださいね。

興行成績的にはマーベルの各作品が先行している分、勝っている感じですが、後発組のDCコミック関連作品の巻き返しがどこまで見られるのか、映画ファンの私としてはとても気になっています。

今回の評価は85点です。
物語の鉤となる「世界を掌握できるマザーボックス」の存在意義をもう少し掘り下げて欲しかったです。


  1. 2017/11/25(土) 13:51:29|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山地図の初校

今年、登山道調査を行い、調査原稿を元に作成された2018年度の山と高原地図の初校カンプが上がってきました。

2017112201.jpg

今月末までに校正作業を行います。

今回はかなり多くの修正箇所があったので、冊子と地図の標記が異なっている点が幾つかあったようです。
今週はあまり天気が良くないので、調査原稿がちゃんと反映されているか。
追加で修正すべき点があるか、等の確認作業を行っていくつもりです。

来年は調査山域の遊歩道まで調査対象が広がって行きますので、かなり煩雑な調査行程を組まねばならないでしょう。


  1. 2017/11/22(水) 20:59:44|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

女川丼

昨日、石投山を歩いた後で女川駅前のシーパルピア女川のハマテラス内にあるおかせい女川本店で女川丼を食べました。

2017112001.jpg

このお店は基本的に鮮魚店なのですが、奥のコーナーで女川港に水揚げされた新鮮な魚料理を食べさせてくれるそうです。

週末はかなり混雑すると聞いていましたが、閉店時間ぎりぎりに入店したので、直ぐに席につけました。
ちなみに午後3時閉店です。

一番のお勧めは女川丼で、厚手の刺身の数々が沢山乗っている海鮮丼です。
これで何と1300円。素晴らしいコストパフォーマンスです。

2017112002.jpg

これにあら汁も付いてきます。
この日の汁の実は鮭のあらでした。

2017112003.jpg

このお値段で、新鮮でボリューム抜群の海鮮丼を賞味できるとは驚きです。
個人的には酒田港のとびしまで出す海鮮丼と双璧でした。
向こうは太平洋側で普段食べられない魚が沢山トッピングされているのがミソです。

この女川丼、仙台市内の寿司屋で食べたら倍の値段はするでしょうね。

余談ですが、特選女川丼(2600円)と言うものあるみたいです。
ネットで調べたらアワビやウニ、、カニ、トロ、鯨も入っている豪華版でした。
奮発して一度は食べてみたいなぁ~。


  1. 2017/11/20(月) 23:13:36|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

石投山

昨年はガイド本の取材のために二度登った女川町最高峰の石投山
その時歩いた波板海岸へのコースが特に気に入り、山仲間を誘って日蕨口から縦走してきました。

本日、仙台では初雪が降ったようですが、ここ女川の山も少しだけアラレが降ってきました。
しかし概ね晴れの天気で、三陸の山に逃げて正解でした。

山頂から金華山がシルエットで見えています。

2017111901.jpg

大黒森から波板海岸の区間は3か所ほど伐採されている所があり、下山口の波板海岸が眼下に見えていました。

2017111902.jpg

このコースの良さは最後に砂浜の上に立てるという点です。
女川湾を挟んで小富士山が見えています。

2017111903.jpg

詳しい記事は本家ブログに後でアップしますね。






  1. 2017/11/19(日) 20:54:26|
  2. 登山
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

タイヤ交換

明日から12月並みの寒さになりそうです。
もう日本海側への峠越えは冬タイヤが必要な時期になりました。

来週の日曜日に山形へ行く予定があるため、さっそくスタットレスタイヤに履き替えを行いました。
外した夏タイヤを見ると、もう少しでスリップラインが出そうな状況です。
一年で18000kmも走行するのでしょうがないですが、来年春の車検には新品の夏タイヤを購入しなければなりません。

庭のイロハモミジの紅葉は少し色が抜けてきて、もう紅葉終盤と言った感じです。

2017111801.jpg

白いサザンカが生えていますが、花びらが傷みやすく、なかなか良い状態で撮影できません。

2017111802.jpg

オトメツバキは昨年夏に害虫に葉っぱを喰われ、樹生は弱っているようです。
少し剪定が必要かもしれません。

ところで、シャクナゲの木の傍に、今まで存在も気がつかなかったバラが急に成長してきて、今年初めて花を咲かせました。
植えた訳でないのに、どうやって生えてきたのか理由が分かりません。

2017111803.jpg

常緑樹のシャクナゲに日差しを遮られる場所なので、別な場所に移植してやろうかと考えています。



  1. 2017/11/18(土) 17:07:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日向ぼっこ

昨日の午後から降っていた雨は夜半に上がり、日差しが気持ちいい朝を迎えました。
しかし外に出ると冷たい風が吹いていて、泉ヶ岳は雪雲がかかって霞んでいます。

猫は犬と違い野菜を食べません。
身体に維持に必要なビタミンは太陽の光を浴びることによって生成されます。

朝の陽が差し込む場所で、ネコ用のベットに入って寛ぐゆず君

2017111601.jpg

猫は快適な場所を知っています。

2017111602.jpg

朝方寒い時は私の布団の中に潜り込んでくるのですが、暖かい昼間はリラックスしていますねぇ~。

2017111603.jpg

一人でお留守番している時は、ずっとこの場所で寝ているみたいです。


  1. 2017/11/16(木) 20:01:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ピロリ菌抗体検査結果

胃がん検診の時に受けたピロリ菌抗体検査・ペプシノゲン検査の結果通知書が郵送されてきました。

結果はどちらも陰性。
つまりピロリ菌に感染している可能性は低いと言うことです。


これは自分としては意外な結果となりました。
若い頃から山に登り、湧き水や沢水を飲み続けているので、100%ピロリ菌がいるものと思いこんでいたのです。

まあ昔から胃が痛くなるなど、胃炎の症状はほとんど出た事がなかったので、その点では順当な結果だったのかもしれませんね。

これで絶対に飲みたくなかった胃カメラ検査を回避できて一安心しています。


ピロリ菌に関する写真がないので、お口直しに未だ庭に咲いているバラの花の写真をアップしておきます。

2017111401.jpg

前はほとんど剪定せず、ほったらかしにしていたのですが、マスさんが来てから剪定をしてくれるようになって、花が良く咲くようになりました。

2017111402.jpg

昨年末は庭木の剪定をしていなかったので、今年は剪定作業に時間がかかりそうです。
庭木は異常に多い庭なので、困っていますよ。


  1. 2017/11/14(火) 20:21:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

雁戸山

今日は日本晴れの一日でした。
仕事をさぼって急きょ雁戸山に行ってきました。

もう笹谷峠越えの国道286号線は冬季閉鎖に入っているので、笹雁新道を往復します。
一昨日降った雪で灌木が霧氷を被っているのでは、と期待して登りましたが、昨日と今日の晴れの天気で霧氷はほとんど落ちてしまいました。

写真は西茶畑のピークから見た雁戸山です。
薄く雪が登山道に被っているので、滑って歩き難かったです。

2017111301.jpg

頂稜は南風が冷たかったですが、天気に誘われて南雁戸山を往復しました。
岩場が厳しそうに見えるけど、実際は薄く雪が付いただけで通過は全く問題ありません。

2017111302.jpg

岩場を登り切ったところから雁戸山を振り返ります。

2017111303.jpg

雁戸山山頂でお昼ご飯を食べ、往路を戻りました。
今は午後3時半で暗くなってくるので、笹谷古道の周回は無理でした。

  1. 2017/11/13(月) 21:01:03|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

第18回 ボッケと収穫祭

本日は七ヶ浜町で開催されるボッケと収穫祭に行ってきました。
街場の魚屋でほとんど販売されることがないボッケ(ケムシカジカ)を買えるのが売りのイベントで、我が家では毎年訪れています。

2017111201.jpg

このイベントは寒い天候の時が多いのですが、開場45分前から並んでも寒さはあまり感じない陽気でした。
何故並ぶのかと言いますと、大きな雌のボッケは直ぐに売り切れてしまうからです。
昨年は整理券を渡すほど不漁だったので、そうならないように早めに会場に行きます。

2017111202.jpg

マスさんはボッケ購入担当。
私はワタリガニと今年豊漁と言われているタコを買う係です。

2017111208.jpg

2017111203.jpg

今年は入場者が昨年より多く、会場内は賑わっていました。

2017111204.jpg

午前9時半からボッケ汁を振る舞ってくれます。
ボッケと大根、ニンジン、ネギ、豆腐が入った味噌味のお汁です。
見た目とは違いボッケはとても上品な出汁が出ます。

2017111205.jpg

今年はアトラクションで太鼓演奏もやってました。

2017111206.jpg

他に鮭の半身、スジコ、大根を購入し、山形県朝日町のブースでダチョウフランクを食べて会場を後にしました。

帰宅後、我が家の分と、マスさんの実家の分のボッケを捌きました。

2017111207.jpg

ゆず君はまだ生きてビクッと動いているボッケを怖がっていましたよ。

2017111209.jpg

夕食はワタリガニのピラフと、ボッケ汁です。
年に一度の海の幸を頂けるこのお祭りは、山登りより優先度が高く外せません。


  1. 2017/11/12(日) 20:06:52|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

遊々の森

昨日の防災ヘリの記事の続きです。

防災ヘリの訓練を見学する前に七ツ森湖東岸の車が進入できない湖岸道路を歩いて遊々の森へ立ち寄ってみました。
途中の橋のところから泉ヶ岳や北泉ヶ岳が一望できます。

2017111101.jpg

北西には蜂倉山が見えてきました。

2017111102.jpg

橋の上ではワカサギ釣りに興じている方が何人かいます。
釣れたワカサギは大きいサイズで10cm程度。皆さんそこそこ釣れています。
フライにして食べたら美味しそうでした。

橋の東側の森は紅葉が見ごろでしたが、あまり色合いは綺麗ではありません。

2017111103.jpg

北に歩いていくと撫倉山も見えてきました。

2017111104.jpg

七ツ森湖が午後の日差しで光っています。
背後には笹倉山がどっしりと聳えていました。

2017111105.jpg

湖岸の道路から右折して遊々の森を少し歩きます。

2017111106.jpg

森の中に入ると既に落葉して裸になった木々が多く見られました。
キノコは何も生えていません。

2017111107.jpg

ハウチワカエデが赤くなると紅葉の最終コーナーです。

2017111108.jpg

短時間ですが、山の気に触れて満足できました。




  1. 2017/11/11(土) 20:31:11|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

防災ヘリコプター

今日の仕事は午前中で終わり、午後から仕事に必要な資材を買いに行きました。

買い出しが終わってから気晴らしで七ツ森湖を少し散策しました。

ワカサギ釣りに興じている釣り人を見て、湖岸を歩いて行くと、赤い機体の宮城県防災ヘリコプターが飛来してきて、七ツ森湖の上でホバリングしています。

2017111001.jpg

何かの訓練かな、と観察していたら、湖面に隊員がを使って数人降りてきました。

2017111002.jpg

4名降りたところで、もう一人がつり上げのためにホイストで降りてきて、独りずつつり上げを始めました。
水難救助活動の訓練をやっているようです。

しかしホバリングしている時の風圧はかなり強いみたいでした。

2017111003.jpg

今日は小春日和の暖かい一日でしたが、もう11月なので水は相当冷たいと思います。
訓練とは言え、大変な仕事だと思いました。

2017111004.jpg

七ツ森湖周辺はカエデ類の紅葉が綺麗でした。
その記事は明日アップしようと考えています。

  1. 2017/11/10(金) 23:17:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

炭焼牡蠣

本家ブログのアップに時間がかかり、2日間このブログ記事をアップできませんでした。

少し鮮度が悪い内容ですが、日曜日に黒森山に登った後の話題です。

ご一緒したmaronnさんが今までかき小屋に入った事がないと言うので、今回は女川から近い渡波のかき小屋に立ち寄ってみました。

松島のかき小屋は焼けた鉄板の上に牡蠣を並べ、塩水をかけて蓋をして蒸し焼きにする食べ方です。
しかしこのお店は炭火で網焼きにする調理方法で食べさせてくれます。

ただし食べ放題ではなく、一卓ごとに炭代500円がかかります。
牡蠣のお値段は時価のようで、この日は24個で3600円でした。

一般的に牡蠣の炭焼きは一個当たり200円以上のお値段なので、ごく普通のお値段でしょう。

2017110901.jpg

焼き方は網の上に牡蠣を並べ、蓋をして7分待ちます。
ちゃんと卓ごとにタイマーが置かれていて、蓋は熱くなると牡蠣の殻が飛び散るのでその為に使っています。

焼けるとタオルの上に牡蠣を乗せ、軍手で掴んで牡蠣の貝柱を切って身を取り出します。
この作業、maronnさんが直ぐに慣れて、面白がってほとんどの殻を開けてしまいました(笑)

2017110902.jpg

基本的にポン酢をかけて食べるようですが、私の場合は塩味が元々ついているので、何もかけずに食べた方が美味しく感じました。

蒸し焼きにした時より、炭焼きの方がより香ばしくなり、こちらの方がワンランク上の食べ方だと思いました。



  1. 2017/11/09(木) 22:13:01|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

黒森山

昨日は女川町にある黒森山に登ってきました。

私は昨年の12月に単独で登った山なのですが、道が整備された後でマスさんが登っていないため、捻挫のリハビリを兼ねて簡単なこの山にしました。

まだナラの木は紅葉していない状態ですが、ハウチワカエデは赤く色づいていました。

2017110501.jpg

今回は前記事で書いている総合体育館の前から登ります。
山頂に近づくと第三展望台に出て、女川湾の景色が一気に広がりました。


2017110502.jpg

前回は船形連峰や栗駒山も見える天気でしたが、今回は脊梁山脈は雲って見えません。
万石浦と渡波が眼下に望めました。
昨年より山頂一帯の伐採が進んで、より展望が良くなった感じがします。

2017110503.jpg

詳しい記事は本家ブログに後日アップしますね。




  1. 2017/11/06(月) 18:48:38|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

女川の野良猫たち

今日はマスさんのリハビリ登山第二弾として女川町の黒森山に登ってきました。

この登山口に当たる女川総合運動公園に建てられた仮設住宅の一コマです。

女川ドームとも呼ばれる体育館の西側駐車場に車を停めて登山準備をしていると雨が降りだしてきました。
時雨のようなので、車内で少し待機していると、北側の仮設住宅の方から数匹の野良猫が近寄ってきました。

お腹が空いているようなので、山で食べるために買ったおにぎりを与えました。
ガツガツ食べている様子を見ていると、公園の木立の中から次から次へと野良猫が出てきます。

IMGP4951.jpg

あまりおにぎりは好きでないようで、直ぐに植栽の方に戻っていったので見に行くと、仮設住宅にお住まいのお婆さん二人がベンチに座って猫の世話をしていました。

詳しく聞くと、この公園に誰かが捨てていった猫が最初で、それを見たのか、どんどん猫を捨てていく人が増えてしまったようです。
ざっと見た感じ、10匹前後の野良猫がいました。

この時は親猫は見かけませんでしたが、産まれた子供が増えているようです。
お婆さんたちは見かねて、安い餌を自腹で購入して猫達に食べさせているとか。

IMGP4966.jpg

一匹だけ長毛の子がいました。
この子は全然懐かず、常に物陰に隠れてしまうそうです。

IMGP4964.jpg

そして9月頃に生まれたらしい、生後2ヶ月と思われる茶トラの子猫が二匹。
一匹はカメラを向けると逃げてしまって写真が撮れなかったです。

IMGP4965.jpg

お婆さん方に一匹持って行ってくれと頼まれましたが、白血病のキャリアのゆず君がいるから出来ない相談です。

この野良猫たち、夜も屋外で暮らしているとか。
寒さは皆で寄り添って凌いでいるそうです。

もうすぐ寒い冬が来ます。
二匹の茶トラの子猫が冬を乗り切れるか、とても心配です。

それに去勢や避妊をしていないために、今後もどんどん不幸な子が増えてくると思います。
現在、県内の野良猫を保護しているボランティアの組織が何処もキャパが満杯の状態らしく、新たに保護できる状態にないことをウェブ上で知りました。

一般的な野良猫と違い、かなり人に懐いている子が多かったでの、誰か飼える方は一匹でも里親になってくれればいいのに、と思いました。


  1. 2017/11/05(日) 23:05:53|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

川西ダリア園

軽く山に登ってきた後は、登山靴からスニーカーに履き替えて川西ダリア園に入りました。

ダリア園の今年の営業は11月5日で終了です。
花は終盤で入場料は半額の270円でした。

園内に入ると、痛んだ花はほとんど切り取られ、残り花が多かったです。

しかし11月のこの時期に色とりどりの花を見られるのは貴重な体験です。

2017110401.jpg

午後の日差しで影になった部分が多く、花の撮影は大変でした。

2017110402.jpg

花の最盛期には花畑の広いアングルで撮れますが、今はパラパラとしか咲いていないので、自ずとアップの写真が多くなります。

2017110403.jpg

花の直径が15cm以上ある大柄の花は痛んでいるものが多かったです。

2017110404.jpg

最終版の今は単色の花が中心でした。

2017110405.jpg

黄葉の銀杏をバックにすると晩秋の雰囲気が出ます。

2017110406.jpg

これは原種に近い花なんでしょうね。

2017110407.jpg

背後からの透過光が綺麗でした。

2017110408.jpg

これなんて、ちょっと見はキバナコスモスみたいです。

2017110409.jpg

今回、一番気に行った花がこちら。
真ん中の小さい花びらが白く、造形の妙を感じました。

2017110410.jpg

日本晴れの日差しに誘われて、来場している方は多かったですよ。

2017110411.jpg

話は前後しますが、この日、ダリア園開業以来6万人目の入場者があったとの事で、入場時に隣接する温泉施設 浴浴ランドまどかの入浴券2枚を頂きました。
でもお風呂に入る着替えを持っていかなかったので、別な山に登った時に利用させてもらうつもりです。

2017110412.jpg

花の他に蜂や蝶々が沢山いました。
もう高い山では雪が降り、蔵王エコーラインは冬季閉鎖になっていますが、まだ昆虫が元気に蜜を吸っている光景は癒されます。

2017110413.jpg

2017110414.jpg

2017110415.jpg

今年はハードな山歩きが多かったので、時にはこんなゆったりした一日を過ごすのも良いもんだ、と感じました。


  1. 2017/11/04(土) 21:06:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高戸屋山

今日11月3日は全国的に日本晴れの天気でした。
3連休初日で行楽地は何処も混雑したようです。

今回はマスさんが金ヶ崎駒ヶ岳で捻挫してからちょうど2ヶ月に当たります。
まだ少し足首の痛みが残っているらしいですが、様子見で簡単なハイキングコースを歩いてみる事にしました。


但し、まだ慣らし運転なので、歩く速度も遅いため他の方は誘わないで、
初心者でも歩ける山形県川西町にある高戸屋山に登ってきました。

川西町で一番高い山ですが、標高はたった368mしかありません。

写真は東回りコースから見た高戸屋山です。

2017110301.jpg

低山なので展望については全く期待していませんでした。
しかし随所で展望が開け、飽きることなく歩けました。

写真は右から大朝日岳、祝瓶山、三体連山です。

2017110302.jpg

まあ、この山に特別な思い入れがなければ仙台から訪れる事はないと思います。
でも11月5日に本年度の営業が終わる川西ダリア園を見る目的もあったので、ちょうど良い機会でした。

2017110303.jpg

マスさんの調子ですが、まだ急登急降の登山道を歩くのは厳しそうです。
もう少しハイキング程度の短時間で歩けるコースを熟す必要があると感じました。
捻挫は回復まで時間がかかると聞いていましたが、それは本当ですね。


  1. 2017/11/03(金) 19:45:47|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画 『ブレードランナー 2049』

個人的には今年の真打とも思っている映画 『ブレードランナー 2049』を観てきました。

この作品は1982年に公開されたリドリー・スコット監督作品『 ブレードランナー 』の続編です。
公開当時は興行的に大コケしてしまいましたが、公開以降にカルト的な人気を博し、SF映画の歴史を変えたとも言われています。
それまでの未来を題材にした映画は、きらびやかな美しい未来か、核戦争によって砂漠化した未来しか提示していませんでした。
リドリー・スコット監督は、大気汚染で酸性化した雨が降り、日本文化が融合したロスアンゼルスの町を表現していて、その後のアニメや映画に大きな影響を与えました。

それから35年の歳月が流れ、よもや「ブレードランナー」の続編が出るとは思いもよらず、しかも本作の監督が私も絶賛している『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督となれば期待が高まります。

あらすじ
2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)が遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。そして、元捜査官デッカード(ハリソン・フォード)が突然行方をくらませて以来30年の月日が流れた2049年には、レプリカント(人造人間)の寿命に制限がなくなっていた。




この作品、リドリー・スコットが制作に回り、ドゥニ・ヴィルヌーヴに監督を任せた事により、前作の世界観がより深化した内容となりました。但し、最近のハリウッド映画によくあるスピーディな展開とは全く異なる、ヨーロッパ映画を観ているようなゆっくりした流れで物語が進行します。内容的にはSFサスペンスで、常に緊張の糸が張り詰めたようなところがあるので、突然訪れるハードな戦いのシーンがより生きてくる感じがしました。
そして謎解きに繋がるシーンが小物から、登場人物の表情に至るまで出てくるので、2時間43分も凝視するのに疲れる観客もいるかもしれません。(私の場合は大丈夫でしたが・・・)

物語の骨子は新ブレードランナー”K"として出演するライアン・ゴズリングの自分探しが中心で、それに旧作の面々が上手く絡んでいて、オリジナル作品ファンには堪えられない内容でした。
サスペンス物なので、少しのネタバレでも興ざめになってしまいますから、詳しい内容には触れません。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『メッセージ』に好評価与えた人は、この作品は好きだとおもいますよ。
今回の評価は『95点』。
前作の『ブレードランナー』をDVDなどで観て、予習してから劇場に行くと、より楽しめると思います。
でも女性向きではないかな。
ライアン・ゴズリングのファンなら、彼の憂いを秘めた寡黙な演技に酔いしれるかもしれませんが・・・

おまけ。
2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電、に関する関連アニメ作品がアップされています。





  1. 2017/11/02(木) 22:02:31|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (238)
写真 (51)
花 (300)
登山 (425)
音楽 (30)
映画 (116)
猫 (171)
鳥 (18)
本 (8)
観光 (46)
グルメ (165)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (60)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (6)
その他 (14)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR