東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『疾風ロンド』

いろいろ頭の中がパニックを起こしそうな仕事が続き、ゆるい映画でも観にいこうと考えて、スキーやスノボの滑走シーンを予告編でやっていて、気になっていた『疾風ロンド』を観てきました。

この作品は「容疑者Xの献身」など数多くの著作が映像化されてきた直木賞受賞作家・東野圭吾の小説を映画化したものですが、彼の作風では珍しいコメディタッチの作品です。

あらすじ
大学の研究施設の違法生物兵器「K-55」が盗難に遭い、さらに国民を人質に身代金3億円を用意するよう脅迫メールが届く。残された時間は4日間、主任研究員の栗林和幸(阿部寛)はひそかに兵器を探索するという任務を依頼されるも、手掛かりはゼロ。そんな折、犯人死亡というまさかの事態にぼうぜんとしながらも大惨事を回避すべく、犯人の遺品をヒントに国内屈指の規模を誇るスキー場へと向かう。




野沢温泉スキー場が舞台の雪山サスペンスなら見ないと後悔する、と意気込んで観に行きましたが、いやはやこれは一言で言って珍作でした。

阿部寛のコメディタッチの作品は『トリック』や『テルマエ・ロマエ』が直ぐに連想されますが、本作もほぼ同系列のすっとぼけた笑いを提供してくれます。
しかし『トリック』では仲間由紀恵、『テルマエ・ロマエ』では上戸彩という、いい突っ込み役がいたのですが、本作ではそれらの女性に当たる役回りの人がいないので、阿部寛のピン芸人的なお笑いに終治し、笑いのインパクトに欠けた感じがしました。
あえて言えばムロツヨシがその役回りなんでしょうけど、阿部寛との絡みのシーンが少なすぎるんです。

結局、この作品の主題は家族の絆を確かめるという一点に終息しますが、肝心の違法生物兵器探索の切迫感が薄いので、その点では消化不良に陥ってしまいました。

でもスノボ協議でオリンピックを目指す女性役の大島優子の滑りはなかなかのもので、特に「SNOW WARS」と称する滑走中のストックでの戦いは最高に面白かったです。

まあ、頭が疲れた時に、くすくす笑えるこんな映画の存在は助かります。

評価は以前行った野沢温泉の温泉街の風景が少しだけ見られたので、その点が嬉しくなって60点です。



スポンサーサイト
  1. 2016/11/29(火) 22:14:32|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

悲しいです(T_T)

私がよく閲覧している「お山遊び」さんのブログで、蒲沢山の畑前草地全域が太陽光発電のソーラーパネルに埋め尽くされる事を知りました。

2016112801.jpg

仙台市近郊であんな広々とした開放的な採草地が消えてしまうのは誠に残念でたまりません。

あの草地から眺めた蔵王連峰や二口山塊の大観。
宮城が誇る景観の一つだと思っていましたが、現代は土地を休眠させておるよりも、経済性のほうが重視される世の中なんですね。

建設は何時から始まるのか分かりませんが、この冬にもう一度、あの景色を目に焼き付けるために足を運んでみようと思っています。




  1. 2016/11/28(月) 23:02:54|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一足早い忘年会

まだ11月なんで早いですが、昨日26日に山仲間との忘年会を行いました。

例年ですと仙台駅東口のレストランで開催していたのですが、今年はオーダーバイキングがなくなってしまったので、お馴染みのフェリーチェで開催しました。

2016112701.jpg

今回は山形の山仲間の参加が多く、年代層も若くなり賑やかな雰囲気に包まれました。

参加したのは山形のみいらさんモンキィさん、タミーさん、すばるぅさん
宮城組はmorinoさん、maronnさん、tomさんナカシィさん、マスさん、そして私の総勢10名です。

シャンパンで乾杯したあと、美味しい料理が次から次へと出てきて満腹になりました(笑)

2016112702.jpg

2016112703.jpg

今年の山、来年予定している山の話に花が咲いて、あっという間に3時間以上経ってしまいました。

2016112704.jpg

でも今年はまだ12月が残っているので、これからも山に足を運びますよ。

幹事のmorinoさんお疲れさまでした。
みいらさんと会えるのは新年会ですかね。


  1. 2016/11/27(日) 11:33:14|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

生瀬富士

昨日は茨城県大子町にある生瀬富士に登ってきました。

袋田の滝を大きく周回するコースです。

滝本から生瀬富士に登りましたが、北側に連なる岩稜が素晴らしい山でした。

2016112301.jpg

滝川へ下る途中、袋田の滝の真上に出ます。
ここから見下ろした袋田の滝は凄い迫力で、高度感抜群でした。

2016112302.jpg

滝川を渡渉した後は月居山に登りかえします。
昔、城跡だった山頂は紅葉の盛りでした。

2016112303.jpg

月居山の前山に登り返した後で観光客に混じって袋田の滝へ直降します。
途中、午前中に歩いた生瀬富士が一望できました。

2016112304.jpg

あまりの観光客の多さに袋田の滝の観瀑台には入場せず、吊り橋のところから滝を眺めました。

2016112305.jpg

その後はお土産屋を覗いたりしながら駐車場に戻りました。

詳しい記録は本家ブログにアップします。


  1. 2016/11/24(木) 22:09:05|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

笹倉山

日曜日は早朝まで雨でしたので初動が遅れ、当初考えていた山に行けませんでした。

それでも少しだけ身体を動かしかったので、近場の笹倉山を歩いてきました。

登山中はときおり小雨に降られましたが、気温が高くかなり汗をかきました。

紅葉も山の上ではほとんど終わっていて、下部の石ゴロの苔むした斜面が特に印象に残っています。

2016112101.jpg

昨年ほどではありませんが、この晩秋も狂い咲きのヤマツツジに会えました。

2016112102.jpg

数年ぶりに難波コースを下りました。
以前は上部はほとんど踏み跡程度、中間部は笹薮、下部はスギの枝打ち作業が入って歩ける状態ではありませんでしたが、今回は藪もほとんど気にならなくなるほど整備されて歩きやすくなっていました。

2016112103.jpg


帰りに泉区の七北田朴沢地区の西側にある鷲倉神社に立ち寄ってみました。
一番驚いたのは仙台市の天然記念物に指定されている大きなスギです。

2016112104.jpg

枝分れせずに一本の幹が伸びる様は見る価値充分でした。

2016112105.jpg

詳しいレポは後でアップします。

  1. 2016/11/21(月) 22:39:38|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧宮床伊達住宅

今日は大和町宮床の宮床宝蔵敷地内に建つ旧宮床伊達住宅に行ってきました。

2016112001.jpg

ここで今、つるし飾りを展示しています。

2016112002.jpg

古風な茅葺屋根の住宅の中に展示されているので、趣があって楽しめます。

2016112003.jpg

つるし飾りだけじゃなく、手作りのお人形さんも可愛いです。

2016112004.jpg

2016112005.jpg

つるし飾りもかなりな数が展示されていて、見応え抜群でした。

2016112006.jpg

来年の干支に関係しているのでしょうか?
鳥を題材にした作品が多かったです。

2016112007.jpg

2016112008.jpg

あまり時間がなかったので地元の方々とお話ができませんでしたが、お茶をご馳走してくれるみたいです。

2016112009.jpg

撮影に関しては室内が暗いのでISO感度を上げねばならず、その点だけ残念でした。

2016112010.jpg

今回は一人で観ましたが、次はマスさんを連れて観に行きたいです。


  1. 2016/11/20(日) 22:44:12|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『この世界の片隅に』

ネットで絶賛されているアニメ『この世界の片隅に』を観てきました。

こうの史代のコミックをアニメ化したドラマだそうですが、原作を読んでいないので、その内容がどんなものか予告編を観ただけでは判断がつきませんでした。
監督は映画『マイマイ新子と千年の魔法』という作品を世に送り出した片渕須直さんと言う方ですが、この監督作品も未見なので、初めて聞くお名前でした。

映画の内容は予告編から判断すると、戦時中の広島県呉市のお話のようで、ジブリの高畑勲監督の『火垂るの墓』を連想させるような作りなのかな?と感じていて、あの内容だと気持ちが落ち込んでしまうなぁ~と、ちょっと引き気味な感じで観に行ったのです。



あらすじ
1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った広島の江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。


この作品を観終わって、とにかく心暖かい気持ちに包まれました。
悲惨な戦争の描写が入る内容で、主人公のすずにも不幸な出来事があるのですが、とても素晴らしいエンディングを迎えます。
最初に言っておきますが、この作品は10年に一度出るかどうかの大傑作です。

今までの戦争映画と言うとバイオレンス的な描写がクローズアップされるし、お涙頂戴の過剰演出が逆にうさん臭く感じてしまうものなのですが、この作品はそれと真逆なアプローチを取っています。

物語の2/3はすずの子ども時代から、18歳で嫁いで、戦局の悪化により物資が滞り食糧難になって家のやりくりが厳しくなるまでの日々の生活が淡々と語られます。
淡い水彩画調の背景画が、ゆるやかに時間が流れるあの時代の感じを良く出しています。

市井の人々の戦時中の生活を題材にした映画を観たのは初めてかもしれません。
主人公のすずの、頑張っても頑張っても苦しくなる生活に文句ひとつ言わず、自分の知恵で何とか乗り切ろうと、明るさを保ちながら奮闘する姿はとても健気に見えます。

そして昭和20年(1945年)8月が来ます。
軍事基地があった呉は連日激しい空襲に見舞われ、気持ちが休まる暇もありません。
そこから20km離れた広島は・・・・・・・・・・

この作品は女優ののん(能年玲奈)の出世作『あまちゃん』の東日本大震災へのカウントダウン的な描き方に近い側面を有しています。あの作品もコメディタッチで進むドラマの終盤に震災と言う対局のドラマをはめ込みました。
でも最後は復興の希望に燃えた明るいエンディングになっています。

今回の『この世界の片隅に』も悲しい出来事で明るさを失った主人公のすずに対して、最後に明るい希望を与えて終わります。観終わった後もじわじわと感動の余韻が続き、すずが現実に今の時代まで生きているような錯覚に陥ります。

のんは声優ではありませんが、おっとりした性格のすずに乗り移ったような素晴らしい演技を見せてくれました。
のんの起用なくして、この作品の成功もなかったと思います。
そして全ての音楽を担当したコトリンゴも良かったです。
キリンジのライブで見たアグレッシブな演奏とは対極の、ゆったりとした映像にマッチした音楽を作っていました。

今年は『シン・ゴジラ』、そして空前の大ヒットとなった『君の名は。』が公開され、邦画の当たり年と言われています。
でも年末近くなって、良作だったその2作品を遥かに超越する大傑作を観れて、とても満足できる年になりました。

作品の良い点を語り過ぎると完全にネタバレの域に入ってしまうので、これ以上の感想を書くのは躊躇われますが、とにかく観れるチャンスのある方は是非映画館に足を運んで観てください。(公開されているシアター数の少ないので。)
実写映画でなく、アニメだから成し得た表現を最大限に利用して、素晴らしい芸術作品に仕上がっています。

私の評価は100点です。長く日本映画の良作として語り継がれている作品だと思いますよ。






  1. 2016/11/19(土) 22:55:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

仙台市文学館

2日前の話ですが、仙台市文学館に用事があって、その庭を歩いてきました。

文学館の場所には、昔、徳陽相互銀行の頭取の邸宅が建っていて、子ども時代に探検と称して敷地内に入り込んだことがあります。
大昔なのでもう時効でしょうが(笑)

大きな池もあったと記憶していますが、今は庭園風に整備され、散策ができるようになっています。
訪れたこの日はモミジの紅葉が盛りでした。

2016111701.jpg

台原森林公園はスギやヒノキ、そしてアカマツの植林地が多いですが、文学館に近いエリアはまだ雑木林が残っています。

2016111702.jpg

あまり遊歩道の整備状態は良くないけど、沢筋には春先にセリバオウレンやカタクリの花も見られるんですよ。
今はコナラを中心に紅葉が見事でした。

2016111703.jpg

歩いていると風で落ち葉が舞い散ります。
今年は急に寒くなってきたので、紅葉から落葉までの期間が早いと気象予報士が言っていました。

2016111704.jpg

森林公園の出口に未だにマツヨイグサが咲いていました。

2016111705.jpg

平野部で初雪の便りを聞くのも秒読みでしょうね。

  1. 2016/11/17(木) 19:38:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

時期尚早

先週からハナちゃんのステロイドの薬を一日おきにしたのですが、その処置がちょっと早すぎたようで、今週の月曜日から口内炎が少し悪化し、下痢が酷くなってしまいました。

2016111601.jpg

流石にそんな状態では食欲もなくなるようで、月曜日は何も食べられなかったです。

またまた朝一で病院に行き、ステロイドのシロップを10日分、そして下痢止めの錠剤を5日分もらってきました。

早めの対応が良かったようで、今日は口内炎の涎もかなり収まり、少しづつ餌を食べてくれるようになりました。

しかしまだステロイド剤が手放せないとは、安心していられない状態が続いています。


  1. 2016/11/16(水) 23:54:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大高根山

キノコ狩りを目的に山形の大高根山に行ってきたのですが、ナラ枯れが進み過ぎてほとんどキノコが生えない状態になってしまったので、ブログにてアップすることにしました。

晩秋の山形路は朝方に霧が立ち込めます。
登山口付近も霧に覆われていました。

2016111301.jpg

前に訪れた時は登りでかなりなナメコを採れたのですが、樹皮がほとんど落ちてしまい、キノコは生えなくなっていました。

そんな訳で短時間で山頂に着いてしまいます。
雲海の彼方に船形連峰が霞んでいました。

2016111302.jpg

もう登山道沿いでは全くキノコは望めないので、かなり藪漕ぎで突っ込みましたが、そこそこ採れただけで、来年はもう駄目でしょうね。

河岸を変えて前から気になっていた某山に入山したのですが、ここもナメコはほとんど無い状態です。

キノコは諦め気味で、アンテナの建つピークに登ってみました。
ところがこのアンテナ施設、所管の名称が何処にも表示されていません。

どうもこのアンテナは自衛隊の管轄する施設のようで、防犯カメラも設置されていました。

2016111303.jpg

帰り道でこのアンテナ施設に登ってくる林道をかなりなスピードで駆けあがってくる車がいました。
どうも自衛隊の関係者が侵入者を監視しにきたようで、慌てて逃げ帰りましたよ。

でもここに至るルートの何処にも進入禁止の看板なんて無かったんですがね(苦笑)


  1. 2016/11/14(月) 23:28:06|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

賀茂神社のイロハモミジ

今日は昨晩雨が降り続いていたので山はお休みで、家で内業をしていました。

午後から買い物ついでにマスさんと賀茂神社に立ち寄りました。

今の時期は入口のイロハモミジが真っ赤に色づく時期です。

2016111201.jpg

普段は閑散としている神社なのですが、紅葉期には多くの見物客で賑わっています。

2016111202.jpg

ほぼ毎年見に行っていますが、何度見ても感激しますね。

2016111203.jpg

今年も夜はライトアップしているのでしょうか?

2016111204.jpg

2016111205.jpg

この狛犬も何時も写真を撮ってしまいます。

2016111206.jpg

ハナちゃんの病気快癒を願って本殿にお参りもしました。

2016111207.jpg

明日は登山ではなくキノコ狩りに出かけますよ。


  1. 2016/11/12(土) 20:53:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食べてくれます(*^^)v

ハナちゃんがご飯を食べてくれるようになってから12日経ちました。

2016111001.jpg

毎日、抗生剤の注射と整腸剤のシロップ、そして口内炎の軟膏を塗っていますが、今のところ再び体調が悪化する兆しは感じられません。

空腹でぺしゃんこになっていたお腹回りもふっくらしてきました。

今まで病院に連れていくと、それだけで0.5度ほど熱が上がってしまったのですが、自宅療養に切り替えてストレスがなくなった事が一番良かったのかもしれません。

昨日から鶏のささみも食べてくれるようになりました。
口内炎が酷い時には繊維質の多いささみ等は痛がって一切食べられなかったのですよ。

今は完全に免疫不全状態から抜け出すよう、奇跡を願っています。


  1. 2016/11/10(木) 20:39:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

鬼首間欠泉

今日は鬼首間欠泉の写真が急に必要になったので、午後から雨の予報でしたが、鬼首まで行ってきました。

鳴子峡の紅葉も見ごろのようですが、立ち寄る時間がないので、まず吹上温泉の鬼首間欠泉を見ます。

約10分間隔で20mちかく熱湯が吹き上げるようですね。
観光地巡りはあまりやらないので、ここを見たのは記憶がないほど昔でしたが、記憶より吹き上げる水量が多かったので面白かったです。でも入場料400円は高いかな。敷地内のある露天風呂はあまりに開放的で、男性でも入るのを躊躇ってしまいますよ。

2016110802.jpg

その後は吹上沢の地獄谷を見学しました。

2016110803.jpg

前来た時に、サクラが火傷してしまった紫地獄
今は立ち入り禁止になっていました。

2016110804.jpg

遊歩道の一番奥まで行って引き返しました。
間欠泉ほどではないですが、あちこちに噴湯が見られて、これは見る価値があります。

2016110805.jpg

観光道路を東進して水神峠の石碑を見学。

2016110806.jpg

鬼首地熱発電所のPR館を見学しましたが、所長さんとお話ができ良かったです。

尚、片山地獄へ行く遊歩道は整備が一切行われておらず、野湯へ行くには大変苦労するようです。

その後、荒湯地獄を散策しました。

2016110807.jpg

盆地状のところから下流に下ると、熱湯の吹き出ている谷を見ます。

2016110808.jpg

今回は3か所あると言われる野湯の2か所を見ましたが、本流沿いの湯船はほぼ消失しています。
支流にある湯船は湯温はちょうど良いのですが、今は落ち葉が湯船にたまって、それを除去しないと入れる状態ではありませんでした。

2016110809.jpg

しかし野湯フリークの方々が利用するのはいいんですが、台風などの増水によって、ブルーシートの切れ端が沢中に散乱しているのは如何なものかな、と思ってしまいました。



  1. 2016/11/08(火) 20:56:42|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

皮下点滴を取りやめ(^^)v

ハナちゃんの体調がかなり改善して、今では元気な頃の6~7割の量の餌を食べてくれるようになりました。

何でここまで改善したのかは分かりませんが、約10日間何も口にしなかったのと、自宅での治療を行ったために安静な状態が保たれてことに起因するのかもしれません。

そんな訳で皮下点滴の輸液と、口内炎の軟膏、そして整腸剤のシロップがなくなったので、今日の午前中に動物病院に行き、今後の治療の方法を話し合ってきました。

2016110701.jpg

そして結論は
➀ 食べるようになったので皮下点滴の必要はなし。
➁ ステロイドのシロップは毎日一回飲ませていたのを、二日に一回とする。
③ 整腸剤のシロップは自宅で調合して与えて大丈夫。
④ 新たに口内炎専用の抗生剤の注射を私が行う。
⑤ これで様子を見て、少しでも口内炎もしくは食欲が落ちたら、また今までの治療方法に戻る。
と言った感じになりました。

8日前から餌を食べているので、がりがりに痩せた状態も改善し、身体に丸みが出てきましたよ。
今の状態なら家族そろって仲良く年を越せる感じになりました。


ゆず君は最近ハナちゃんが動けるようになってきたので、ハナちゃんに追いかけっこを強要して怒られています。

2016110702.jpg

今回のハナちゃんの病気は完治が見込めない状態まで悪くなりましたが、今のところ奇跡的な回復傾向にあるので、ほっとしています。




  1. 2016/11/07(月) 20:00:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

2016 ボッケと収穫祭

今日は毎年11月の第一日曜日に開催される七ヶ浜町の『ボッケと収穫祭』に行ってきました。

2016110601.jpg

当地ではケムシカジカの事をボッケと言っていますが、淡泊ながら上品な味がする貴重価値の高い魚です。
なかなか市場に出回らないので、このお祭りが年一回購入できる貴重な場となっています。

毎年販売数量が限られているので、午前9時の開場ですが、それより1時間前に行って並びます。
それでも今年は不漁のために一人一尾しか買えず、販売数量も整理券がだされる程少ない状態でした。
開場近い時間に来場したmorinoさんは買えませんでした。

それでもボッケ汁を無料で試食させてくれますので、その美味しさに触れることは可能です。

2016110602.jpg

基本、味噌味でニンジン、ネギ、大根と豆腐が汁の実で入ります。

2016110603.jpg

その他に山形の朝日町のソーセージ
これは毎月開催している七の市で何時も食べる逸品です。

2016110604.jpg

クジラの刺身とワタリガニを購入しました。

会場を出たあとでマロ7さん家に立ち寄ります。
元気なマロ子ちゃんに大歓迎されました。

2016110605.jpg

本当に人懐こい黒柴ちゃんです。

2016110606.jpg

山にダニがいなくなる時期ですので、これからマロちゃんの山歩きが始まりますね。

2016110607.jpg

帰宅してからが意外に大変です。

まず購入したボッケを捌かねばなりません。
今回は一尾をマスさんの実家に送りました。

2016110608.jpg

我が家のボッケ汁は昨日採ってきたナメコ入りです。

2016110609.jpg

ワタリガニも生きている状態で販売していました。
湯がいてから冷ましておくと、ゆず君がちょっかいを出してきます。

2016110610.jpg

怖いので少し腰が引けているのが笑えます。

2016110611.jpg

カニピラフにして食べました。本当に美味しかったです。

2016110612.jpg

また一年後も楽しみにしています。

しかし今日は風が冷たくて、並んで開場を待っていると凄く寒かったです。
山は荒れた天気だったでしょうね。



  1. 2016/11/06(日) 21:26:10|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

少し良くなっています(*^_^*)

ハナちゃんの事を心配してくださっている方もいるとおもいますが、ハナちゃんの近況を少し

以前の記事でハナちゃんがかなり重篤であると報じましたが、自宅にて皮下点滴を行っていましたら、体重は3kgを割り込むほど痩せてしまいました。

それから10日経った10月30日の日曜日。
私がキノコ観察に山に出ている時に、マスさんからハナちゃんが餌を食べてくれたと電話があった事は述べていましたが、その後も口内炎がかなり収まって、元気な頃の半分程度の量の餌を食べてくれるようになりました。

これには訳があり、土曜日に皮下点滴のセットをもらいに病院に行った時の事なんですが、院長先生に口内炎の涎と口臭が改善してきて、今の問題は下痢だけの様なんです、と連絡したら、下痢止めの錠剤を飲ませてみたら良いかも、と処方され、土曜日の夜から飲ませていたんです。
その効果はてき面で日曜日から下痢で何度もトイレに入ることがなくなりました。

2016110401.jpg

食欲がなかったのは口内炎と下痢が要因だったようで、それを改善したら、日曜日から現在まで餌を連続して食べてくれています。やせ細った身体は少し肉がついてきました。
朝晩、餌をおねだりしてくるようになって、今のところは一安心ですが、何時体調が悪化するか予断を許さないので、現在も皮下点滴、錠剤の下痢止め、ステロイドのシロップ、そして補液に足す口内炎用の抗生剤、口内炎の軟膏を投与することが欠かせませんし、しばらくこの治療を続ける予定です。
この治療は私一人では難しいので、必ずマスさんに手伝ってもらいますが、朝忙しい時に結構な時間がかかるので大変です。

最近炬燵を出しましたが、ハナちゃんとゆず君はまたまたくっついて寝るようになりました
体調が悪い時のハナちゃんは炬燵の中に入りっぱなしだったのですが、具合が良くなると炬燵の外に出てくれるようになりました。

2016110402.jpg

甘えっ子のゆず君はハナちゃんに寄り添ってご満悦です。

2016110403.jpg

ハナちゃんの良好な状態がしばらく続いてくれることを祈っておりますよ。


  1. 2016/11/04(金) 22:56:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

寒い一日

今朝は寝ていても寒いと感じる気温でした。

蔵王の初冠雪は昨年は10月26日だったようですが、今年はまだ観測されていません。
しかしエコーライン沿いの木々は霧氷に覆われていたニュースを見ました。

台原森林公園の銀杏もかなり葉を落としています。

2016110201.jpg

人口池のほとりの木々は赤く色づいていました。オオカメノキでしょうかね。

2016110202.jpg

これから先、市街地の木々も一気に紅葉が進むそうです。

2016110203.jpg

ハナちゃんですが、口内炎がかなり収まっていて、現在は餌を元気な頃の半分程度の量、食べてくれています。
この状態が少しでも長く続けば、と祈っている状況です。

  1. 2016/11/02(水) 22:14:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

晩秋

今日から11月。季節はもう晩秋と言える時期に入りました。

そろそろ庭木の剪定をしなければならないのですが、まだ渋柿が沢山実っている状態だし、シオンとシュウメイギクも咲いているために、庭木の剪定ができない状態です。

それでも鉢植えのダイモンジソウも終盤を迎えていて、花を見るのも僅かと言った感じです。

2016110101.jpg

小菊の花があちこちに咲きはじめました。
全然肥料をやっていないのに毎年綺麗な花を咲かせてくれます。

2016110102.jpg

2016110103.jpg

今朝は秋田の太平山で初冠雪が見られたようですが、この週末にかけて高い山では雪の便りも多くなりますね。

そろそろスタットレスタイヤを購入せねばなりません。


  1. 2016/11/01(火) 22:57:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (183)
写真 (36)
花 (252)
登山 (332)
音楽 (25)
映画 (82)
猫 (144)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR