東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

夏バテ気味

仙台の夏場の最高気温は28度程度なのですが、今年は32度を超える日が連日続き、西日本とあまり変わらないような猛暑が続いています。
雨がさっぱり降らないので庭の花への水やりも欠かせません。

そんな猛暑の中、連日、日本三景松島へ仕事で通っています。
朝の通勤時間が1時間もかかるので、エアコンのつけていない仕事用の車では厳しいです。

昼休みは風が通らない場所なので、風通しのよい日陰で休憩しようと探していたら、瑞巌寺の北側に位置する丘の上に新富山という展望地を見つけました。

山の頂上にある展望台からは、福浦島を正面に松島湾が広がり、さらに松島の中心街も見渡すことができます。

2015073101.jpg

東には仙台湾の奥に金華山
右手の山は大高森です。

2015073102.jpg

松島町内の奥に見えるのは元祖:富山です。

2015073103.jpg

こんなイイ風景を眺めながら毎日お昼休憩をしていますが、連日の外仕事、土曜日も働いているので少し夏バテ気味になっています。
食欲はありますが、疲れているようで、夕食を食べると直ぐに眠くなってしまい、夜の11時ごろまでエアコンが利いた部屋で寝てしまいます。
身体の中が暑くなり過ぎているので、エアコンで身体を冷やさないと疲れが取れません。

こんな状態なのでブログの更新もしんどくなってきましたが、もう少しで松島の仕事が終わりそうですので、先が見えてほっとしてきました。

スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 06:46:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中華そば 白河屋

田代山の帰り、午後5時を過ぎて白河市に抜けたので、何処か飛び込みでラーメンを食べようと思っていましたが、白河ラーメンの有名店は閉店時間なので、車の走行中に開店している店に入りました。

それが中華そば 白河屋です。

A00003454.jpg

何でも矢吹町白河屋食堂から暖簾分けされたお店だそうで、粉にこだわった麺は毎日手打ちの自家製麺です。

一応白河に来たので醤油ラーメンを注文しました。
私のは大盛り700円です。

2015073001.jpg

食べてみると、クセのない昔懐かしい味わいのスープで、今風の押し出しの強さが全然ない好みの味でした。
白河に来たらまた食べたいラーメンです。

白河市南真舟22-1
TEL 0248-24-4977
営業時間 11:00~20:00 ※14:30~17:00 準備中


  1. 2015/07/30(木) 00:01:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

前沢曲家集落

田代山に登った後で、予てから立ち寄ってみたかった前沢曲家集落を見学してきました。

2015072901.jpg

前沢集落は文禄年間に横田城主:山内氏勝の家人、小勝入道沢西をいう人が移り住んだと言われています。
明治40年に全戸が焼失する大火にあい、各戸が同じ大工集団によって茅葺屋根の曲家を建設したことにより、日本の故郷の原風景が保たれた景観が残っています。

2015072902.jpg

入園料300円を支払ってこの集落内を散策できますが、曲家資料館にて家の内部を見学でき、越後由来の中門造を実感できました。

2015072903.jpg

現在は集落23戸のうち、13戸が曲家です。
大内宿より観光地化されていない、普通の暮らしが垣間見えてイイ雰囲気です。

2015072904.jpg


平成23年には国の重要伝統的建造物群保存地域に選定されました。

2015072905.jpg

なかなか行けない場所だったので、今回見学できて良かったです。

2015072906.jpg

でも暑かったので、茅葺屋根の家の中の涼しさが実感できましたよ。


  1. 2015/07/29(水) 01:10:50|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

田代山から帝釈山

昨日は遠出して福島と栃木の県境に位置する田代山から帝釈山を歩いてきました。

朝6時半ごろなのに登山口の駐車場は満車。
人気の山ということが分かります。

行程は往復10kmと短いですが、急登が続くので簡単に登れる山ではありません。

でも田代山の山頂に近づくと、日光連山が間近に眺められました。

2015072701.jpg

山頂に出た途端、木道が伸びる田代山山頂の高層湿原に出ます。
正面に会津駒ヶ岳を見ながら歩く気分は最高です。

2015072702.jpg

田代山から帝釈山までは一旦下って登り返す行程。
山頂直下から振り返ると田代山の姿が一望できますが、とても山頂にでかい湿原がある山とは思えません。

2015072703.jpg

あまり広くない帝釈山の山頂で休憩していると、東京から来た20名程度のパーティがついて賑やかになりました。
以前は静かな山だったのですが、最近は登る人が増えたのでしょうね。


  1. 2015/07/27(月) 22:41:03|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨末期?

昨日は午後3時ごろまで雨で外仕事ができませんでした。

そこで午前中は肺がん検診に行ってきました。
雨降りなので会場は結構空いていて、着いたらすぐにレントゲン検査ができて良かったです。
駐車場に車が入れないで諦めることも度々だったのでラッキーでした。

このところ、雷雨の確率が高くなり、完全に梅雨末期の天気になってきました。
今日も午後3時過ぎから雨が降りそうです。
以前はヤマセが吹いて冷たい梅雨でしたが、地球温暖化で完全に梅雨の天気が変わってしまったようです。

庭に咲いている花々もほとんど盛夏の花ばかりになり、季節が8月???と言った感じです。

ユウゼンカツラだと思うのですが、ツタ性の木が自然に生えてきて花を咲かせています。

2015072401.jpg

毎度アップしているネジバナ。数が増えてきました。

2015072402.jpg

両親が一迫ゆり園から購入してきて唯一残ったヘメロカリス
これは球根を上げなくても毎年咲いています。

2015072403.jpg

とある建設現場からレスキューしてきたタイム
土地を造成されて、レスキューした2日後には生えていた場所が土留め工事されていました。

2015072404.jpg

庭の花を見ている私を、網戸越しに見ているゆず君
暑いのは大丈夫みたいで、涼しい場所で昼間は寝ています。

2015072405.jpg

さあ、仕事に出かけなければ・・・



  1. 2015/07/24(金) 07:30:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

栗駒山

昨日はあまり天気には恵まれませんでしたが、栗駒山の表掛コースから裏掛コースを周回してきました。

表掛コースの御沢の遡行は登山靴では厳しく、全員沢シューズに履き替えての登りです。

2015072101.jpg

御室の下にはかなり大きな雪渓が残っていて、スプーンカットを利用して乗り切りました。

2015072102.jpg

山頂に着く頃から雨が降り出してきました。

裏掛コースに入ると、再び静かな山歩きが楽しめます。
でも岩手・宮城内陸地震の時に、駒の湯を飲み込んで多くの尊い犠牲者を出した、ドゾウ沢の大規模地滑りの発生地を見た時の衝撃は大きかったです。

2015072103.jpg

変化に富んだ周回コースで、栗駒の良さを再評価できた一日でした。


  1. 2015/07/21(火) 23:46:39|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏キノコ

昭和万葉の森に行った主目的は夏キノコの観察でしたが、期待したイグチ科のキノコは皆無で、半分腐れたドクベニタケやアイタケ、そしてオオイチョウタケが少しあっただけの空振りでした。

でも今年お初のタマゴタケに出会えたので少し嬉しかったです。

2015072001.jpg

建物の裏手に毒ササコと注意書きされていた束生したキノコがかなり生えていましたが、どう見てもドクササコではありません。
一見土から生えているみたいですが、どう見てもオオワライタケの幼生のように感じましたが、いかがでしょうかね?

2015072002.jpg

まあ、昨日アップした圧倒的なヤマユリの群生を見られたので、キノコがなくても満足できました。


他に目立った花はネムノキ

2015072004.jpg

サワヒヨドリとヒヨドリバナ。

2015072003.jpg

そしてコオニユリでした。

2015072005.jpg

万葉クリエイトパークとの境にある人工的な池には太賀ハスが植栽されていましたが、八重咲の変わったハスで綺麗でした。

2015072006.jpg

日曜日は天気予報が外れて蔵王や船形までくっきり見えていたので、山に行かなくてちょっと失敗したと思いましたが、軽いハイキングできたので面白かったですよ。

  1. 2015/07/20(月) 19:08:12|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山ゆりまつり

今日はパワハラ問題で村長が辞職し、全国的に有名になってしまった大衡村の昭和万葉の森に行ってきました。

主目的は夏キノコの観察だったのですが、ちょうど山ゆりまつりが開催されていて、西側の御成山一帯はヤマユリが咲き誇る素晴らしい光景が見られました。

IMGP6964.jpg

IMGP6975.jpg

平成元年に開園した昭和万葉の森は、昭和天皇御在位60年を記念して昭和30年に第6回植樹祭が行われた平林地内の松林(御成山)と、これに隣接する落葉樹とをあわせた総面積23ヘクタールの区域に、万葉植物を主体とする森林公園を造成したものです。

IMGP6978.jpg

園内には万葉記念林や湿生植物園などがあり、万葉植物のほとんどを含め、およそ520種の植物が植栽されています。また、遊歩道は11本5,659メートルが設けらており、その沿道には48基の万葉歌碑が設置されています。

IMGP6981.jpg

ヤマユリの群生地は特に昭和天皇御手植の松周辺が素晴らしく、林内に濃厚なユリの香りが漂っていました。

IMGP6990.jpg

一番多くの花を付けた株の花芽を数えてみたら16個の花をつけていましたよ。
その球根は20年ものでしょうね。
よく茎がしならないと感心してしまいました。

2015071901.jpg

短い動画です。




  1. 2015/07/19(日) 18:34:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

映画 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

この夏場の大型作品のひとつ『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を観てきました。

『ターミネーター』に、『ターミネーター3』以来12年ぶりにアーノルド・シュワルツェネッガーが戻ってきたSFアクション大作で、彼の出演が無ければ企画自体も出なかった作品だと思います。

あらすじ
2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。


上記のあらすじだけを見ると、初代の『ターミネーター』のリブート作品と思われますが、実際はジェームス・キャメロン監督作の『ターミネーター』と『ターミネーター2』の後を引き継ぐ内容になっています。
引き継ぐと言うよりパラレルワールドを描いたと言ったほうが当たりかもしれませんが・・・



将来人類反乱軍を率いることになる男の母親を闇に葬るため、未来から送り込まれた殺りくマシンことターミネーターと、その暗殺を阻止するべく送り込まれたカイル・リースの図式は第一作目と同じですが、そこに同型の古いターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が出てきてターミネーターと直接対決します。

更に本来ジョン・コナー抹殺の任務で送り込まれた、液体ロボットのT-1000(イ・ビョンホン)まで参戦してくるので、過去の歴史が完全に改ざんされてしまった事を知ります。

でもこの後、磁性体ロボットT-3000がジョン・コナーの変身した姿で出てくるところから話がややこしくなってしまいます。
彼が母であるサラ・コナーを殺しにきたのは完全にタイムパラドックスで、SF映画として辻褄が合いません。


何かそこに引っかかって話にのめり込めなくなってしまいました。
まあ究極の目標はスカイネットを発動させる事にあったのでしょうが、ジョン・コナーではなく、もっと凄みのある敵役を配して欲しかったと思います。

でもエクスパンタブルズなどに出演していた時より、遥かに生き生きと演技をしていたアーノルド・シュワルツェネッガーを観ていると嬉しくなってしまいました。
この新しいシリーズは三部作らしいので、SF的な矛盾をどう解決してくれるか楽しみです。
でもアメリカの評論家の評価はかなり悪かったらしいので、予算的に続編ができるのか心配です。

『ターミネーター4』は大コケしてしまい、制作会社が潰れてしまった過去もあるようですから・・・

今後の展開の期待して評価は65点です。






  1. 2015/07/18(土) 18:07:41|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

マーベルコミックスのヒーローが一堂に会するアクション巨編の第2弾
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を観てきました。

ロバート・ダウニー・Jr演じるアイアンマンをはじめキャプテン・アメリカやハルク、ソーなどお馴染みの顔ぶれの他に、新たなヒーローも参戦しています。

あらすじ
人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする。




キャプテン・アメリカの前作『ウィンター・ソルジャー』の出来が素晴らしかったので、それに続く本作品には大いに期待していましたが、完全に期待外れの作品でした。

そもそも人工知能との対戦はネタ切れ感が強く、同じマーブルコミックスの『X-MEN フューチャー&パスト』の二番煎じの思いが拭えません。
内容はセンチネルと呼ばれるロボットの軍隊が、ミュータントと彼らに協力する人間たちを討伐する近未来を描いたものでしたが、ロボット軍隊とヒーロー軍団が対戦する図式は既視感抜群で、新しい作品を観ている気になりませんでした。

それにラスボスのウルトロンが弱く、アイアンマンとタイマンを張っても互角程度の能力しかないので魅力に欠けています。
また、新たなヒーローの加入で視点が散漫になったのも如何なまのでしょうか。
ビジョンなんていう摩訶不思議な容貌のヒーローはいらないですよ。

個人的には超高速で動き回るクイックシルバーが良かったですが、これを演じたのは『キック・アス』の主役アーロン・テイラー=ジョンソンだったのですね。
『GODZILLA』にも出ていましたし、この男優さんていろいろな役ができるカメレオン俳優で関心してしまいました。

しかし映画の評価はVFXやCGによる戦闘シーンがド派手なだけで、映画館を出たら感動が残らない作品だったと言えます。
物語の完成度では前作の方が遥かに上ですし、ヒーロー単体の作品の方がストーリー的に分かりやすく好きです。

まあ、何も考えないで映像を楽しむ映画だと思いますので、評価は60点。
暑い最中に映画館に涼みに行くのもいいですね。



  1. 2015/07/17(金) 21:07:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆり園の動画

ちょっと仕事が忙しくて、炎天下の仕事なので体力を消耗してしまい、ブログ記事を書く気力が無くなってしまいました。

でも本日ようやくどんでん平ゆり園の動画を編集できたのでアップします。

2015071603.jpg

2015071602.jpg





余談ですが、本日16日は東北の山遊びから(続)東北の山遊び
本家ブログを移行してちょうど一周年になります。

実際は昨年の6月からプレ投稿をしていたのですが、正式に旧ブログに移行の告知をしたのが一年前でした。

旧ブログは記事ごとにアクセスカウンターを持っていて、RSSや検索でブログにアクセスした場合、トップページのアクセス数にはカウントされませんでしたが、新しいブログへのアクセス数は全てトップページのカウンターにカウントされます。

本日22時44分現在のトータルアクセス数は204247件で、一年で20万件を超えました。
こんなマイナー山ばかりのブログを見てくれる方が沢山おられるのは有難いことです。



  1. 2015/07/16(木) 22:46:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

会津朝日岳

日曜日は只見町の会津朝日岳に登ってきました。

2015071401.jpg


仙台から往復540kmもある遠い山です。

詳しくは別途ブログに書きますが、この日はとにかく暑い山でした。

標高は1600m以上あるので本来は涼しいはずなんですが、風がない斜面に入ると、うだるような暑さになります。
水分補給が欠かせない一日でした。

でもたどり着いた山頂は正に絶景の一語。
既登未登の山々が重畳と連なり、時間の立つのを忘れるほど景色に見入ってしまいました。

写真は南隣にある丸山岳です。
左奥には会津駒ヶ岳、右奥には至仏山の望めます。

2015071402.jpg

北西には浅草岳。その背後に守門岳も見えています。

2015071403.jpg

三吉ミチギの水場でがぶがぶ水を飲んで一息つけましたが、登山口の気温は29度になっていました。



  1. 2015/07/14(火) 21:49:29|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

どんでん平ゆり園

11日・土曜日は飯豊町にあるどんでん平ゆり園に行ってきました。(入園料610円)

昨年、宮城の一迫ゆり園を見て感激したので、今度は別のゆり園も見たくなったわけです。

2015071301.jpg

ここは7ha(東京ドーム約4個分以上)の広大な敷地に多品種約50万本のゆりが咲き競うところで、今が一番見ごろの時期だったようです。
園内からは吾妻連峰も見えています。

2015071302.jpg

ゆりだけじゃなく、宿根草も結構植えられていて、それを見れたのも良かったです。

2015071303.jpg

今回はこの黄色のゆりが最盛期でした。

2015071304.jpg

2015071305.jpg

園内の一番の見どころはゆりがびっちりと植えられた小さな丘で、その上に乗って記念写真が撮れます。

2015071306.jpg

ユリ園に行った記念に宿根草を買ってきました。
真っ赤なタイマツバナ「モナルダ・ベルガモット」と、

2015071307.jpg

「フロックス・ナターシャ」。
別名オイランソウと呼ばれ、夕方頃から花魁の白い粉の香り似た良い香りを楽しめるそうです。

2015071308.jpg

そしてゆり根がトッピングされたユリソフトクリームも食べてきました。(400円)

2015071309.jpg

田園に囲まれた、広々とした環境の中でユリをゆっくり見られた点では良かったです。
入場者も一迫ゆり園より少なくて、混雑した感じはありませんでした。

でもユリの種類の点では一迫ゆり園に軍配があがると言うのが率直な感想です。

動画は編集する時間がなかなか取れないために、後日アップします。



  1. 2015/07/13(月) 19:44:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ゆず君の誕生日

今日はゆず君の誕生日です。

2015071001.jpg

って、本当の生まれた日にちは不明なんですが、掛かりつけの動物病院で暫定的に7月10日が誕生日と想定されての話です。

最近面倒を見た猫達はハナちゃん、ミミちゃん、マルちゃんとも全て野良猫だったので、どの子も誕生日が分からないんですよ。

ゆず君の里親になってから早2ヶ月以上経ちましたが、最近ではハナちゃん以上に家に慣れてしまい、何時もこんなだらけた格好で寝ていますよ(笑)

2015071002.jpg

あまりに馴れ馴れしく寄り添ってきて、ハナちゃんは鬱陶しいみたいで、最近はゆず君と適度な距離感で接するようになりました。

  1. 2015/07/10(金) 19:56:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

軽登山靴

夏山用の軽登山靴ですが、最近はなかなか当たりの靴に出会えません。

雪が消えると軽い登山靴を履く機会が多くなります。
どちらかと言うとミドルカットの極々軽い登山靴を購入しているのですが、最近の安価な登山靴の作りはとてもプアに感じます。
以前は1年半持っていたものが、ここ数年履いてきた数点の登山靴は1年程度しか持たなくなりました。

テクニカやサロモンの軽登山靴は、靴底のすり減りが非常に早く、登山道で度々滑るので、身の危険を感じて処分しました。
一応ゴアテックスの防水処理が成されていましたが、朝露で濡れる夏の登山道を頻繁に歩くと、防水機能はあっと言う間に失われました。

作りの良さと、他の登山靴に比べて少し安価なので購入したmont‐bellのツオロミーブーツですが、これもダメダメ商品でした。

2015070903.jpg

使っていて1年経たずにアッパーとアウターソールのつなぎ目の部分が剥がれてきて、市販の修理剤で何度も剥がれを修理しました。
それにプラスして、少し使っているとソールが少し減っただけでとても滑り易くなり安心して歩けません。
ミッドソールもボロボロになったので履けない状態になり1年で処分しました。

そんな中、山友のmorinoさんから、数回履いて足指が当たっていたいので履かなくなったmont‐bellのツオロミーブーツを頂きました。まあ前回と同じ、1年持てば良いと言う感じで今年の焼石岳、一切経山と使っていましたが、その時点ではソールの剥がれなどの問題は起きなかったです。
しかし早池峰山から鶏頭山への縦走の最中、右足の小指が当たって痛くなり(morinoさんと全く同じ症状)、靴の中で足指を丸めて歩かないと激痛が走る事態に陥りました。(下山後確認するとかなり腫れていました。)

前に購入して処分した靴と、今回の靴はサイズも型も一緒ですが、初めて小指を痛めてしまったのは、同じ型式の靴なのに製造にばらつきがある事に起因しているようです。
特に、今回の山行では右足下がりの斜面を歩く場合が多く、中で右足が左右に動いて、右足の外側小指に体重が載る作りになっていたと考えられます。

帰宅後に詳しくチェックしてみたら、日本人に合わせた格好で、足の甲の部分が広くなっている反面、そこに足を合わせて購入すると、小指のところから急激に丸みを付けたラストのために、人によっては中で足が動いて小指が当たってしまう感じに思えました。
まだ使えそうな靴なので、甲の部分を狭くするために、もう一枚中敷を入れて簡単な山で試してみるつもりです。
しかしそんな事をしなけりゃ履けないのでは、mont‐bellの登山靴は私の足には全く合わないものと結論付けることができるでしょうね。


と言う訳で、次の日曜日の山行に履く軽登山靴がないので、仕方なく新しい登山靴を買ってきました。
キャラバンのGrandking GK68-02Mです。
某アウトドアショップで23700円のものを税込16000円で売っていました。

2015070904.jpg

キャラバンと言うと大昔にキャラバンシューズを履いて登山していましたが、最近は履いたことのないメーカーでした。

ショップで履いてみると、モンベルの靴より甲の部分が狭く、足先もイタリア製の靴のように長めにできています。
試し履きで捩じってみたり、階段や斜面歩行を試してみましたが、どこも当たる場所がなくて良さそうです。
甲が日本人向けに広めにできていますが、その調整は付属のハーフインナーでできるようです。

シューズ全体の剛性が高く、泊まりの山でも使えそうな感じがしました。

ソールは高いグリップ力と安定性が特徴の「ビブラムTSAVO」を使用。
最近の軽登山靴は独自のソールを使っている場合が多く、すり減りも早い感じでしたが、これなら1年半は使えそうです。

2015070905.jpg

しかし私の山行頻度では、夏山向けの登山靴は最大持って1年半なので、毎回お金がかかるのは仕方のない事なんでしょうね。
よく気に入った靴のソールを張り替えて使う人が多いですが、藪っぽい夏山ばかり登っていると、アウターの痛みやゴアテックス素材の痛みが激しく、防水性の点で長く使えないんですよぉ~。

  1. 2015/07/09(木) 19:44:16|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

七折ノ滝

仕事が忙しく、ブログをアップする余裕がなかったため数日空いてしまいました。

鶏頭山の山裾にある七折の滝に立ち寄ってきましたが、遠回りして観に行った価値が充分ある滝でした。

何が凄いって、見事なひょんぐり滝です。
ここまで滝身が跳ね上がっている滝は初めて見ました。

2015070901.jpg

ひょんぐっている部分をアップにします。

2015070902.jpg

この滝の全体の落差は50mもあるそうです。
一見の価値がある滝だと思いましたよ。


  1. 2015/07/09(木) 01:26:55|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早池峰山

5日の日曜日は早池峰山から鶏頭山まで縦走してきました。

梅雨時にもかかわらず、時折雲が登ってきますが、概ね晴れた快適な山でした。

写真は剣ヶ峰への稜線上から振り返った早池峰山山頂です。

早池峰山3

多くの登山者が休憩している山頂を後に、西に続く主稜線を縦走します。
岩稜を左右に避けながら進むので、距離の割に歩行時間がかかります。
途中、ガスが飛んで目指す中岳が見えてきました。

早池峰山1

登山道の両側に沢山の高山植物が咲いていました。
その主だった花々をコラージュにしたのが下記の写真です。
上の左からナンブイヌナズナ、ミヤマシオガマ、ナンブトラノオ、ミヤマオダマキ、カトウハコベ、ハヤチネウスユキソウ。

早池峰山2

詳細は後日、本家ブログにアップします。



  1. 2015/07/06(月) 22:24:37|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

1979年にメル・ギブソン主演の『マッドマックス』 を観た衝撃は大きかったです。
確か暴走族に家族を殺され、その復讐をする話と記憶していますが、アメリカ映画にはない乾いた映像が新鮮でした。

その後、『マッドマックス』は2作品制作されましたが、話がどんどん終末的な展開をしていって、核戦争後の資源が枯渇した世界をおどろおどろしく表現していました。

今回観た『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は主演がダークナイト ライジング』などのトム・ハーディに変わりましたが、一応続編といった内容になっています。

あらすじ
資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。




御年70歳のジョージ・ミラー監督が10年以上構想を練った末に、新たに構築しなおしたのが本作品です。

あまり期待をしないで観に行きましたが、今年一番の大当たり映画となりました。
B級映画もここまで突き抜けていればあっぱれです!(^^)!

近年のハリウッド映画は過剰なCGやVFX技術を駆使してド派手な映像を提供してくれますが、
この作品のアクションはアナログの極地を表現してくれた凄いものでした。

とにかく400時間の撮影フィルムを2時間に凝縮して見せてくれるのですから、その内容の造形密度の凄さったらないです。
でてくる車はどれも個性的で、特に巨大スピーカーの前で、大音量でヘビィな火を噴くギターを掻き鳴らす赤服の男のファンキーさたら観ているだけで高揚してきます。

話の内容な単純で、2~3作にあるような、縁もゆかりもない他人のために命を張ってしまうお人好しの主人公のお話です。
でも脇を固める出演陣がイイ!
共演にはオスカー女優シャーリーズ・セロン、『X-MEN』などのニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じたヒュー・キース・バーンと一癖二癖もある存在感抜群の共演者が揃っています。

後半の意外な展開に少し驚きましたが、爽やかな観賞後の気分を与えてくれた作品でした。

勝手な評価 85点。(女性と一緒の観賞には向かないかな。)


  1. 2015/07/04(土) 10:00:16|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホタル

台原森林公園に日没後、ホタルを見に行きました。

ホタル観察会は6月末で終了していますが、結構多くの方々が現地にいて驚きました。

完全に暗くなる頃からホタルが飛び交いましたが、如何せん見れる場所が遠く、ホタルまでの距離は最大で10m以上もあったでしょうか。

そこそこの数が飛んでいるのですが、小沢の対岸にいるので写真はほとんど上手く撮れなかったです。

まあお恥ずかしいですがホタルがいた、と言う証拠写真がコレ↓
上の方に二つ点で光っているのがホタルです(-_-;) 星じゃないですよ・・・・・・・・

IMGP6584.jpg

しかし地下鉄駅降りて5分程度歩くと、ホタルが見られる場所があるなんて仙台は自然が残っていますよね。




  1. 2015/07/02(木) 22:48:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紫色の花

今日は梅雨時の天気らしく午後まで雨が降り続きました。
ちょっと外仕事は無理な状況でしたので、パソコンのHDDに溜まったファイルを整理し、バックアップしたり、動画はブルーレイレコーダーにダビングしたりして一日かかりました。

雨の季節を象徴するんでしょうか、庭の花は紫色のものが多い感じです。

日当たりの良い場所ではラベンダーの花が咲いています。

2015070101.jpg

今まで花名が分からずにいた菊の様なこの花。
ネットで根性だして検索してみたらやっとヒットしました。
チョウセンヨメナと言う帰化植物のようです。
今は野生化していて野菊の扱いになっているそうです。

2015070102.jpg

植えた訳ではないのに、クガイソウが二本だけ生えていて毎年花を咲かせてくれます。

2015070103.jpg

飛んできた種で増えたのでしょうか?
ムラサキツユクサは北側の玄関先に散発的に生えています。

2015070104.jpg

庭に野鳥が結構来ているので、種を運んできたんですね。
ソバナが花壇の中じゃない荒地にたった1本だけ花を咲かせていました。

2015070105.jpg

この中で購入してきて植えたのはラベンダーだけとは、如何に私の家の庭は山野草の生育に適しているかが分かります。

その反面、いろいろな宿根草を植えても根づかないものが多いのが悩みなんです。



  1. 2015/07/01(水) 20:33:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (183)
写真 (36)
花 (252)
登山 (332)
音楽 (25)
映画 (82)
猫 (144)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR