東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

法事

29日の日曜日は母の七回忌、父の三回忌の法事を行いました。
母の七回忌は本来は来年だったのですが、ご住職の言によると一年早めて父の三回忌と同じ日取りで行っても良いそうです。

前回の父の一周忌は雨でしたが、この日は快晴の天気でお墓参りも気持ちよくできました。

法事を終えてやっと一息付けた感じですが、精神的に疲れていたようで、この日の夜はうたた寝ばかりしてしまいました。

このところ、庭の一隅の植えたヒルザキツキミソウが爆発的に増えて、ちょっとしたお花畑になっています。

2016053101.jpg

乾燥を好み、水ハケの良いところでよく育つらしいので、我が家の庭には最適の花かもしれません。

2016053102.jpg

こぼれ種で増えていくので栽培しやすい花で、薄いピンクの花びらが美しいと思います。

2016053103.jpg

この場所には他の宿根草を植えていたのですが、育ったのは僅かな品種のみでした。


スポンサーサイト
  1. 2016/05/31(火) 22:07:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

高松岳

秋田の高松岳に行ってきました。

2016053001.jpg

天気は良かったのですが、とても蒸し暑い一日で大汗かきました。

それにブユが大群で押し寄せてきて、気分的にとても嫌でした。
私はブユに喰われない体質なんですが? 同行した他のメンバーは喰われて難儀しておりました。

長らく藪に覆われていた虎毛山への縦走路ですが、刈払いが終わったようです。

2016053002.jpg

ブユに加えて酷かったのが登山道の刈払いの不備でした。
何回も登っている山ですが、今回のように笹が繁茂した状態は初めてです。

特に高松岳~山伏岳の区間が酷かったです。

山伏岳から屏風岳と神室連峰を眺めます。

2016053003.jpg

藪が酷かったのでコースタイムより、かなり時間がかかって周回しました。
余りの酷さに関係者にお電話して、現状を報告し、役場に連絡してもらうようにしました。


  1. 2016/05/30(月) 22:25:49|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャクヤクまつり

土曜日に秋田の山に行く途中、色麻町の愛宕山公園に立ち寄りました。

この日はシャクヤクまつりの最終日の一日前で、早朝にもかかわらず多くのカメラマンが盛んに写真を撮っていました。

2016052801.jpg

お祭りの終わり頃とはいえ、シャクヤクの花はまだ蕾の株も多く、後数日は見ごろの状態が続くと思います。

2016052802.jpg

朝から快晴の天気予報だったのですが、立ち寄った時間は薄雲がかかり、あまり良い撮影条件ではありませんでした。

2016052803.jpg

でもこのお花畑の光景は初夏の宮城を代表する景色だと思います。
よく観察したら、こんな八重咲きの花もありました。

2016052804.jpg

この花はシャクヤクの新品種なんでしょかね?

2016052805.jpg

駐車場に戻る途中、公園に植栽された木で、見た事もない花を咲かせているのに気がつきました。
名前の看板を見ると、カルミアと言うツツジ科の木のようです。

2016052806.jpg

特に蕾が砂糖菓子のように美味しく見えてしまい、その造形の妙にうなってしまいましたよ。




  1. 2016/05/29(日) 20:25:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

やっと納車(*´Д`)

昨日、購入した中古車がやっと納車されました。

最初にディーラーに行き、売買契約を結んだのがGW前でしたから、納車まで約1ヶ月弱もかかった勘定です。
幾らGWの長期休みが絡んだとは言え、ちょっと遅すぎますよね。
まあ、文句は言いましたが、ディーラーのメカニックの工場キャパが小さ過ぎるのでそんな事になってしまったようです。
それに最初商談した営業担当が移動で急にこの店にいなくなってしまったのも遅れた原因と思われます。


ところで、一番懸念したのが下取りに出す前の車をどうやってディーラーまで運転するかでした。
約1ヶ月走行していなかったのですが、その間にミッションの油漏れが急激に悪化し、駐車スペースの床は油まみれになっていました。

いざ走行してディーラーに向ったら、ギアが滑りまくりで、エンジンの回転数が上がっても前に進むのが大変です。
信号で停車する度に、ギアのかみ合わせをアクセルを煽って様子を見る作業に追われました。

何とかディーラーまで着いて心底ほっとしましたよ。
こんな状況になる予想はついていたので、早く納車して欲しかったのですがね・・・



で、今回購入した車がコチラのスズキSX4です。

2016052701.jpg

不人気車であまり売れていなかったようで、街中で走っている姿はほとんど見かけません。

スイフトベースのライトクロカンの扱いですが、コンパクトカーなのに横幅が広く3ナンバーな点が売り上げに悪影響を与えたようです。

2016052702.jpg

排気量は1500cc。前のハイラックスサーフが3000ccだったので、走行してみると坂道でもトルク不足はいや応なしに感じます。
でも気になる燃費は遠乗りの場合、リッター15kmは走るそうで、前の車が軽油だった事を加味しても、より経済的になりました。


しかしコンパクトカーなので、後部座席と荷室の狭さだけはどうしようもありませんね。
今まで5名で山に行くのは楽勝でしたが、今後は4名限定になりそうです。

2016052703.jpg

後部荷室は写真では広く見えますが、奥行きが足りず、特に荷物の多い冬山では積み込みに苦労しそうです。

2016052704.jpg

私の場合は車中泊しないのでその点は問題ないですが、スキーを積む場合はルーフキャリアを購入せざるを得ません。


ところで、この車を選んだ一番の理由はパートタイム4WDだったからなんです。
私の住む団地の入口が急坂で、雪が積もると毎回登れなくなる車が続出するんで、その保険として四駆が必須条件なのですよ。

2016052705.jpg

センターコンソールのところに4WDの切り替えスイッチがついていて、スタックしたような場合は、電子式のデフロック機能も備えています。
但し、最低地上高は175mmなので、極悪林道の走行は無理と感じました。

中古なのでボディに小傷は付いていますが、走行距離が27000kmしかなかったのも決めた理由の一つでした。

でも実際運転してみて、視線が低くなったのは気になりますね。
今まで道路より座面が高いSUVを約23年間運転し続けてきましたので、その点での違和感は半端じゃないです。


今後、走行してみて気になる点は随時レポしていきたいと思います。




  1. 2016/05/27(金) 17:20:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

根比べ(*_*;

今日は前回の診察から二週間経ったので、ハナちゃんを動物病院に連れていきました。

2016052501.jpg

ここ数日、またまた口から涎を流し始めたので、また口内炎が酷くなってきたみたいです。

診察の結果は、赤く腫れている部分は少なくなったけれど、まだ炎症が収まっていないので、対処療法に過ぎないが、このまま注射による治療を継続させた方がいい、というものでした。

2016052502.jpg

この病院に通っている患者猫の場合、月2回ほぼルーチンで注射を打たねばならない子もいるそうです。

猫の口内炎でとても治り難く、軽度の症状でも普通は三か月ほど治療を要するみたいですので、ハナちゃんが治るまではコチラも根比べが続きそうです。

でも口内炎が悪化した時より、食欲と元気が増しているので、口内炎以外の体調不良は一切ないようです。




  1. 2016/05/25(水) 21:05:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大柴山

今日の仙台は31.8度の真夏日になったそうです。
いやぁ~暑かったですね(*_*;

昨日は鬼首の大柴山から花渕山を歩いてきました。

鬼首スキー場のテレキャビンに乗り、鍋倉山の山頂から縦走します。

虎毛山が綺麗に見えていましたよ。

2016052201.jpg

花渕山手前のシロヤシオ群落が一番の目的だったのですが、まだ三分咲きでした。
花芽が少ない感じもしました。

2016052202.jpg

本当は来週が見ごろなんでしょうけど、日曜日に法事が入っているので山には行けません。

花渕山から旧鳴子スキー場を下りました。
昔のゴンドラ上駅からは東側の景色が一望できます。

2016052203.jpg

スキー場施設は全て荒れてしまい、もう使用できない状況のようです。

宮城県唯一の滑降コースがあったスキー場なんですが、復活するのは難しいでしょうね。



  1. 2016/05/23(月) 21:05:46|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

危機一髪(>_<)

今日は単独で関山峠から白髪山を往復してきました。

朝方はまずますの天気だったのですが、途中から雨に降られてしまいました。

暑いので雨具を肩にかけて羽織っていたら、寒風山へ登り返す時に羽織った雨具を落としてきてしまったのが分かり、奥寒風山の山頂近くまで登り返す羽目に陥りました。

そんな事より、登山中にかなり危ない目に遭いました。

コブの背の山頂直下で面白山の写真を撮った後。

2016052101.jpg

この後、ブナ林に入りますが、登山道が右に曲がる先で大型の動物の気配を感じました。

聞き耳を立て、カモシカかな?と思って軽く声を出して、こちらがいる事を相手に教えてやった途端・・・・・・・



ドドドドドドッと地響きを立てて、大型獣がこちらに突進してくるではないですか。


カモシカなら直ぐに逃げていくので、登山道の陰からこちらに突進してくる大型獣は熊だと察しました。

ストックも持っていないし、このまま熊に襲われたら大変な事になるので、咄嗟に両腕を広げ、とてつもなくデカイ声を出して熊を威嚇するしか対応方法がなかったです。

カーブを曲がって突進してくる熊の姿が見えた途端、大声にひるんだ熊は、突進する方向を一気に90度変え、西側の谷に向って逃げ去っていきました。
こうなったらオイラの勝ち。
手を打ち鳴らし、大声を張り上げていたら、凄いスピードで熊は谷を下って行ったようです。

事が終わった後、少しの間、オイラの心臓もドキドキが止まりませんでした。

熊が突進を止めて逃げたポイントまで歩測してみたら、ほぼ5mしかなかったです。

ここまで近いところで熊と遭遇したのは初めてで、正に危機一髪でした(*_*;


まあ、そんな事があっても白髪山まで登り、コーヒーを飲みながら辿ってきた稜線と、蔵王連峰の大観を見ていましたが、山頂の北側登山道からグァグァグァと言った感じの鼻息(息遣い)を立てて、笹をガサガサ言わせながら、またまた大型獣が山頂に近づいています。

2016052102.jpg

これはまた熊公だな、と確信して、座っていたシートを手に持ち、大きく叩いて大声を出したら、その獣は驚いて藪の中に逃げて行きました。この時は姿は見えなかったけど、またしても熊だったようです。

これからの時期はネマガリダケが伸びる季節なので、熊には注意が必要ですね。






  1. 2016/05/21(土) 19:22:23|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

夏日

まだ5月中旬っていうのに、今日は7月並みの夏日になりました。

午後一から市内で仕事の打ち合わせに行ったので、午前中は外仕事をしないで、11時半ごろに家を出ました。

その時間はバスの本数が極端に減るので、森林公園を通って地下鉄に乗ります。

2016051801.jpg

少し歩いただけで大汗をかきましたよ。

公園の池の中ではカルガモが涼しそうに泳いでいました。


ところで先週10日にハナちゃんの診察に行きましたが、接種した注射の効き目が素晴らしく、涎を出す事がなくなりました。
口内炎の痛みも大分緩和されたようで、餌の喰いつきも凄いです。

2016051802.jpg

一応、来週もダメ押しで診察に連れていくつもりですが、なかなか治らなかった口内炎がこれで解消することを祈っていますよ。



  1. 2016/05/18(水) 20:03:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ヒメシャガ満開(^^)v

今年もヒメシャガを見に、白沢五山の箱ノ倉山に登ってきました。

2016051501.jpg

予想通り箱ノ倉山下部のヒメシャガはほぼ満開の状態です。

2016051502.jpg

長峰縦走路は五分咲きといった感じでした。

2016051503.jpg

何時も静かな山なんですが、この日は30名ほどの登山ツアーと遭遇し驚きました。


  1. 2016/05/15(日) 17:42:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

金華山

6年ぶりに金華山を歩いてきました。

震災の影響で船便が極端に減ってしまい、宮城でも一番登り難い山になっていますが、大人数で高速船をチャーターして島に渡ることができました。

詳しくは本家ブログに記しますが、山頂西側のテラスから眺めた大展望は、宮城県を代表する素晴らしいものと思います。

2016051401.jpg

今回は東海岸の千畳敷まで下りました。
でも震災以来、登山道の整備が全くされていないため、藪山になれたリーダーが先導しないと、かなりルートファインディングが難しいルートとなっています。

しかし千畳敷の景観は何度見ても素晴らしいですね。

2016051402.jpg

強い北西風が吹いていた日でしたので海は荒れ気味でした。
後のデッキに乗船して離れゆく金華山を撮影しましたが波しぶきで結構濡れてしまいましたよ。

2016051403.jpg

まだ復興途上の金華山。
早く以前の賑わいを取り戻して欲しいものです。

  1. 2016/05/14(土) 20:39:20|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画 『レヴェナント:蘇えりし者 』

いろいろ忙しくて映画を観に行く余裕がなかったのですが、一昨日久しぶりに一人で映画を観てきました。

今年のアカデミー賞の監督賞、主演男優賞、撮影賞をとったアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作『レヴェナント:蘇えりし者』です。



あらすじ
1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチームはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大な犠牲にあいながら命からがら船で川を下る。チームのひとり、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)はネイティブアメリカンの妻との間にできた息子、ホークとともにガイドとして同行していた。船を捨て山越えルートを選んだチームは森で野営する。翌早朝、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。急ごしらえの担架でグラスを運ぶが山越えには足手まといであること、瀕死でもあることから、隊長のアンドリュー・ヘンリーが死ぬまで見届け埋葬する者を募ると、ホークとジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)、若いジム・ブリッジャーが残ることになった。ジョンは2人がいない時にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちにし殺してしまう。ジョンはジムを騙しグラスに軽く土をかけただけでその場を離れる。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、自分を見捨てた息子を殺したフィッツジェラルドに復讐を果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。


本作品は今年のアカデミー賞の監督賞、撮影賞、そして主演男優賞の主要三部門を獲得しました。
最近のアカデミー賞はくそ難しい内容の作品ばかりで、エンタメ的な要素が感じられないものが多かったですが、本作品に関しては近年稀に見る傑作と称しても間違いなさそうです。

しかしかなりリアルでショッキングな血なまぐさい映像が続きますので、女性の観賞に耐えられるかは疑問です。
デート鑑賞には全く向かない作品でした。

近年のハリウッド映画はCGやVFXでの映像表現過多で、役者はほとんどブルーバックの中で演技する事が多いようですが、現在その反動で自然のままで撮影する原点回帰の流れが進んでいると言われています。

確かにマーベルの一連の作品は刺激的なCG映像が売りですが、観終わった後で何も記憶に残らないのが最大の欠点でした。

本作品の凄いところは自然の描写を、人工的なライティングを使わず、自然光のみで表現した点です。
マジックアワーと呼ばれる日の出日の入りの1時間半のみ撮影した事で、空のグラデーション表現に深みが増し、物凄く美しい自然の姿が出ています。
ほとんどの撮影はワンテイクの一発勝負だったらしく、その準備として一日8時間にも及ぶリハーサルの末に撮影したので、役者を含め現場のプレッシャーは凄かったと思います。


また超広角レンズを多用し、パンフォーカスで人物と後の背景のどちらにもピントが合っている独特な映像表現が施されています。
荒涼とした雪の荒野に自分も一緒にいるかの様な錯覚に陥ってしまうのは、新鮮な驚きでした。
ディカプリオの顔から5cmしか離れていない場所にレンズを置いて撮影しているので、吐く息でレンズが曇ってしまうほどです。

そして本作によってアカデミー撮影賞3連覇を成し遂げた撮影監督:エマニュエル・ルベツキによる、前作『バードマン』に引き続いての長回しのカットはよりスケールと難度を上げている感じでした。
その長回しはアメリカ先住民の大規模襲撃シーンや、凶暴な熊にグラスが蹂躙され続ける痛ましいシーンで見られますが、最初の襲撃シーンの迫力は名作『プライベート・ライアン』のノルマンディ上陸作戦の凄惨な戦闘シーンに匹敵する恐ろしいものでした。

主演のディカプリオはアカデミー賞の主演男優賞に過去5回ノミネートされながら、受賞を逸してきた悲劇の男優でしたが、本作でやっと悲願の主演男優賞を獲得しました。
それには納得で、とにかく鬼気たる演技の数々には『タイタニック』でアイドル的な立ち位置を確立したレオ様の姿は一切ありません。


その怪演ぶりの一端を披露すると、熊に襲われるシーンではワイヤに繋がれて地面に叩きつけられ、凍てつく河に流され、零下27度の中で低体温症になり、崖から突き落とされ、挙句の果ては私生活ではベジタリアンなのに、生のレバーや生きた魚を食べされられ、思わず吐いてしまうシーンもあります。
最後の格闘シーンでは鼻の骨を折ってしまったとか・・・・・・
ここまでやらなければ主演男優賞を取れないなんて何と因果な商売なんでしょう。

お話は息子を殺し、自分を荒野に置き去りにしたジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に対する復讐劇なんで、とても感情移入がしやすかったです。

でも時折挿入されるバイソンの骨のピラミッドと、崩壊寸前の教会のシーンが最初は意味不明でした。
最後まで見ていると、自然やアメリカ先住民から搾取するだけの白人に対する批判の象徴として将来的に絶滅したバイソンの骨があり、どんなに苦しい立場にあっても神は一切助けてくれない、という事を暗示するために崩壊寸前の教会があったと感じています。

しかし復讐を果たした後の、最後のディカプリオのシーンは未だに意味がつかめません。
一見、虚無感に満ちた顔に見えるのですが、妻と息子を殺された彼の未来に明るい希望があるんでしょうか?

評価、映像と演出の点では100点満点なんですが、見る人を選ぶと言う点では万人向きとは言えない作品なので、80点が妥当でしょう。
私的には見応えのある素晴らしい作品だと思いました。





  1. 2016/05/12(木) 22:33:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャガ

今日は私の誕生日でしたが、マスさんが夜勤のために独り寂しく家にいます。

雨だったので午前中は決算書類を提出しに税務署などを回ってきました。
午後からはしばらくぶりに映画をみてきましたが、そのレビューについては明日にでもアップできるかな。

ところで今は庭のシャガの花が満開です。
新聞では丸森の不動尊ではヒメシャガが満開になっているとか。
例年より草花については10日ほど早いようです。

2016051102.jpg

庭のレンゲツツジも満開ですが、南三陸の田束山では今週末にはヤマツツジが満開の見ごろを迎えるようですね。
車で山頂直下まで行けますので、誰でも手軽にツツジの大群生地が見られてお勧めです。

2016051101.jpg

ハナちゃんは昨日の注射が効いているようで、今日は食欲もあり、あまり涎を流さなくなりました。
しばらく様子見です。



  1. 2016/05/11(水) 23:45:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

しつこい・・・

ハナちゃんの口内炎がなかなか良くなりません。

2016051001.jpg

GW中は様子を見ようという事になっていましたが、餌を食べるときに痛そうで、涎も酷くなってきたので、本日また受診してきました。

餌は食べているので体重は減っていませんが、口の中は赤く炎症を起こしているので、持続性のある薬を注射する事になりました。

これで2~3日様子をみて、再び症状が悪化したらまた病院に連れていくことになりそうです。


一方、ゆず君は元気一杯。

2016051002.jpg

マスさんが大好きなので、何時もマスさんの後を追いかけています。

甘えん坊に拍車がかかってきました(*^。^*)


  1. 2016/05/10(火) 22:35:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

二口山塊・大縦走

昨日は風が強かったですが、天気が良かったので。延期していた二口山塊の大縦走を決行しました。

車をデポして笹谷峠から山形神室、二口峠、糸岳、小東岳、南面白山まで延々歩きます。

詳しくは本家ブログにてアップしますが、達成感のある登山でした。

写真はブナの新緑が綺麗な二口峠から仙台神室を見たところです。

2016050801.jpg

小東峠の手前では迫力満点の甲岩の姿が見えます。

2016050802.jpg

猿鼻山から縦走最後のピーク・南面白山を望みます。

2016050803.jpg

強風吹き荒れる登山でしたが、風が身体を冷やしてくれて逆に助かりました。


  1. 2016/05/09(月) 19:45:16|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

氾濫原

昨日はあまり天気が良くなかったので予定した登山計画を延期して、近場の桑沼~北泉ヶ岳~氾濫原を周回してきました。

昨年は泉ヶ岳から大周回しましたが、氾濫原のニリンソウがほぼ終盤で、見事な群落をしばらく見ていないので、二年連続で訪れました。

桑沼周辺のシロヤシオの蕾はまだ硬い状態です。
今は標高300mぐらいが見ごろなんでしょうね。

2016050501.jpg

大倉尾根に出ると、強風が吹き荒れ、時折霧雨も降っていましたが、合羽を着るほどでもありません。
やはり予定した山に行かなくて正解でした。

そして氾濫原ですが、天気予報通り午後3時から晴れてきました。
しばらくぶりに満開のニリンソウを見れて満足です。
でも風が強いのでマクロレンズでの接写は諦めました。
2016050502.jpg

2016050503.jpg

結局、桑沼の駐車場に戻ったのは午後5時。
流石に登山者の車は一台もなかったです(笑)



  1. 2016/05/06(金) 17:13:08|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コストコ

初めてコストコに行ってきました。

宮城では富谷町に4月末オープンしたんですが、行ったのは山形県上山市のコストコです。

2016050401.jpg

午前中は雨が降っていましたが、午後からはこんなに天気が良くなりました。

蔵王の熊野岳も店の入口から一望できます。

2016050402.jpg

それにしても、GW中に行ったのは間違いで、駐車場も大混雑、店内も大型のカートが行きかうスペースもない程混雑していました。あまりの人ごみに酔ってしまった感じです。

で、混雑し過ぎでゆっくり商品を見る余裕もなく、大したものは買えませんでした。
見た感想ではすべての商品が安い訳ではなく、大量に売られているので安い印象を持つようです。
肉やパンは確かに安いですが、売られている量が半端じゃなく多いので、大人数の家族でないと消費できません。
グループで購入してシェアするのがより良い買い方だと感じました。

それとアウトドア関連の商品は見る価値なし。
家電もネットの方が安いみたいです。

まあ、富谷の方に平日に行って、もっとゆっくり見てみたいものです。

P.S. ピザは安いのに美味しかったですよ(*^。^*)


  1. 2016/05/04(水) 22:59:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤマブキソウ

本日は鬼首の山に行ったのですが、お昼前から急激に曇ってしまい展望が全くなくなったので、途中から下って山菜採りに切り替えました。

その後、七ツ森の鎌倉山に立ち寄ってみましたが、遂倉山との西斜面に広がる沢の源頭部はヤマブキソウのお花畑となってしました。

2016050301.jpg

ヤマブキとは花びらの数が違い、ヤマブキソウの花弁は4枚です。

2016050302.jpg

ニリンソウは完全に終盤でした。
ヤマブキソウが終わると、次はマルバダケブキのお花畑が出現しそうです。


  1. 2016/05/03(火) 20:49:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (172)
写真 (33)
花 (234)
登山 (305)
音楽 (24)
映画 (74)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (39)
グルメ (116)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (46)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (10)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR