東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

ブタクサ

9月から10月にかけては私にとって嫌な季節です。
何故かって?????

春の杉花粉と同様に、秋にはブタクサの花粉症が始まるのです。
今はその最盛期。


杉花粉ほど症状は酷くありませんが、鼻水とくしゃみの症状は出るので、毎日が憂鬱な気分になります。
あまり酷い時は抗ヒスタミンの錠剤を飲まないと、夜に眠れません。

ところで一般的にブタクサがどんな植物なのかを知っている人は少ないと思います。
まず思い浮かべるのは空地に猛烈に蔓延っているセイタカアワダチソウです。
この花をブタクサと思っている人がかなりいるらしいのです。

2015103101.jpg

外来種で、とても繁殖力が強いです。多年草なので、種でも地下茎でも繁殖します。侵略的外来種ワースト100に選ばれているほどです。

しかしセイタカアワダチソウは、「虫媒花」(蜂などが花から花へと移動することで受粉する花)で、花粉を飛ばす種類の植物ではありません。

それに対してブタクサはキク科のブタクサとオオブタクサのことを指します。
東北地方での花粉飛散のピークは、9月から10月ごろのようで、それは私の花粉症の症状の出方から判断できます。
私が鬼門なのはどうもオオブタクサのようで、繁殖力が高く、花粉の量も多いと言われています。
このオオブタクサは外来種で、「風媒花」と言って、花粉を風にのせて雌しべ(めしべ)まで飛ばすことで繁殖していく一年草です。

2015103102.jpg

私の花粉症歴はもう37年。
当時の検査で杉とブタクサに反応するのが分かりましたが、こんな病気に死ぬまで付き合わねばならないとは、本当にトホホな人生です。


スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 18:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

薬の量を減らす(^^)v

今日は月末の支払日だったので午前中は集金に来るため事務所にいました。

そんな訳で明日は仕事に出たいと思い、ゆず君の二週間ごとの診察に動物病院に朝一で行きました。

2015103001.jpg

最近のゆず君を見ていると、貧血症状がでる前の元気な状態に戻っている感じです。
食欲もあり体重は毎回重くなっていて、4.35kgと増えていました。

血液検査で貧血状態を調べた結果は、もう少し数値が高くなるのが望ましいですが、概ね貧血状態から脱していて、基準値内に入ってきました。

そこで一番問題なのが、続けて処方されていたステロイド錠剤の扱いです。
何処までも飲ませ続ける訳にはいかない薬なので、一日半錠づつ飲ませていたのを、1/4錠づつに変更しました。
これで様子を見て、少しでも貧血状態になりそうな気配があったら再診すると言うことになりました。

最近は寒くなってハナちゃんと寄り添っている機会が多くなったゆず君。
追っかけっこも毎日の日課になっていますので、このまま治ることを祈るのみです。

2015103002.jpg

良く見ると体重の増加とともに、いつの間にか大人になっていたゆず君がいました。
でも甘えっ子なのは相変わらずですが・・・・・

  1. 2015/10/30(金) 20:38:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

マクロレンズ

新しく購入したペンタックスK-3に、始めてタムロンのマクロレンズSP AF90mm F/2.8 Di MACRO (Model272E)を付けて撮影してみました。

前に使っていたペンタックスK-30ではジーコジーコ緩慢に動くだけで、ピント合わせに時間がかかり過ぎて使えなかったオートフォーカスが、K-3では早い速度で合焦するので驚きました。
クイックシフトフォーカスは使えませんが、これなら充分使えるレベルだと思います。

写真はダイモンジソウ

2015102801.jpg

もう庭の花は終わりかな、と思っていましたが、少量ながら菊の花が咲くのを忘れていました。

2015102802.jpg

暖かい日差しの中、蜂たちは一生懸命に蜜を集めています。
忙しなく動き回る蜂にピントを合わせるのは至難の業でしたが・・・

2015102803.jpg

基本、花の撮影は私の場合は手持ちで写すので、オートフォーカスでピントを合わせた後、しべに合焦させるのは微妙に身体を動かします。この時に息を止めるので、登山中の撮影ではかなり大変なんです。

2015102804.jpg

ホトトギスの花は、知らない内に盛りを過ぎていました。

2015102805.jpg

やはり中級機の一眼レフは違うな、と思ったのはシャッターを押したときのショックがほとんど伝わらないことです。
それにより花の撮影でピントを外すことが格段に減ったと感じました。

2015102806.jpg

でももうすぐ冬ですし、花を見られなくなるのは寂しいですね。

  1. 2015/10/29(木) 00:01:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黒沢峠&天狗山

日曜日は冬型の気圧配置になり、風速10mを越える北西季節風が吹き荒れる天気になってしまいました。

当初は奥羽山脈の山を予定していましたが、気温も上がらない状態では苦労するだけなので、前夜に急きょ山形県小国町の徳網山に変更したのですが、車を走行中に気になっていた黒沢峠も歩いてみたくなって、ハンドルを右に切りました。

行って見て分かったのですが、10月の最終日曜日は毎年、黒沢峠祭りが開催されるそうで、すでにかなりな数の方々がお祭り広場に集まっていました。

地図も用意していないので、適当に先頭集団について歩いて行くと、黒沢峠の入口にすんなり付きました。

まあ詳しくは本家ブログにアップしますが、1.8kmの峠までの行程にのべ3600段の敷石が敷つめられた素晴らしい旧街道です。
写真は楢ノ木平付近ですが、ブナの森と街道の風情が素晴らしいものがありました。

2015102501.jpg

まあ峠道なので展望が開けたところはほとんどなく、旧道を周回すると、北側の峰まで道が続いていましたので、通信反射板のあるそのピークに立ちよりました。

晴れていれば飯豊の大観が見られたでしょうが、この日は雲に隠れて見えず、南東方向に飯森山だけ見えていました。

2015102502.jpg

下山後は徳網山に行こうと思っていましたが、ヤセ尾根で風を遮るところがない山なので、またまた予定変更で小白川にある天狗山に河岸を変えました。

写真の一番高いピークが杉立峰で、天狗山はその右肩の一段低い尾根の出っぱりにしか過ぎないピークです。

2015102503.jpg

この山は以前は麓の二の鳥居から登れたのですが、その参道は道が崩落してしまって歩行できない状態です。
それが分かっていたので、四駆を駆使して狭い林道を辿り、護摩堂直下まで車で乗りつけました。

信仰の山である天狗山は、なかなか見どころが多い山ですが、この日は生えているキノコに目が行ってしまいます。
ナメコやムキタケが生えていましたよ。

2015102504.jpg

奥の院は東側の展望が素晴らしい場所で、北側には残雪期に登った三体山が意外に近くに見えていました。

2015102505.jpg

車に戻ると気温9度。
この日は風速10m以上の強風が吹いていましたので、標高1000m超えの山での体感気温は軽く氷点下を下回っていたでしょうね。


  1. 2015/10/26(月) 23:48:50|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

元気です(*^_^*)

私が長野県に行っていた時、ゆず君は貧血が再発してしまいましたが、その時注射を打ってもらってから物凄く元気になって、今では病気になる前の様な状態にまで回復してきました。

IMGP9575.jpg

もっとも薬については朝晩飲ませているので、それを止めてしまったらどうなるか不安がありますが、先週末の血液検査では貧血症状は改善されていました。

ハナちゃんとの遊びもかなり長時間追いかけっこしても疲れる事がないようです。

IMGP9587.jpg

まだ完全に安心はできませんが、歯茎や鼻、肉球がピンク色で、貧血状態じゃない日々が続いていますので、このまま急性期が終わってくれることを祈っています。

1445672948fF1sOeno6BUbMi31445672945.gif

もちろん食欲は旺盛で、体重も増えている感じですよ。


  1. 2015/10/24(土) 18:14:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

広東飯店 美香園

土岐麻子のライブの後、近場で軽く食事をすることになり、Taku-o君ご推薦の『広東飯店 美香園』に行きました。

元仙台ホテルの中華料理長を務めたオーナーが作る、絶品本格広東料理がリーズナブルなお値段で食べられるお店だそうです。

何がお勧め料理か分からないのでTaku-o君ご夫妻にお任せです。

一番美味しいのは仙台B級グルメと言われる麻婆焼きそば(890円)だとか。
揚げた麺の上に熱々の麻婆が乗っかっています。
パリパリした麺の食感がとろみのある麻婆豆腐によく合います。
でも一人前なのにかなりな量で、これだけ食べてもお腹が一杯になりそうで、皆で取り分けて食べました。

2015102202.jpg

その他にも何品か注文しましたが、写真を撮ったのは皮がパリパリで美味しい春巻きと、これぞ絶品と思わずうなってしまった餃子です。

2015102203.jpg

2015102204.jpg

生ビールも飲んで一人2000円程度でしたから、肩ひじ張らずに入店できるお店だと思いました。

個人的には餃子が物凄く美味しかったので、お得な飲茶(点心)コース(2160円)を食べてみたいのですが、4名からの予約は必要との事でしたので、一緒に行く人を募らねばなりませんね。




  1. 2015/10/23(金) 20:24:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

土岐麻子ライブ

20日・火曜日の夜、仙台retro Back Pageにて開催された
土岐麻子LIVE TOUR 2015 "Bittersweet"を見に行ってきました。

ご一緒したのはmorinoさん、Taku-oさん、Taku-oさんの奥さん、そしてマスさんとです。

2015102201.jpg

このライブは今年発売されたアルバム”Bittersweet”を記念して全国を回るものです。

メンバーは渡辺シュンスケ率いるSchroeder-Headzの面々にプラスして、KIRINJIのギタリス弓木英梨乃が加わったカルテッド編成です。

ほぼアルバム全曲を披露してくれ、他にも懐かしい曲も散りばめた楽しいライブでした。
何より、客席との距離感が半端じゃなく近く、私の座った席かた土岐麻子さんまで4m程度しか離れていませんでした。
そしてタイトでドライブ感溢れるメンバーの演奏に酔いしれたひと時でした。

弓木さんがいませんが、こんな感じのライブでしたよ。


でも一番驚いたのが可愛らしい顔に似合わずアグレッシブなギター演奏を披露してくれた弓木さんです。
ライブの後で皆で食事をしましたが、その話題で持ち切りでした。





  1. 2015/10/23(金) 00:04:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キノコ狩り

昨日は山仲間のみどぽんさんと毎年恒例行事のキノコ狩り登山に行ってきました。

山の名前は伏せますが、ナラ枯れ被害が酷くご覧の様そうの山です。

2015101901.jpg

昨年はナメコが大豊作の年でしたが、今年は例年より10日ほど紅葉が進んでいるので、今しかないと期待して出かけました。
でも全体的にはナメコ&ムキタケとも幼菌が多く、10日後が一番ベストな感じです。

それでもご覧のようなキノコ狩りを趣味にする方にとって天国を思わせるナメコの群生に出会えましたよ。

2015101902.jpg

しかし良い事ばかりではありません。
この後、直ぐに唇を蜂に刺され、痛みで涙がでる程でしたし、帰宅後に大腿内側に喰いついているマダニを発見。
例によって毛抜きで抜き取りましたが、取るときって非常に痛いんですよ(T_T)

でもこの他にまたしてもヤマブドウを大量ゲットして思いでに残る一日でした。


  1. 2015/10/19(月) 20:37:25|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤマブドウ

昨日はキノコの偵察で藪山に入ったのですが、凄い藪漕ぎに根を上げるほど厳しい山でした。

キノコはぼつぼつ採れましたが、山中で時間がかかり日の入りとの追っかけ合いになってしまって、生えていても採る時間がないほどだったです。

ところで驚いたのは今年のヤマブドウが近年稀に見る豊作な事でした。

藪漕ぎの最中に三か所ほど、まるでブドウ園???と思ってしまうたわわに実った光景に出くわしました。

その内、最初の一か所目で実っている部分の半分ぐらい最初したのが下の写真です。

2015101701.jpg

ゆず君が近寄ってきたときに写真を撮りましたが、ゆず君との対比でその量が分かると思います。
大きな粒で直径1cmはある極上品のヤマブドウで、実だけ計ったら2.4kgもありましたよ。

まるで山で採れた黒真珠みたいな感じがしました。

IMGP9477.jpg

一個一個外して、洗う処理が大変でしたが、その利用法は秘密です(笑)


  1. 2015/10/17(土) 21:45:32|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年最後の花かな?

寒気が入って急激に寒くなってきました。
日の入りの時間も早まり、冬が近いことを感じます。

寒くなるとハナちゃんはかなりな確率で夜に布団の中に入ってきます。
今まで飼っていた猫達は布団をかけられると身動きできなくなるのですが、ハナちゃんの場合は自由に動き回っています。
折角ゆず君がいるのだから、一緒にくっついて寝ればと思うのですが、寒さの許容範囲を超えるとゆず君の傍より布団の中、という行動になってしまう訳です。

2015101501.jpg

でも日中は日の光が差し込むので、二匹で日向ぼっこをやっています。
猫は野菜を食べないので、ビタミンは日の光を浴びて体内で作りだしているのですよ。


今の時期、庭の花々は今年最後の輝きを見せてくれます。
コスモスが終わり、急に花の数が少なくなってきましたが、今はシュウメイギクが庭一面に咲いて綺麗です。

2015101502.jpg

チェリーセージは長い期間、花を咲かせてくれる貴重な花ですね。

2015101503.jpg

ガウラは草丈がなかなか大きくなってくれませんが、花数は多いです。

2015101504.jpg

7月にドンデン平ゆり園で購入してきたスパニッシュセージは完全に根づきました。

2015101505.jpg

菊の花が咲くと晩秋です。

2015101506.jpg

今は鳴子峡や二口渓谷まで紅葉が降りてきたそうです。
街の街路樹が色づくのはもうすぐでしょう。


  1. 2015/10/15(木) 22:23:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

また貧血再発(T_T)

今回の長野遠征ではマスさんは事情があり参加できなかったのですが、家で留守番していた土曜日からゆず君の具合が急に悪くなってしまったようです。

2015101401.jpg

鼻や肉球まで白くなり、ぐったりして餌も食べなくなったので明らかに貧血の状態に戻ってしまったと思ったそうです。
そこで日曜日にかかりつけの動物病院に電話して休日診療をして、注射2本打ってもらいました。

私はちょうど斑尾山に登っていた時にメールを受けたのですが、その後は急激に貧血状態から脱したそうです。

結局私は日曜日の夜に帰宅しましたが、その時には何時も通りのゆず君に戻っていました。
本当に貧血で具合が悪いと、呼吸が粗く、しかも喉をゴロゴロ鳴らすこともできなくなるんですが、今回はその状態を見ていないので、元気そうな姿を見て安心しました。

2015101402.jpg

翌日の12日はハナちゃんと追いかけっこや、こんなもみ合いまでやっています。

2015101403.jpg

これまで食欲は結構旺盛で、診察時は体重が4.3kg(1週間前は4.08kg)と増えていましたが、貧血と食欲はあまり関係がないようです。
先生も『この子は急に具合が悪くなるんだよね。』と言っていたそうです。

まあ今は元気で遊んでいますので、一安心ですが、今度の土曜日の検診日には血液検査はされるでしょうね。

2015101404.jpg

まだまだ急性期から抜け出していないので、泊りで何処かへ行くのは難しそうです。

今回はマスさんがいてくれて本当に助かりましたよ。



  1. 2015/10/14(水) 22:17:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

斑尾山

戸隠山に登った翌日。
朝起きてみたら霧雨が降っていて、私とSakaさんを除いた二人は山に登るモチベーション全くなし。

善光寺にお参りに行くつもりだったらしいが、そうは問屋が卸さない。

どうせ高い山は駄目なので、この日はキノコ狩りを兼ねて斑尾山を狙っていたのですよ(笑)

そんな訳で東側のまだらおの湯と言うところから斑尾山を周回登山してきました。

その時の写真数点をご紹介します。

まずお目当てのキノコはクリタケが多く生えていました。

2015101101.jpg

まああまり展望は期待していなかったのですが、山頂に着くころにはガスが飛んで、展望地からは野尻湖が眼下に見えていましたよ。

2015101102.jpg

山頂付近は木々の紅葉が最盛期でした。

2015101103.jpg

帰路は斑尾高原スキー場を下って周回しましたが、ここは飯山盆地と信越トレイルの山々の展望台でした。

2015101104.jpg

雨の予報に反して登山ができてラッキーでした。


  1. 2015/10/14(水) 00:46:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

戸隠・西岳

久しぶりに長野県に遠征してきました。

以前、戸隠山のノーマルルートは歩いたのですが、ガスの切れ目から見た西岳方面の峩々たる山容に魅了され、何時かは歩いてみたいと思っていました。

今回は戸隠神社から八方睨を経て、本院岳、西岳と左側が常に絶壁となっている縁を歩いて周回しました。

詳しくは本家ブログにアップしますが、ここでは数点の写真のみ紹介します。

写真は蟻の塔渡りの手前から眺めた本院岳と西岳方面です。

2015101201.jpg

崩壊が進んで以前より通過が難しくなった感じの蟻の塔渡りを過ぎて、八方睨の頂に立つと、目の前に高妻山が突然姿を現します。

2015101202.jpg

戸隠山本峰を往復する時に見下ろした蟻の塔渡りです。
狭いところで幅50CM程度しかありません。

2015101203.jpg

本院岳から西岳に向かう途中、西岳を見たところです。
左側が常に絶壁になっていて、刈払われた笹が登山道の上に載って滑り易かったので、通過には非常に神経を使いました。

2015101204.jpg

岩場のグレードでは表妙義の方が上ですが、ルート全体の難易度的には、今回の周回コースの方が上だと感じました。


  1. 2015/10/12(月) 22:59:12|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デジ一眼作例

購入したデジ一眼のK-3ですが、いろいろいじっている内に大分操作に慣れてきました。

レンズがいいのか、カメラがいいのか、撮った画像はかなり良好で、失敗画像が極端に少ないのも凄いところです。

さっき日の入り前の時間帯だったので、明暗差が大きいシーンばかりでしたが、登山を想定すると光が常に動くので、その点ではどんな写りになるかの参考になりました。

花がどのくらいの解像度と大きさで写るのか問題でしたが、コスモス程度の大きな花だとかなり綺麗に写ります。

2015100901.jpg

風が強い中で撮ったセイタカアワダチソウですが、これは小さな花の集合体ですので、ピントは中央の手前に合ってしまいました。
この場合はマニュアルフォーカスが必要でしょう。

2015100902.jpg

18~135mmのズームレンズの望遠端での撮影です。
シグマの高倍率ズームを使うと周辺減光が顕著な例ですが、少し絞り込むと減光は発生しないようです。

2015100903.jpg

赤い実を撮りました。
フォーカスが難しい配列で並んだ実でしたが、上手く一番合わせたいところに合焦してくれます。

2015100904.jpg

日陰になった人工の池です。
夕方なので鞍部に露出が合ってしまい、青空が白とびしていますが、これはしょうがないですね。
でも水面や背後の木々の解像度はなかなかなものがあると思いました。

2015100905.jpg

夕日が当たった紅葉です。
デジ一眼は大人しめの色合いになる機種が多いと聞きますが、かなり派手な色合いになっています。
ブログにアップするときはレタッチ無で、この位の絵が出ると作業が楽です。

2015100906.jpg

連休の山はハードなところに登る予定ですので、このデジカメは重くて持参できません。
日曜日は雨の予報なので、その時は登山は無理でしょうから観光の時に使ってみますよ。


  1. 2015/10/09(金) 17:32:48|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジタル一眼買い替え

日曜日に登った葉山では、例の調子が悪いデジタル一眼のK-30を持ちだしましたが、写真を撮ろうと電源を入れた後、シャッターを切るとほぼ9割がた例の真っ暗な画像しか撮れなくなってきました。
取りあえず数枚同じアングルでシャッターを押すと、3枚目ぐらいからはまともな露出の写真が吐き出されるので、騙し騙し使っていました。
しかし撮影している時も気持ちよくシャッターを切れず、帰宅後に画像をチェックする時には露出アンダーの写真を消す作業に嫌気がさして来て、こんな駄目駄目カメラを修理して使う気持ちが完全になくなってしまいました。
露出制御に関する基盤の不具合でしょうが、たった2年の使用でこんな状態になるとは呆れます。


ではどうすれば良いか対応を考えてみました。

(1)壊れかけたデジカメを修理に出す。
→17000円強かけて直しても、同じ部品交換だったら2年で壊れる可能性が高いので却下。

(2)一世代後の値段がこなれたK-50を購入する。(ボディが何と30000円台まで下がっています。)
→安い機種の色が白で、登山での使用では汚れが目立ちそうですし、この機種は壊れかけのK-30のマイナーチェンジ機種なので、内容がほぼ同じために、2年後に同じ故障をする可能性が否定できないので却下。

(3)K-50以降に発売されたKS1はKS2はどうか???
→KS1の実機を販売店で触れてみたけど、はっきり言っておもちゃです。
KS2はKS1の欠点を全て解消した意外に良くできた機種ですが、如何せんまだ価格が高く、それなら中級機を購入した方が良いと感じました。

(4)ペンタックス以外のメーカーのデジタル一眼に乗り換える。
→今はどのメーカーの機種も発売後半年程度しか経っておらず、値段が全然安くなっていない。
 それに手持ちのペンタックス Kマウントのレンズ2本が無駄になるのは痛い。との理由から却下。

結局、上記の理由から導き出した答えは、ペンタックスの上位機種であるPENTAX K-3 18-135WR レンズキットを購入する事にしました。
ネットで調べてみると、この機種はK-30のような露出の不具合は発生していないようで、中級機が故に作りも堅牢にできているようです。
但し、稀にミラーがパタパタと高速振動するトラブルが出るようですが、これはファームアップで治るようなので安心しました。


何故、レンズ付きにしたかと言いますと、今回のK-30のトラブルがボディに起因するものなのか、レンズが原因なのか、切り分けが出来なかったからです。
それに使っていたシグマ18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM はマクロ機能がついた高倍率ズームですが、とても重いためにそれは花の咲く時期のみ使用して、晩秋から早春の季節は少しでも登山の荷を軽くしようと考えてキットレンズのsmc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(簡易防滴)付きを選びました。
それに生産が終了した流通在庫のみの販売なので、レンズを含めて96000円台で購入できました。
故障に備えて一応延長保証にも入りました。

今まで使っていたK-30と、新しく購入したK-3(右)を並べてみます。

2015100801.jpg

2015100802.jpg

K-3は中級機なのでボディはK-30より重いですが、望遠135mmまでのズームレンズを装着すると重さはほとんど変わりません。
登山の時に使っているカメラバッグにすっぽり入り安心しました。

このK-3の特徴はローパスレスの24M CMOSセンサーで解像度が格段に向上している事です。
しかも疑色やモアレを防ぐローパスセレクターも付いています。
登山の場合はモアレを気にする必要はなく、解像度が問題になってくるので、実際に現場で撮影するのが楽しみです。


まあ、購入したばかりですので、未だ使いこなせている段階ではありませんが、本日少しだけ撮影してみましたので、その写真を紹介します。

カメラを新調したら真っ先に撮るのが愛猫と決まっています(笑)

ゆず君が眠っているシーン。+2/3露出補正をして撮影しました。

2015100803.jpg

朝方撮影した庭の柿の実です。
JPEG撮って出しの画像を縮小しただけです。

2015100804.jpg

新しく購入したレンズは全域40cmまで寄れるそうですが、大き目の花なら何とか絵になる感じです。

2015100805.jpg

夕方近くに撮影した団地と七ツ森の笹倉山です。
このレンズ、どちらかと言うと高倍率ズームなので、絞り開放の画像はきりっとピントが来ません。
特に右隅が少し流れる傾向が見られましたが、F8まで絞るとくっきりと解像した絵になりました。
これで文句を言うなら単焦点を買えと言うことです。
しかし登山中に頻繁にレンズ交換は不可能なので、便利性を取るしかないです。

2015100806.jpg

最後の写真はただ単に流れる雲の間から日差しが差し込んだシーンです。
レンズの逆光耐性を確認する意味で撮影しました。
シグマのレンズはこんな時はゴーストやフレアが出まくりでしたが、その点についてはかなりイイ感触です。

2015100807.jpg

まあ、私の撮影シーンには少しオーバースペックなデジカメという印象は否めませんが、K-30ではいちいちメニュー画面から操作していた機能が、多くなったボタンで簡単に切り替えができるようになったのは非常に助かります。

私としては急な出費になりましたが、現時点では長く使える一台になりそうな予感がします。

で壊れかけのK-30の処遇ですが、完全に箪笥の肥やしになりそうな雰囲気です。
何れ他のコンデジ買うときの下取り品になる運命でしょうかね。

  1. 2015/10/07(水) 23:15:45|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お薬継続

3日・土曜日の話ですが、ゆず君の検診に行ってきました。

2015100601.jpg

先月17日に血液検査をしていましたが、食欲があり、遊ぶ時間も大幅に長くなってきたと獣医師に話したら、今回は血液検査をしないで、2週間後にすれば大丈夫との結論に達しました。

一応体重を計ったら、前回は4.0kgだったのが4.08kgに増えています。
貧血状態が酷い時には10分も遊ぶと疲れてしまうようでしたが、今はハナちゃんとエンドレスに近い感じで追いかけっこをしています。

2015100603.jpg

太ってしまったハナちゃんにとっても良い運動になっているようですよ。

2015100602.jpg

但し、ゆず君の今の状態は薬が効いているための可能性も否定できないため、薬の量はこのまま継続して様子を見ることになりました。
口の中を見ると未だ完全にピンク色になっていないそうです。

でも元気に遊んでくれた方が私の心配の種も減りますので、精神的に楽です。




  1. 2015/10/06(火) 18:02:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

葉山

山形の中央に位置した葉山。
ほぼ全てのルートを歩いていますが、山の内コースから山頂を経てシャムコースへ至る、馬蹄形の稜線を紅葉期に歩いてみたいと2年前から思っていました。

しかし過去2年は計画した日程が全て雨にたたられ、計画倒れになっていました。

そして今年こそと意気込んで4日・日曜日にやっと懸案の馬蹄形縦走を実現できたのです。

詳しくは本家ブログに別途記事をアップしますので、この場では速報的に写真数枚のみ紹介します。

まあ出だしから計画通りに行かなかったのですが、山の内コースの急な取り付きから一段尾根を登ると糸滝と烏帽子岩が見える滝見台に出ます。

2015100501.jpg

烏帽子岩付近から眺めた葉山の稜線です。
富並川を取り囲む馬蹄形の爆裂火口です。

2015100502.jpg

葉山の宗教上の山頂が奥の院ですが、社殿のあるこのピークは葉山で一番景色が良い場所です。
歩きて来た烏帽子岩からの稜線が一望できました。
まだ稜線上には名残の紅葉が見られます。

2015100503.jpg

午後から急激に曇ってしまって、折角の紅葉が暗いトーンにしか見えなくなりました。
畑コース分岐のお花畑から小僧森を振り返ってみたところです。

2015100504.jpg

とても長い縦走路でしたが、ほとんど人工林がない自然度豊かな登山道でしたよ。




  1. 2015/10/05(月) 19:18:55|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デジカメ故障

下の写真を見てください。

2015100301.jpg

私のデジタル一眼PENTAX K-30で撮った写真なんですが、真夜中の写真じゃなく、朝の光の中で撮影した庭のシオンの花なんです。
完全に露出不足になっています。

この現象は全ての画像に出るものではなく、カメラの電源をオンにして1~2枚こんな露出不足の写真になります。

因みに二枚目は少し明るめの画像になってこんな感じ。

2015100302.jpg

三枚目から正常な露出になり、普通の写真が撮れるようになります。

2015100303.jpg

この現象はシルバーウィークの前ごろから出てきて、その時は頻度は少なかったのですが、最近は電源オンの後の撮影は全て露出不足の写真しか撮れなくなりました。
この分だとカメラが完全に故障するのは時間の問題です。


さて、このデジ一眼、購入してから未だ2年しか経っていません。
カメラを落としたとか、何かにぶつけたとかは一切やっておらず、しかも雨で濡らすこともしなかったです。

いろいろ問題を拾い出してみて、設定を初期化したり、マウントの接点を掃除してみたり、別なレンズを付けて撮影もしましたが、状態は全く改善されませんでした。
唯一対応策としてはライブビューで撮影して、露出の状態を確認し、正常な露出に変わるまで待つことです。
しかしこの方法だと、山岳写真や猫写真の場合にシャッターチャンスを逃してしまう事が多いんですよね。


ネットでいろいろ不具合原因を調べてみたら、価格.COMのレスにて全く同じような不具合を体験している方が数名おりました。

それで不具合の原因が分かりましたが、どうもボディの不具合により、レンズに対する絞りの制御情報が伝わっておらず、絞りを開けないで最小絞りのまま撮影されている状態のようです。

こんなのはユーザーの使用に関係なく起こるメーカー由来の不具合だと思うんですが、カメラメーカーではリコールなんて制度がなく、有料の修理対象になるそうなので、何か釈然としません。

修理期間は約3週間で、めーかーの不具合内容説明は『絞り制御ブロックの不良により、F値がどんな数値に設定されていも、常に最小絞りになってしまう状態でした。』
そして、交換部品は絞り制御ブロックとミラーBox関連部品。
修理代金は送付代金は別にして修理代金:16.000円+消費税1260=17260円だそうです。


他に不具合箇所を修理したらもっと費用がかかるかもしれません。

そんな訳でこの半分故障したK-30の扱いをいろいろ悩んでいます。

おそらく部品交換しても設計上の不具合なので、2年程度使ったら同じ故障がでる可能性は否定できませんし、同じ機種の中古の購入は躊躇ってしまいます。

ペンタックスマウントのレンズ2本を生かそうとすると、同じペンタックスのデジ一眼の購入も手ですが、ペンタックス製のエントリー機に関する信頼性が今回の不具合で私としては無くなっています。

コンデジなら2年毎の買い替えるのは分かりますが、デジ一眼は耐久性が良いと思い込んで延長保証をしないで失敗しました。
修理に出すか、新機種に買い換えるか、悩みますよ。


  1. 2015/10/03(土) 13:35:22|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

任務完了

お盆過ぎから遠距離通勤をしていた山形の仕事が、本日やっと終わりました。
天候不順で非常に日数がかかりましたし、連日の長距離運転と、ゆず君の病気が重なり、かなり精神的に疲れましたが、これで重い荷が少し取れた感じです。

でも連日の関山越えで、夏から秋への季節の移り変わりを見続けることができたのは楽しい思い出です。

通勤する道路から晴れていれば戸神山と大東岳の姿も見えていました。

2015100101.jpg

最終日の今日は朝方は秋晴れの天気で、月山の大雪城の雪渓や、屏風のように連なる朝日連峰の姿も一望できました。

2015100102.jpg

でも山形の仕事が終わってほっとする反面、少し寂しい気持ちにもなっています。




  1. 2015/10/01(木) 22:11:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (175)
写真 (35)
花 (236)
登山 (310)
音楽 (24)
映画 (76)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR