東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

一周忌

今日は昨年他界した父の一周忌の法要を行ってきました。

2015053001.jpg


ほんの身内だけで行いましたが、天気に恵まれ暑い一日でしたね。
お墓では喪服がとても暑苦しかったです。
父の四十九日の法要と納骨も。こんな暑い日だったと思い出してしまいました。

法事といっても家族だけなので、肩ぐるしくお膳は注文せず、日本料理店で各自好きな料理を注文しました。
とても美味しかったです。

2015053002.jpg

来年は母の七回忌と、父の三回忌を同時に行う予定です。

でも一周忌を終えて、これでやっと喪中が開け、肩の荷が少し降りた感じですよ。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/30(土) 19:09:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

喉頭炎

先週の木曜日の事ですが、ハナちゃんの様子がおかしくなりました。

ケホッケホッと毛玉を吐くような仕草を何度も行いますが、全然吐かないで、そのまま唾を飲み込んでしまう感じです。

あれだけ一緒に遊びまわっていたゆず君がちょっかい出しても、具合が悪い様で乗ってきません。

一番酷かったのは一週間前の金曜日の夜で、少し動くたり、頭や背中を撫でても、吐くときのえずきの仕草を繰り返します。

実はハナちゃんは2歳になりましたが、今まで毛玉を吐いた経験がないんです。
自身ではほとんどグルーミングをしないので、換毛期にはブラッシングが欠かせませんでした。

ところがゆず君と仲良くなってから、ゆず君の事を盛んに舐めまわしています。
現在、ゆず君は大人に成りかけなので、子どもの柔らかい毛が生え変わっていて、抜け毛が激しいんです。

そんな理由から、ハナちゃんの症状は素人見立てで毛玉を吐きだせない毛玉症と思っていました。
そのため、先週の土曜日に毛玉を吐くための猫草を購入して様子を見ていました。

でも猫草には全く反応を示しませんし、相変わらず吐くような仕草を繰り返しています。
食欲はあるし、何時もの半分程度の餌は食べているので、救急病院にいかなくても大丈夫と判断。
月曜日にかかりつけの動物病院に連れていくことにしました。


そして診断の結果ですが、ほぼ間違いなく風邪を引いた感じで、喉頭炎になっていると言われました。
咳をする時の仕草が、毛玉を吐くように見える猫が結構いるそうです。
しかし、毛玉症の懸念も否定できないので、毛玉を胃から落とす薬の他、腫れ止めと抗生剤の注射を打つことになりました。
また朝晩二回に飲用させる薬を5日分処方してもらいました。

その診断がズバリ当たったようで、翌日の火曜日には咳はしなくなりましたが、まだ喉が痛いようで呼吸の音が掠れて聞こえます。
そしてニャーと鳴けない状態が今日まで続いています。
明日薬がなくなるので、一応どうすればいいか、病院に電話で指導してもらう予定です。

大分心配しましたが、喉頭炎で餌を全く受け付けなくなり、生命の危険に陥る猫もいるそうですので、今回は薬が効いて本当に良かったです。
ハナちゃんは身体に炎症を起こしやすい猫なので、野良のままでは生きていけなかったでしょうね。

でも今はゆず君と活発に遊ぶまで改善しましたよ。

2015052901.jpg


  1. 2015/05/29(金) 18:59:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

南蔵王は花盛り

昨日は仕事を休めたので、南屏風岳から不忘山を周回登山してきました。

毎回歩いているルートですが、花の満開時期に当たり、花の撮影に時間を取られてかなり時間がかかってしまいました。

本ブログではほんの触りの部分の写真を紹介します。

水引入道から眺めた南屏風岳です。
水引入道一帯の灌木帯はアズマシャクナゲが見ごろを迎えていました。
この時期の新緑と残雪の織りなす風景がたまらなく好きです。

2015052801.jpg

南蔵王主稜線のアズマシャクナゲはまだ蕾でしたが、今回はミネザクラの花街道となっていました。

南屏風岳から眺めた不忘山です。
ここから不忘山まで花撮りのために1時間半もかかってしまいましたよ(*_*;

2015052802.jpg

やはり今の主役はハクサンイチゲですね。
草丈が高くないこの時期が一番美しく感じます。
例年より10日ほど早く見ごろを迎えていますね。

2015052803.jpg

そしてユキワリコザクラも今が盛りでした。
ほとんど痛んでいる花がなく、今まで通った中で一番綺麗な姿を見せてくれました。

2015052804.jpg

この日は何種類の花に出会えたか分からなくなる位沢山の花々に出会えました。
やはり南蔵王の花は宮城県随一ですね。

  1. 2015/05/28(木) 07:08:19|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

片羽山

日曜日は岩手県・北上山地の片羽山に登ってきました。

以前シャクナゲが満開の時に登ったのですが、山頂からの素晴らしい展望が忘れられず、また再訪してみたくなったのです。

詳しくは本家ブログにアップしますが、麓にある橋野高炉跡も見学しました。
その駐車場から片羽山の姿が見えています。

2015052601.jpg

東北百名山の六角牛山は人気の山ですが、この片羽山は高度差もあり、地味な印象の山です。
でも峰続きの六角牛山よりも標高は高いんですよ。

2015052602.jpg

南に目をやると、北上山地の名峰:五葉山のなだらかな山容が見えていました。
手前の三角形の山は双耳峰の雌岳です。

2015052603.jpg

この日の一番の収穫はアプローチの沢筋に群生していたクリンソウでした。
とても山野草とは思えない大柄の可憐なサクラソウです。

2015052604.jpg

ブユも全然いなくて快適な山でした。



  1. 2015/05/26(火) 08:39:17|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワラビ採り

久しぶりに某所へワラビ採りに行ってきました。

タニウツギの花が満開の頃、ワラビは最高の収穫時期を迎えます。

2015052501.jpg


突いた時間が少し遅かったので、既に10名以上の方が入山していました。
後で出会った方のお話では前日6名で入って、ほとんど採りつくしてしまったとか・・・

まあ落穂ひろい的な感じですが、人より歩けば生えている場所に会えるかも、と細いワラビを採っていました。
今年は日照り続きでワラビの成長が悪いようです。

藪を漕いで少し広い場所に出たら、ここだけ採取されておらず、太いワラビが残っていました。

2015052502.jpg

この日の仙台は気温30度超えの夏日。
夏を思わせる暑さで、休憩を入れながら3時間ほど歩き回って採れたワラビがコチラ。

2015052503.jpg

まあ、競争率が激しい割には採れたほうでしょうね。





  1. 2015/05/25(月) 06:28:21|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

しゃくやく祭り

山菜採りに行く途中、色麻町の愛宕山公園に立ち寄り、本日23日から始まったしゃくやく祭りを見てきました。

2015052301.jpg

この時はデジ一眼を持参していなかったのでコンデジでの撮影です。

2015052302.jpg

晴れた日に船形山をバックにすると、宮城の初夏の季節が始まったと実感できます。

2015052303.jpg

白と薄いピンクと濃いピンクの三色だけですが、実に清々しい配色だと思います。

2015052304.jpg

例年だと6月初旬が見ごろですが、今年は一足お先に咲きだしました。
現在は八分咲きの状態とか。

2015052305.jpg

5月31日までお祭りが行われています。
約1万株のしゃくやくが満開になると見事の一語ですね。

動画を追加しました。(25日追記)




  1. 2015/05/23(土) 20:23:16|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

復活!

仰々しいタイトルですが、内容は庭の草花の件です。

3年前、父がまだ存命中に、玄関前に生えている、花が咲き終わったばかりのシランの葉っぱを全て刈り取ってしまいました。大分認知症が進んでいながら、未だ歩行器なしでも歩ける時期でしたが・・・

この時は他にイブキジャコウソウとウツボグサも全て刈り取ってしまったのですが、夏場に光合成ができなくなったこれらの草花は、昨年まではほとんど花を咲かせてくれませんでした。

そして今年、シランの花が3年前と同じくらいに増えて、以前の綺麗な花畠を見せてくれました。

2015052101.jpg

庭のツツジの花が終わって、今は端境期に当たり花が少ない時期なんですが、シランの花は一際艶やかに見えます。

2015052102.jpg

来週は父の一周忌の法要が控えています。
早いもので父が他界してもう1年なんですね。

  1. 2015/05/21(木) 21:52:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

もう大丈夫だね!

ゆず君を貰い受けてきてから今日でちょうど二週間が過ぎました。

微妙な距離感があった二匹でしたが、ここ数日は二匹でお互いを舐めあうようになりました。
互いが仲間と認識してくれたようです。

2015051901.jpg

あまりしつこく舐めあっていると終いにお決まりのもみ合いが始まってしまうのですが、それも遊びの一つのようです。

遊び疲れると寄り添って寝ています。

2015051902.jpg

こういう仲になってくれる事を思い浮かべていましたけど、もう二匹は仲好くなっていけうですね。
留守番していても二匹なら寂しくないでしょう。

写真では様子が分かりにくいので動画で見てください。





  1. 2015/05/19(火) 22:47:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

禿岳

日曜日は鬼首の禿岳に登ってきました。

この日の天気予報では気温26度まで上がる感じだったので、暑い登山を予想したのですが、見事に裏切られて爆風の中、フリースを持って来れば良かった感じの寒さでした。

鬼首高原の牧場には牛が放牧されていて、その近くの草地では牛の数より多いワラビ採り目当ての人々が来ていました。
写真は緑が美しい牧場と禿岳です。

2015051701.jpg

稜線から一直線に南峰に雪渓が突き上げている火ノ沢を眺めます。

2015051702.jpg

実はシラネアオイの花を見たくて禿岳をチョイスしたのでした。
期待通り美しい花を随所で見せてくれましたよ。

2015051703.jpg

帰路、岩出山の人気ラーメン店:いろは食堂に立ち寄ったのですが、午後3時前なのに品切れ閉店でした。
この店は登山の後に立ち寄るのは不可能なようです。


  1. 2015/05/18(月) 19:34:09|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

仲良くなってきました♪

心配していたハナちゃんとゆず君の仲ですが、最近は追っ掛けあいをして楽しく遊んでいます。

でもこれを未明の3時ごろにやられた日には溜りません。
寝ている私の顔の上を走っていくこと度々で、寝不足気味です。
しかし二匹が仲良くなってきたので、少しは我慢しましょう・・・・・・・・・。

ハナちゃんの膀胱炎は大事に至らず、今は完治しています。
ゆず君を連れてきた当初、目つきがきつくなっていましたが、今は穏やかな目つきに戻りました。

2015051601.jpg

ゆず君はおっとりした性格なのですが、まだ子供なので凄く活発に動き回ります。
しかも独占欲が強いみたいで、猫のおもちゃで遊んでいる時は、おもちゃを独り占めしようとウ~ウ~唸っています。

2015051602.jpg

ときどき二匹でお互いを舐めあっている時を見かけるようになりました。
まだハナちゃんは完全には心を許していないようですが、まだ10日しか経っていないので、焦らず見守っていきましょう。

2015051603.jpg

ゆず君のショート動画です。




  1. 2015/05/16(土) 10:17:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

徳仙丈山

佐沼に仕事で行く用事があったので、その用事が済んだ後に徳仙丈山に行ってみました。

本吉側から入山しますが、アプローチの車道が狭いので、高齢者の運転する車とすれ違うのに難儀する場面もありました。

登りはじめは午後2時過ぎ。
ここは観光地なので、そんな遅い時間からでもやって来る人は沢山います。

今回は触りの写真だけ紹介しますが、日本一の群生地と言われるヤマツツジ
中腹では満開、もしくは散りはじめの状態で、報道で紹介されるつつじが原の展望台は見ごろを迎えていました。

2015051401.jpg

山頂付近はまだ五分咲きと言った感じです。
この週末が一番の見ごろだと思います。

写真は東の峰から見た山頂です。

2015051402.jpg

写真では陽の光が差し込んでいますが、雲の切れ目から日が差すタイミングを待って撮影しました。






  1. 2015/05/14(木) 20:29:43|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コクシジウム

ゆず君(男の子なのでちゃんではなく、今後は君と呼びます。)が我が家に来てちょうど1週間が経ちます。

土曜日はハナちゃんがストレスから膀胱炎になってしまい心配しましたが、薬の効き目は凄く、土曜日の夜から膀胱炎の症状は治まり、現在は食欲も出て、排尿も問題なくできています。
早めに病院に連れていったのが良かったみたいです。

2015051302.jpg

この所、二匹の距離感は大分縮まっていて、ときには一緒に寝ていることもあります。
でも毎度追いかけっこと、軽いもみ合いでじゃれあっている事が多いですが・・・
保護施設の方も心配して、無理だったらゆず君を返してもらっても良いと言ってくれましたが、何とか上手くやっていける感じがでてきました。

2015051301.jpg

ハナちゃんのストレスも収まってきたようなので、昨日の夕方ですが、ゆず君を病院に連れていって検診してもらいました。
桜が満開の公園に捨てられて数日しか経っていないようで、野良生活はほとんど経験していないと同じだと思います。

2015051303.jpg

雄なのにハナちゃんより一回り小さかったのですが、体重は3kgで生後8ヶ月ぐらいと思われます。
耳の中はほとんど汚れていませんし、健康上は問題なさそうです。

しかし検便した結果、コクシジウムと呼ばれる腸内の寄生虫に感染している事が分かりました。
原虫と呼ばれる寄生虫で、これに感染すると軟便になる事が多いそうです。
しかし、多数寄生していたり、免疫力が低下している時などはひどい水溶性下痢を引き起こし ます。

一般的に猫の保護施設で飼われている猫のほとんどは、この寄生虫が感染していると思って間違いないそうです。
道理でゆず君の便は軟便で、かつとても臭かった理由が分かりました。
しかしハナちゃんと同じ餌を食べている内に便が硬くなってきていたのも事実です。

この治療法は駆虫薬をまず3週間飲ませることです。
その期間が過ぎた時、再び検便をして駆虫されているか確認します。

それと並行して混合ワクチンの第一回目を注射してもらいました。

2015051304.jpg

新しい猫を迎えるのはなかなか大変ですが、家の中が賑やかになりました。

ゆず君の動画です。



  1. 2015/05/13(水) 23:45:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

シロヤシオツツジ

昨日は泉ヶ岳から北泉ヶ岳、そして氾濫原まで縦断してきました。

氾濫原のニリンソウはほぼ終盤で、林床には別な草が伸びてしまいニリンソウが隠れてしまいました。

そんな中でシロヤシオツツジは随所に群落をつくり、清楚な純白の花を見せてくれました。

2015051101.jpg

この花は当たり年と外れ年の差が著しい花ですが、今年は当たり年のようで、どの木も沢山の花をつけています。

2015051102.jpg

但し午前中は雲がかかる時間が多かったため、全体的に暗いトーンの写真しか撮れなかったです。

2015051103.jpg

大倉尾根のシロヤシオツツジも咲きはじめです。
まだ10日前後は花を楽しめる感じですね。

2015051104.jpg

この状態なら後烏帽子岳近辺もかなり見どころの場所が多いので有望です。


  1. 2015/05/11(月) 23:35:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

前山

昨日の午前中ですが、2時間ほど山を歩ける時間がとれたので、白沢五山の前山を周回してきました。

お目当てのヒメシャガですが、まだ三分咲きと言った感じです。
日当たりの良い場所は花が開いていましたけど、日陰は蕾のものが多かったです。

2015050901.jpg

新堤からは裾が藤の花で彩られた箱ノ倉山が見えていましたよ。

2015050902.jpg

この後、午後に帰宅したらハナちゃんの具合が悪くなっていたのでした。

でも今日は薬がばっちり効いて、何時ものハナちゃんに戻りました。




  1. 2015/05/10(日) 22:47:04|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

困りました( ゚Д゚)

ハナちゃんとゆずちゃんの仲がかなり良くなってきて、昨晩は二匹で寄り添って寝ていたので、これはもう大丈夫と安心していたのですが、本日午後からハナちゃんの様子がおかしくなってきました。

IMGP4843.jpg

何度も何度もトイレに入るのです。
うんちをする格好ですが、うんちは一向に出ません。

こんな症状は初めてで、心配になって夕方獣医師の下へ連れて行きました。

私は便秘を疑っていましたが、お腹を触診すると全然便は溜っていないそうです。
何か納得できないのでレントゲン撮影してもらいましたが、その結果は便秘じゃないとの事。

いろいろ質問を受けていて、獣医師の予想診断結果は間違いなく膀胱炎であろうと言われました。

何故急にこんな病気になったか。
その原因はゆずちゃんが家に来たことからのストレスだそうです。

神経質な先住猫のところに、新たに新しい猫を一緒にすると、かなりな確率で膀胱炎を発症するらしいです。
これには困りました。

取りあえず炎症を抑える注射と、飲み薬を処方してもらいましたが、ゆずちゃんと多少距離を持たせる時間が必要なようです。薬で症状が緩和する事を祈っていますよ。

膀胱炎とはいえ、猫の場合、放置したら致命的な腎炎になってしまう猫もいるらしいので、早めに病院に連れていって良かったです。

1429786265EbIfqeOAIaj4ukG1429786264.gif


それにしてもハナちゃんのためを思ってゆずちゃんを飼いましたが、逆にハナちゃんを苦しめる結果になってしまって悲しいです(T_T)
でもゆずちゃんには何の責任もないんですよね。


  1. 2015/05/09(土) 19:50:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ゆずちゃん

ゆずちゃんが我が家に来て丸2日。

もともと全然ものに動じないおっとりした性格のため、もう飼い始めて1年も経ったような甘えん坊ぶりを発揮しています。

2015050701.jpg

うんちを肉眼で確認しても回虫はいないようでちょっと安心しました。

2015050702.jpg

遊び好きで食欲満点なんですけど、ハナちゃんにあげた餌まで食べてしまうので対応に苦慮しています。
今が育ち盛りなので、最初から多くの餌を与えた方がいいのかもしれません。

2015050703.jpg

最初はむくれていたハナちゃんでしたが、少しずつ距離感が縮まってきました。
でも遊び感覚で取っ組み合いみたいになってしまうのは困りもんです。
本気で喧嘩していないのは分かるのでしょうがないと思いますが、もっとハナちゃんは穏やかに接して欲しいものです。
どうも余りに私にべったりのゆずちゃんを見て焼き餅焼いているのかもしれないです。

2015050704.jpg

窓の外の鳥を二匹で追っている時は中の良い猫達と思ってしまいますよね。
ゆずちゃんはハナちゃんのためを思ってもらってきた猫なので、お互いに仲良くなるまで辛抱強く待つしかないですね。

2015050705.jpg

  1. 2015/05/07(木) 23:24:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

新しい家族

山に行ったときなど長時間家を空けるとハナちゃんはとても寂しそうにしています。

何時も誰かがそばにいないと駄目な性格のようで、これは友達になる猫をもう一匹飼わなければならないと感じていました。

でも里子に出したマルちゃんの様な猫だと、常に喧嘩ばかりして終わってしまったので、人にも猫にも優しい猫を探していました。

別に子猫じゃなくても良かったし、今度は茶トラの猫が欲しかったので、マスさんの知り合いの猫保護活動を行っている方に当たりをつけておりました。

そうしたら某公園にその方が花見に行ったら、どうも飼育放棄で捨てられた二匹の猫がいたそうです。
近くの工事現場の作業員の方によると、3日ほどその公園内にいるとの事。
完全に捨て猫と判断して2匹は保護されました。

保護されたこの二匹がコチラ。

2015050602.jpg

白黒ぶちと茶トラの二匹でどちらも生後10ヶ月程度の雄です。
保護して1週間ほどで去勢手術を行った模様。


私も実際に触れ合ってみましたが、とにかく人懐こい性格で、撫でてやると直ぐにお腹を出してゴロゴロ喉を鳴らします。
性格的には白黒ぶち(仮の名前はゴマちゃん)の方が人や猫を全く怖がらず、とても甘えっ子。
環境に直ぐに適用できるみたいです。
現在、里親さん候補が現れていますが、未だ飼うか飼わないか保留状態。

そして今回新しい家族になったのが茶トラ(仮の名前はきなこちゃん)です。

2015050601.jpg

この子の方が甘えっ子度が強い感じです。
車の中でも甘えてきてマスさんの膝の上で大胆にも寝ていました。

名前はキナコちゃんでは女の子みたいなので、新しくゆずちゃんと命名しました。

で、一番気になっていたハナちゃんとの相性ですが、ちょっと微妙な感じです(苦笑)
大胆に家の中を歩き回るゆずちゃんに、ハナちゃんがテリトリーを侵害されたと感じてしまったようで、鼻をつき合わせるとシャー威嚇をします。
でも猫パンチなどは出さないので喧嘩にはなりません。

しかし今朝は半分遊び感覚で追っ掛け合いをしていたので、一週間程度一緒にいれば仲良くなれると期待しておりますよ。





  1. 2015/05/06(水) 10:02:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

GWの山 三題

5月2~4の三日間、連続で日帰り登山をやってきたので、寝不足のためにブログ更新ができませんでした。
以前は寝不足でも全然何てことなかったのですが、やはり歳には勝てないようです(笑)

この山行のレポを本家ブログにアップするのは後日になってしまいますが、その山行の触りの部分を写真1点で簡単に紹介します。

2日:栗子山。

万世大路を辿って万世隧道を見学した後、薄い踏み跡を辿って栗子山に登ってきました。

県境尾根から眺める吾妻連峰が素晴らしかったです。

IMGP4411.jpg


3日:大東岳。

GW渋滞を嫌って近場の大東岳に登ってきました。
この山は人生の節目に必ず登る山なんですが、今年はそういった年になると思います。

弥吉ころばし上部の風衝地からの展望は宮城県有数のものと何時も思っています。

IMGP4535.jpg

4日:注連石。

犬猫馬さんのリクエストにお答えして、総勢7名で弁慶山地の注連石に登ってきました。

鳥海山が眼前にドドーンと見えていて、この景色を見ただけで藪山に登った価値があります。

IMGP4610.jpg

かなり暑かったけど、天気に恵まれた3日間でした。



  1. 2015/05/05(火) 08:04:58|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画 『ワイルド・スピード SKY MISSION』

映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』を観てきました。
今作で7作目の人気シリーズで、ユニバーサル・ピクチャーズ配給の作品としては過去最高の興行収集を叩きだした作品になるそうです。

もともと草カーレースがベースの作品でしたが、回を重ねるうちに超ド級のアクション映画に変貌していった『ワイルド・スピードシリーズ』。
今回は2013年映画興行収入No,1男優のドウェイン・ジョンソンの他に、カート・ラッセル、『マッハ』のトニー・ジャー、そして敵役には何とジェイソン・ステイサムを配し、あの『エクスペンタブルズ』を凌駕するアクション俳優のお祭り映画になってしまいました。




あらすじ
前作においてオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)率いる国際犯罪組織を仲間たちと打倒することに成功し、レティを取り戻すことに成功したドミニク(ヴィン・ディーゼル)であったが彼女の記憶喪失は戻らず、レティ(ミシェル・ロドリゲス)との関係に苦悩する。また、息子のジャックの送迎を慣れない車で行うという平和な日々を送るブライアン(ポール・ウォーカー)であったが、かつての刺激を恋しく思う言動を妻のミア(ジョーダナ・ブリュースター)に打ち明ける。ミアは2人目の子供を身ごもっているが、ブライアンをより束縛してしまうのではないかと妊娠の件を打ち明けられていないことをドミニクに吐露する。
一方、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)、エレナが勤めるDSS本部のホブスの部屋に見知らぬ男が彼のPCをハッキングしていた。男の名前はデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)、元イギリス特殊部隊員で秘密諜報機関にも在籍していた男であり、オーウェンの兄でもあった。デッカードは弟の復讐のためホブスの端末からドミニク一味のメンバーを探知、手始めにホブスに手傷を負わせ去っていく。そして東京に移り住んでいたドミニク一味であるハンを事故に見せかけて殺害し、更にドミニクの自宅に爆弾を送り届け、木端微塵にした。入院しているホブスから情報を手に入れたドミニクは仲間の命を狙うデッカードを打倒することを決意。その前に東京へ飛んでハンの遺品を受け取り、アメリカで葬儀を行う。そこで葬儀の最中に現れたデッカードを追い、一触即発となるが直後に現れた特殊部隊によりデッカードは逃走。
特殊部隊はミスター・ノーバディ(カート・ラッセル)と名乗る男が率いるアメリカ政府に属する秘密組織であり、ドミニクに対してジャカンディという男が率いる民間軍事組織によって捕えられたラムジーというハッカーの奪回を依頼する。ラムジーが開発した『ゴッド・アイ』という監視プログラムは世界中のあらゆる情報機器よりデータを入手することでどんな人物が世界中のどこにいようとわずかな時間で発見することができる代物であり、ノーバディの提案はラムジーと『ゴッド・アイ』の奪還に成功したらそれを利用してのデッカード打倒に協力する、というものであった。
ドミニクは了承し、ファミリー全員と未だ記憶が戻らないレティと共にアゼルバイジャン山中で移動していたジャカンディらの車両部隊へ空からの急襲をかける。


このワイルド・スピードシリーズは凄い高級車が毎回飛び出す、車好きには堪えられない映画ですが、5作目あたりから車に関係ないアクションシーンが増えてきて、全く別の映画になってきた感があります。
でもありえない展開のアクション映画は大好きなので、ほぼ2年ごとに公開されるこのシリーズは、毎回映画館で観賞してきました。

今回は敵役に今が最も旬のアクションスター、ジェイソン・ステイサムが出ているので大いに期待して観ましたが、彼、悪役もかなりはまっています。
トランスポーターシリーズでは格好良く車の運転をしていますが、今回はあんなクールな感じではなく、もっと熱い男を演じていました。ドウェイン・ジョンソンやヴィン・ディーゼルとの肉弾戦の激しさは、彼のアクションなくしては表現できなかったと思います。

ところで今回の作品は2014年11月30日に不慮の自動車事故で逝去した、ポール・ウォーカーの遺作である事に一番大きな意味があります。
撮影の途中でポール・ウォーカーが他界したため、一時は映画の完成が危ぶまれていましたが、一部のシーンを彼の弟2人(ケイレブ・ウォーカーとコディ・ウォーカー)が代役を務めて完成にこぎつけました。
今回、ポール・ウォーカーの登場シーンはそんなに多いとは言えませんが、このシリーズの一翼を担った彼の功績を称えるような秀逸なラストシーンに一番心打たれました。


各国でこの作品の評価がとても高いのは、彼のラストの笑顔にシーンに尽きる感じがします。
ハリウッドは惜しい俳優を失ったものです。



  1. 2015/05/01(金) 15:33:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (183)
写真 (36)
花 (252)
登山 (332)
音楽 (25)
映画 (82)
猫 (144)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR