東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

資福禅寺

今日は月末で仕入れの支払いがあったのと、薬を貰いに病院に行く用事があったので仕事は休みました。

午後になっても小雨が降る生憎の天気でしたが、北山の資福禅寺のアジサイの花が見ごろを迎えているようなので行ってみました。

今の仙台の歳時記にもなっている紫陽花寺なので、平日にも関わらず沢山の方が訪れています。

2016063001.jpg

今回はF2.8のレンズを持ちだして撮ってみました。

2016063002.jpg

明るいレンズなので早いシャッタースピードの設定ができ、撮りやすかったです。

2016063003.jpg

前回来た時、この石段の紫陽花は剪定されていて花が少なかったのですが、今年は結構咲いていて絵になります。

2016063004.jpg

晴れているより、小雨模様の方が季節の雰囲気がでますね。

2016063005.jpg

介護施設の方々が利用者さんを連れて見物に来ていました。
車いすや歩行器のお歳よりを介助して見学させるのは大変そうでした。

2016063006.jpg

途中から全域マクロに改造した望遠ズームレンズに取り替えてみました。
くっきり写らないところが逆に好みです(笑)

2016063007.jpg

帰宅後に思い出しましたが、本当の紫陽花の花の芯花を撮影しておけばよかったと思いました。
小さい花なので等倍マクロレンズ&三脚での撮影が望ましいです。

2016063008.jpg

本堂の脇に八重咲きのガクアジサイが咲いているのを今回初めて知りました。

2016063009.jpg

可愛いワンちゃんをベンチに座らせて撮影していた女性がいましたよ。
餌を見せて視線を固定していたのが面白かったです。

2016063010.jpg

おまけの写真はナツツバキです。

2016063011.jpg

何か、久々に花の写真をまじめに撮った感じがしました。
テレビの取材クルーも来ていましたので、本日のローカルニュースでオンエアされるかもです。


スポンサーサイト
  1. 2016/06/30(木) 18:18:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

石投山

日曜日は強風ながらも晴れ間も出る天気予報だったので、熊野岳にコマクサでも見に行くつもりでいましたが、朝起きてみると、西の空には雨雲がかかっていて、ネットの雨雲レーダーを見ても、ほとんど天気が好転しない感じでした。

結局、登る山が決まらずにうだうだ家にいて、春に登った石投山の波板コースでも歩いてみるか、と家を出たのが午前11時でした。

しかしこのコース、ネット情報がないので、何処に登山口があるのか分かりません。
まあ、現地に行けば分かるだろうと着いてみたところ、20分以上探し回っても登山口が分からず、地形図に記載されている破線ルートに取り付いてみました。

ほとんど踏み跡程度しか残っていない道は、沢に寸断されています。

途中、雄勝硯の採取場だったと思われる岩を切り出した場所があり、硯の原石で石垣が作られていました。

2016062701.jpg

完全に道が無くなってからは、山勘で歩きやすい斜面を登ります。
藪はほとんどないのですが、夜半まで降り続いた雨で足場が滑り易いので難儀しました。

大黒森山頂は刈り払われて広場になっていました。

ここからは過去2回歩いているのですが、一か所、雄勝方面に下る道へ直進してしまい、道を外したことが分かって戻りました。

行程全般に二次林や植林地を歩く場合が多いですが、こんなすっきりした林床の森を歩く局面もあります。

2016062702.jpg

展望の良い石投山に着いたのは午後3時。
海を眺めながら軽く食事をとりました。

帰路は正規の波板コースを辿ります。
何処に登山口があるのか、その謎解きが楽しみです。

途中の伐採地からは出島や江島、金華山が一望できました。

2016062703.jpg

ずんずん下ると、潮騒の音が聞こえてきます。
椿のトンネルを潜ると、そこは波板海岸の防潮堤の上でした。

直ぐ下の小さな波板海岸の砂浜が広がり、雄勝湾の対岸に小富士山の姿が見えていました。

2016062704.jpg

このコースはほとんど波打ち際から山頂を目指せる稀有なコースだったと分かりました。

詳細は本家ブログに後日アップします。




  1. 2016/06/27(月) 20:20:08|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠征打ち合わせ

昨日の夜は国分町の美香苑にて、7月中に予定している遠征の打ち合わせ兼お天気祭りを行いました。

仙台からは6名で行くのですが、内2名は用事があり参加できませんでしたが、残りのmorinoさんうめさんマスさん、そして私の4名にてたらふく食べながら、私が暫定的に決めた予定を協議しました。

と言っても、ただ単に飲んで食べたかっただけなんですが・・・(>_<)

2016062601.jpg

メニューは毎度おなじみの飲茶コースです。
とにかくどんどん出てくるので、それに急かされてパクパク食べてしまいます。

2016062602.jpg

これで飲み代は別で2000円プラス税とは信じられません。

2016062603.jpg

最後の杏仁豆腐を食べる頃にはお腹がパンパンに膨れてしまいましたよ。

2016062604.jpg

で、遠征打ち合わせは万事上手く行きましたよ。
私が計画するのだから、少しひねくれたコース採りになっていますが・・・(^^)v





  1. 2016/06/26(日) 21:31:32|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

多肉植物

マスさんが3年かけて育てていた多肉植物の一部に花が咲きました。

こちらはシロボタンと言う多肉植物です。
かなり小さな花で、色も地味なので、よく見ないと花とは認識できません。

シロボタン

その隣に鉢植えしているマキギヌの花は、サボテンの花のように艶やかでした。

マキギヌ

花のアップだと葉の様子が分かりませんが、少し離れて撮影すると、びっしり密に繁る葉の中から飛び出して咲いているのが分かります。

マキギヌ2

多肉植物は冬場の管理が問題で、室内に移動させないと寒さで枯れてしまうようです。


  1. 2016/06/24(金) 21:01:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ウツボグサ

花壇の一角に今年もウツボグサが沢山咲いています。

2016062201.jpg

マスさんが肥料を巻いているためか、年々花が増えている印象です。

2016062202.jpg

この花も父が存命中、花が終わった後、全て刈り取ってしまい、翌年は株が激減してしまったのですが、また増えて安心しました。


日曜日のサクランボ収穫お手伝いの前後、本業の方が目が回るほど忙しく(単なる納期が急がれているためなんですが・・・)、昼休みも飯を食べると直ぐに仕事にとりかかっていたため、体力的に限界の状態でした。

明日は本格的な雨降りの一日になりそうなので、久々にゆっくり休息したいと思います。
車の購入一か月点検に行ってきますよ。

  1. 2016/06/22(水) 21:44:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

サクランボ収穫(第二弾)

昨日は夜1時40分に起床して、午前2時前に家を出ました。
マスさん実家のサクランボ畑には午前3時半前に着きましたが、まだ暗いので車で仮眠しました。

そして夜明けの午前4時からもぎ取り作業開始。

この日は午前9時まで50kg収穫して500gx2パックの箱を50箱摘まねばならないので、休憩する暇もなく3名でもぎ取り作業を行います。

まあこんな感じで脚立に乗って作業する訳なんですが、サクランボ一粒の重さは概ね10g。
これで一粒づつ手でもぎ取るので、50kgをパック詰めするためには、痛んで商品化できない粒を入れなくても5000粒をもぎ取らねばなりません。

2016062002.jpg

でも今年はサクランボの作柄が非常に良く、あまり脚立を移動させなくても効率よるもぎ取りができ、パック詰め作業も捗って、何とか約束の時間までに納品できました。

その後は1kgの箱詰め用のサクランボを収穫します。

結局、午前11時過ぎまでもぎ取り作業を行い、昼食の後で皆で箱詰め作業を行いました。

2016062001.jpg

午後2時ごろまでかかって34箱を詰め終わり、この日の作業を完了しました。

結局、ロス分を入れると、この日もぎ取ったサクランボは100kgはあったと思います。

交通渋滞を恐れて、笹谷経由で自宅に戻ったのが午後4時前。

山登りだと深夜に家を出て、日帰り登山しても疲れは大したことないのですが、サクランボの収穫作業は精神的にとても根気がいる作業でしたので、帰宅後どっと疲れが出てしまい、午後10時には寝てしまいましたよ。



  1. 2016/06/20(月) 20:18:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホタルブクロ

今日、18日土曜日は梅雨の中休みで晴れの天気ですが、本業の方が雨の影響で進捗が遅れていますし、来週はほとんど雨の日が続きそうですので、今日は山は行かずに仕事に励みます。

今、庭ではホタルブクロが見ごろを迎えています。

2016061801.jpg

植えた記憶はない花なのですが、自然に生えてきたようで、庭の中でどんどん勢力を増やしています。

2016061802.jpg

写真以外に白花も咲きはじめました。

ウツボグサも群生していて、まるで里山のような庭なんです。

ところでホタルブクロに多少関連していますが、6月20日から近くの森林公園でホタルの観賞会が始まるようです。
乱舞というほどホタルの数はいないですが、団地に囲まれた市街地の森林公園でホタルが見られるのは貴重な経験ですよね。

では今から仕事に行ってきます。



  1. 2016/06/18(土) 08:01:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

映画 『アイアムアヒーロー』

『アイアムアヒーロー』は花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラーです。

実はこの漫画をずっと愛読していたものですから、映画化にも期待していたのですが、その内容はいかに・・・

あらすじ
漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQN(ゾキュン)と呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。




話の内容を一言で言うとゾンビパニックものですが、冴えない中年男性が自分の置かれた不合理な境遇に悩みながらも、一緒に逃げる女性二人を必死に守っていくお話です。

予告編を見て、主人公の英雄に大泉洋のイメージがぴったりはまっていたので、外せない映画になっていました。
しかしいろいろ忙しく、なかなか映画館に足を運べなかったので、公開終盤のレイトショーをマスさんと観賞してきたのです。

で、見た感想ですが、漫画も未完のために、ショッピングモールのところまでしか実写化できないと予想していましたが、それは見事に的中しました。

英雄の彼女の黒川徹子が感染して英雄に襲いかかる場面や、それに続く感染者であふれ返った街中からの逃亡劇には手に汗を握って面白かったのですが、最後の展開がいけません。

ショッピングモールから逃げ出す段になってからのスプラッター度が半端なく、ただただ銃を撃ちまくるだけで画面に変化がないため、食傷気味になってしまいました。
原作ではここでZQN化していても人間を銃撃することに主人公は躊躇し、激しい嫌悪感を抱くのですが、それを一切省いてしまったので、単なるシューティングゲーム的な画面展開を延々見せられるだけに終わってしまいました。

グロ画面に耐性のない人ならとても正視に耐えられなかったでしょうね。

それにこの映画の最大の欠点は、ZQN化や比呂美が半ZQNになっている理由が一切明かされない事です。
私は漫画を読んでいるので、原作に沿った作りのために概ね話の流れがつかめているのですが、映画単体で見た場合は何が何だかさっぱり分からない映画だったと思います。

始めから何部作の映画なんだと、知らされていれば何の解決にもなっていないラストもありなんですが、映画が当たったなら次回作の制作を考えよう的な作りはどうも嫌いです。

しかし、低予算ながら鑑賞に耐えられるジャパニーズゾンビ映画を作ってくれた事に敬意を称して、
この作品の評価は60点が妥当でしょう。



  1. 2016/06/16(木) 20:38:47|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦うゆず君( ゚Д゚)

このところ毎晩ゆず君が戦っています

2016061401.jpg

まずこの動画を見てください。



普段はおっとりしたゆず君なんですが、毎晩リビングの掃き出し窓の外にくるキジトラ猫に戦いを挑んでいます

2016061402.jpg

本日、観察していて分かったのですが、このキジトラ猫はとても気性が荒く、ゆず君と顔を付け合わせた後、網戸に向って体当たりしてくるんです。

2016061403.jpg

普段、ゆず君は他の猫が屋外を通ったときは優しい鳴き声を上げるんですが、このキジトラ猫がかかってきたために、それ以降喧嘩相手になってしまったようです。

でもこのキジトラ猫、良く見るとハナちゃんにそっくりで、もしかしてハナちゃんと別れ別れになった兄妹?なのかな、とも思ってしまいました。

2016061404.jpg

二匹が網戸越しに戦っている間、ハナちゃんは離れて様子をみています。
怖いみたいで絶対に戦いの場には近づきませんよ。

2016061405.jpg

ゆず君はキジトラ猫がいなくなると、勝ち誇ったように意気揚々と部屋の中を歩いているのでした(笑)



  1. 2016/06/14(火) 20:23:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

サクランボ収穫お手伝い

昨日12日・日曜日はマスさんの実家のサクランボ収穫作業を手伝ってきました

皆さん、ご家族で夜明けとともにサクランボもぎを行っておりますが、仙台から山形に移動する時間がかかるため、こちらは朝7時からもぎ取り作業に参加しました。

高い三脚の上に乗って、サクランボ一粒一粒をもぎ取るので、とても根気がいる作業を強いられます。

この日は山形で夏日の気温でしたので、ハウスがけした上部のもぎ取り作業は、温室の中にいるのと同じで、暑さとの戦いでもありました。

午前中でもぎ取り作業を終了させ、午後からはパック詰め作業です。
概ね1パック220g以上のサクランボを詰めるのですが、へたの部分が上に出ないように並べるのは、単純作業ながら自分をマシンと化さないと勤まらない作業でした。

2016061301.jpg

結局5人がかりで、360パック、重さ約80kg分をパック詰めしましたが、午後4時過ぎまでかかりました。

2016061302.jpg

昨日一日だけのお手伝いでしたが、サクランボ農家の作業のハードさを見に染みて感じ、サクランボの価格が高い理由もよく分かりました。

今年の作柄はかなり良いらしく、来週19日の日曜日にも手伝いに行かねばなりません。
今の時期は猫の手も借りたいほどだそうです。



  1. 2016/06/13(月) 22:35:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栗駒山

今日は栗駒山に行ってきました。

いわかがみ平から山頂を経由して、一旦須川温泉に下り、再び山頂に登り返していわかがみ平に下る8の字周回です。

東栗駒山から望む栗駒山。
ここから眺めた栗駒山が一番優美な山容をしていると思います。

2016061101.jpg

剣山の北側の賽の河原はイワカガミの群生地ですが、以前に比べて花が少なくなった印象でした。

2016061102.jpg

名残ヶ原はワタスゲが見事でした。

2016061103.jpg

詳しくは別途ブログにアップします。


  1. 2016/06/11(土) 21:35:46|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サバイ・サバイ

昨日7日はマスさんのお誕生日でした。

そのお祝いを兼ねて、うめさんも一緒にタイ料理のサバイ・サバイで食事会をしました。

もっとも何時もは女性2名で行う食事会なんですが、久しぶりに私もタイ料理を食べたくなってしまったのです(笑)

この店に入るとほとんど毎回同じようなメニューを注文してしまうので、今回は少し趣向を変えてサバイセットを注文しました。

2016060701.jpg

春雨サラダ、生春巻き、焼き鳥、タイ風焼きそば、そしてトムヤムクンがセットになったお得なセットです。


その他に豚肉の生姜炒めかけご飯

2016060702.jpg

トムヤムクンスープ

2016060703.jpg

そして鶏肉のバジル炒めかけご飯を注文し、皆で取り分けて食べました。

2016060704.jpg

どれも辛みと酸味が利いて、とても美味しかったです。

かなりお腹が一杯になりましたよ。




  1. 2016/06/08(水) 22:51:13|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南蔵王

日曜日は単独で南蔵王を歩いてきました。

不忘山周辺は混雑しそうなので、時間差で朝9時35分白石スキー場を出発です。

水引入道からの大好きな南屏風の景観を楽しみましたが、今年の残雪の少なさは異常ですね。

2016060501.jpg

不忘山のハクサンイチゲですが、完全に終盤でした。
大若沢源頭の鞍部付近は実頃でしたが、不忘山の山頂近くなると花はほとんど終わっていました。

2016060502.jpg

このハクサンイチゲの群落は野趣に富んでいて、何度見ても見飽きることがありません。

2016060503.jpg

動画を撮影しない単独行だと結構早いペースで周回できました。
休憩時間を入れて5時間35分でした。


  1. 2016/06/06(月) 20:35:21|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神室山

先週歩いた高松岳の稜線から見えていた神室山に登りたくなって、土曜日に神室山から小又山を周回してきました。

風が強かったため、煩わしい虫の襲来も少なく、快適な稜線歩きです。
写真は十里長峰から望む神室山

2016060401.jpg

小又山(左)と天狗森を眺めますが、今年の残雪の少なさには驚きました。

2016060402.jpg

小又山の登りから神室山を振り返ります。
花の写真を撮っていたら、ハエやブユがたかってきましたが、小又山の山頂でアースジェットを散布したら一気にいなくなりました。

2016060403.jpg

大又口の下りで可憐に咲くオサバグサが見られました。

2016060404.jpg

本家ブログへのアップはしばらくお待ちください。





  1. 2016/06/05(日) 20:49:45|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント返しができません(復旧しました)

昨晩からFC2ブログが不調でいただいたコメントへの返信ができない状態になっております。

全ての記事にコメントできないようで、その原因は不明です。

復旧まで時間がかかるかもしれません。

2016060301.jpg

記事は書けるんですが、困ったものです・・・


FC2サポートの障害情報

FC2サポートです。
平素はFC2をご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、FC2ブログにおきまして、
コメントができない等の障害が発生しております。

お客様にはたいへんご不便、ご迷惑をおかけいたしておりますが、
現在調査中であり、原因の調査、修正に時間を要しております。
恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。

なお、現象によりましては改善までに時間がかかる場合もございますので
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。


追記

本日朝9時半に復旧したようです。
コメント投稿可能になりました。




  1. 2016/06/03(金) 08:27:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワクチン接種

ゆず君は7月で満2歳になりますが、この度2度目のワクチン接種に行ってきました。

相変わらず内弁慶で、キャリアに入れるとニャーニャーうるさく鳴きます。
病院の待合室では他の猫が鳴くと、共鳴して鳴き交わしていました。

体重は4.8kmと貧血の症状がでていた頃に比べて0.8kmも増えています。

もうハナちゃんよりも一回り大きくなってしまいましたが、性格は相も変わらず甘えっ子です。

2016060101.jpg

今回は口の中をチェックして、ピンク色の歯茎をしていたので、貧血症状は見られないと診断されました。
夏場の8月に血液検査を行う予定です。

何時もは注射が大嫌いで、動き回るんですが、この度は大人しくワクチン注射を打たせてくれました。

元気なゆず君を見ていると、こちらまで楽しくなってしまいます。




  1. 2016/06/01(水) 18:28:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (183)
写真 (36)
花 (252)
登山 (332)
音楽 (25)
映画 (82)
猫 (144)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR