東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

後白髪山

午後4時に取引先と会わなければならない用事があったのですが、
行き返りの時間があまりかからない近場の後白髪山に軽く登ってきました。

実は登る予定の山は別だったのですが、車の走行中に急に登りたくなってしまったのですよ。

定義如来の手前の橋から目指す後白髪山が見えています。
里は新緑の盛りですね。

IMGP4283.jpg

水茶屋より上部の登山道は雪に埋もれていました。

IMGP4298.jpg

夏道沿いに進むと遠回りになるので、冬場専用の西側の雪庇の上にルートを変えました。

IMGP4300.jpg

急な雪稜のところから二口山塊を眺めます。
蔵王連峰や朝日連峰は肉眼でやっと見えるだけでした。

IMGP4317.jpg

久しぶりに後白髪山の山頂に立ちましたよ。
船形山の残雪はかなり消えた模様です。

IMGP4333.jpg

しかし、熱中症になりそうな暑い山でした。
ブユに集られうんざりしました。




スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 23:15:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三方倉山

27日・月曜日はやぼ用で二口山塊の三方倉山に登ってきました。

新緑が見ごろで、磐司岩の岩壁によく映えていました。

2015042801.jpg

桜の花と同じように。淡い新緑の色合いはあっという間に過ぎ去ってしまいます。
一年の内、僅かな期間しか見られない素晴らしい光景に今年も出会えました。

三方倉山の中腹から大東岳を望みます。
大東滝が見えていて、下部の岩壁には白滝が落ちています。

2015042802.jpg

しかし新緑以上に、北斜面に咲く早春の花々が素晴らしかったです。
そのレポは本家ブログにアップしますね。

  1. 2015/04/29(水) 00:17:34|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羽後朝日岳

日曜日に羽後朝日岳に登ってきました。

夏道がない山ですが、積雪期に岩手の西和賀町貝沢地区から大荒沢岳を経て登るルートがあります。

比較的長いルートですが、展望が素晴らしく、残雪期の山を堪能できました。

写真は沢尻岳と大荒沢岳の鞍部付近から見た羽後朝日岳です。

2015042701.jpg

山頂直下から志度内畚と、その奥に秋田駒ヶ岳、岩手山が見えています。

2015042702.jpg

山頂から和賀岳を望みます。

2015042703.jpg

詳しくは本家ブログに後日アップしますね。




  1. 2015/04/28(火) 00:14:15|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コシアブラ

今日はいろいろ買い物をする予定があったので登山はお休みです。

その代わりに近場の里山でコシアブラ採りをしてきました。

2015042501.jpg

ちょうど食べごろの大きさに成長していましたよ。
今晩はコシアブラのパスタと、天ぷらでした。
一年ぶりの春のご馳走です。

2015042502.jpg

毎度、シドケを採っている場所に移動しましたが、近年全ての株を採取する山菜取りの掟破りがいまして、その場所はシドケが一本も生えない不毛の場所になってしまいました。
次の年の楽しみを残しておくために、生えている全てを採るのは止めて欲しいものです。

ところで山は今が新緑の盛りです。
同時にヤマツツジも咲きはじめました。

2015042503.jpg

トウゴクミツバツツジも彼方此方で咲いています。

2015042504.jpg

シロヤシオは咲きはじめ。
これで三色そろい踏みになりましたね。

2015042505.jpg

明日は少しハードな残雪の山に行ってきますよ。


  1. 2015/04/25(土) 20:56:36|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シラネアオイ

庭に植えてあるシラネアオイの花が咲きました。
毎年花を咲かせてくれて、新緑の季節を先取りしてくれます。

2015042401.jpg

ヤマブキは種を盛んに飛ばしているようで、庭の一角を占める様になりました。

2015042402.jpg

今年はシロヤシオの花芽が少ないです。
ツツジ科の植物全般に蕾が少ない感じがします。

2015042404.jpg

これから花を愛でる山行が増えそうです。


  1. 2015/04/24(金) 22:59:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

今年のアカデミー賞:作品賞や監督賞など主要4部門を獲得した作品
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観てきました。

『バベル』メキシコ出身のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の作品ですが、菊池凛子の出世作『バベル』は私の肌に合わない作品だったので、あまり期待しないで観に行きました。

映画の内容は、『バードマン』と言うヒーロー映画で一世を風靡した主人公が、現在は落ち目の俳優と化していて、過去の栄光とはかけ離れた現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディーです。
落ちぶれた俳優の彼がブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映しています。


『バードマン』と言うヒーロー映画の元主演俳優役に『バットマン』シリーズなどのマイケル・キートンが扮していますが、その共演者がマーベル・コミックを映画化した『インクレディブル・ハルク』で主役を演じたエドワード・ノートン。
そして『アメイジング・スパイダーマン』でスパイダーマンの彼女役を演じたエマ・ストーンを配しているのも洒落ています。

あらすじ
かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡(ふうび)した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)の才能がリーガンを追い込む。さらに娘サム(エマ・ストーン)との不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め……。




この作品を観た感想は一言で言うと、映画通を気取っている方向けの作品です。

映画を観た後の爽快感とか、昂揚感がまるでない作品でした。
大きなシアターで興行するより、小さな単館向けの内容だったと感じました。

主人公の妄想と、現実のギャップを叩きつけられる内容なので、見ていて心が重苦しくなってしまいます。
しかし観終わった後も、深く心に残り、いろいろ考えさせられる作品だったので、、そういう意味でアカデミー賞を取ったのでしょうね。

面白かったのはアメリカにおけるハリウッドの大量消費的な映画製作への皮肉と、ブロードウェイのシュービジネスにおける小賢しいエリート意識が垣間見えるところです。
そんな対立軸を、演劇的なワンカット風の撮影で押し通したところが、アカデミー会員の琴線に触れたのではないでしょうか。

この作品の肝は、主人公が時折見せる超能力のシーンにあります。
それは映像の中で否定されるのですが、その伏線が最後の娘サム(エマ・ストーン)が空を見上げて微笑むシーンに生きています。
このシーンで何が何だか分からなくなった観客が多いと思いますが、私は素直に解釈しました。


しかし、この映画の最大の売りである、まるでワンカットで撮影されたかのようなカメラワークについては、私は評価しません。時間軸の流れが見ていて一致しないので、とても違和感を感じてしまいました。
同じ撮影監督の仕事では、アルフォンソ・キュアロン監督、主演クライブ・オーエンの『トゥモロー・ワールド』における超絶長回し撮影の方が見る価値があると思います。

あまり作品の内容に触れるとネタばれになりますので、良く分からない感想になってしまいましたが、この作品全体に流れるバックグランドミュージックのほとんどがドラムソロである点が一番評価できる点です。
これは良質のジャズライブを観ている感じで、リズムに身を委ねる感触が最高でした。

でも万人に勧められる映画ではないですね。

まあ60点の映画かな。


  1. 2015/04/23(木) 08:26:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川渡温泉

軍沢岳の帰り、川渡温泉の江合川河川敷に立ち寄って、菜の花と桜のコラボを見てきました。

例年なら河川敷一面が黄色に染まる様に葉の花が咲いているのですが、今年はどうした訳か、菜の花の絶対量が少ない印象です。

IMGP3957.jpg

写真では密生しているように見えますが、そんな場所を選んで撮影しているだけで、ちょっとがっかりしました。

IMGP3964.jpg

でも桜の薄いピンクと菜の花の黄色は見栄えがしますね。

IMGP3955.jpg

昨晩の雨は花散らしの雨となってしまいましたので、桜の花見はこの日がほとんど終わりに近かったと思います。

IMGP3965.jpg

不安定な天気も今週は解消するようですね。
野菜が高値になっていましたが、これで供給量が増すでしょう。

  1. 2015/04/21(火) 23:28:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

軍沢岳

昨日19日は8年ぶりに神室連峰の軍沢岳に登ってきました。

今年は雪解けが早いので、下部のヤセ尾根は藪漕ぎになりましたが、それは想定済なので仕方ありません。

でも標高950mから続く広い雪堤の上から、背後に高松岳を眺めると気分爽快でした。

2015041901.jpg

黄砂の影響で、山頂からの展望は霞んでいましたが、神室連峰の大観は素晴らしかったです。
それは本家ブログにて紹介しますが、この日は北に続く県境尾根を1154mまで縦走して、そこから北西に伸びる支尾根を下って周回しました。

1154m峰から見た軍沢岳は全く別の山の感じがします。

2015041902.jpg

支尾根は展望がとても良く、特に役内沢を挟んで対岸の神室山が大迫力で見えていました。

2015041903.jpg

今年の残雪の状態を考えると、軍沢岳を登るにはほぼ最終のタイミングだった感じがします。
まあ、藪漕ぎを苦にしなければ、今後も登山可能でしょうが・・・・・




  1. 2015/04/20(月) 16:50:45|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コゴミ

土曜日は今年初めての山菜採りに行ってきました。

例年より桜の開花が早く、しかも雪解けが進んでいて、登山ばかりやっていては山菜を食べる機会が無くなってしまうので、この日は登山は行わず迷わず山菜採りに出かけました。

しかし何時もの狩場に着いてみると、お目当てのコゴミはほとんど伸びきっています。

2015041801.jpg

これは時期が遅かったか、と一瞬思いましたが、少しだけ場所を移動すると、まだまだ食べられるコゴミが群生しています。

2015041802.jpg

こんな太いものも生えていましたよ♪

2015041803.jpg

初物ですが、天ぷらや和え物、おひたしにして美味しくいただきました。

今後は高い山の天気が芳しくない時は山菜採りに行くつもりです。



  1. 2015/04/19(日) 22:56:53|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤い花

朝方いい天気だな、と思っていたら午後から急に肌寒くなってきて、またまた雨が降り出してしまいました。
今晩から明日にかけて風が強くなり、大陸から黄砂が飛んでくるみたいです。

昨年、どうも黄砂かPM2.5か、原因不明の咳喘息になってしまったので、明日は状況によってはマスクをして山菜取りに行く予定です。

桜は宮城県北で満開になっているようですが、特筆すべきは、今年は椿の花の当たり年になっているようなのです。

自宅の庭に二本のオトメツバキが咲いていますが、今年は花芽が多すぎて、枝が大きくしなっています。
こんなに花芽が多いのは記憶にありません。

2015041702.jpg

長命館跡ではヤブツバキが終盤でしたが、地面に落ちた花が凄いことになっていました。

2015041701.jpg

この光景を見ていたら、つげ義春の名作『赤い花』を思い出してしまいましたよ。




  1. 2015/04/17(金) 21:08:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

野の花

昨晩は雷雨の荒れた天気でしたが、今日は穏やかに晴れた一日でした。

夕方、車のディーラーに半年点検に行ってきましたが、夏タイヤのまだ交換しないのか、と呆れられました。
山屋は早朝の峠越えを毎週しているので、一部で路面凍結箇所があり、GWを過ぎるまではタイヤ交換が出来ないのですよ。

ところで、空地には沢山の野の花が咲き乱れています。
いわゆる雑草と言う奴で、庭に生えると草むしりに苦労しますが、空地のものは写真に撮影すると結構綺麗なので、毎年写してしまいます。

オオイヌノフグリは小さな花ですが、アップで撮影するとネモフィラの様に見えてしまいます。
ちなみに日立海浜公園のネモフィラは今月22~24日ごろに見ごろを迎えるらしいです。

2015041601.jpg

カキドウシの花は大きくなると邪魔者ですが、この位の小さなうちは可愛い花です。

2015041602.jpg

タンポポの凄い群生地ってなかなか無いですよね。
過去に見た最大の群生地は北上山地の種山高原の牧草地でした。

2015041603.jpg

ヒメオドリコソウもここまで群生すると圧巻です。

2015041604.jpg

これからの時期は何気ない花にも目が行ってしまいますね。





  1. 2015/04/16(木) 23:23:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

桜 満開

仙台は午後3時過ぎから雷雨になっています。
これで3日連続の雨となりました。
本当に天気が安定しない日々が続きます。

現在、宮城県の桜の名所は、県北を除いて満開になっているそうです。
折角、桜の花を愛でる機会なのに、雨続きの天気では各観光地も商売にならないでしょうね。

ところで、午前中ですが近場の長命館跡に桜見物に行ってきました。
多少雲の多い天気でしたが、お日様の下で、綺麗な満開の桜を楽しめました。

今年は雪山に入っている方が多いので、桜の花見ができないかな、と思っておりましたが、近くにこんな桜の名所があるのは助かります。

2015041501.jpg

少しの時間でも、さっと行って写真を撮ってこれる得難い場所です。

2015041502.jpg

傍に幼稚園があるので、沢山の園児達が桜の下でお弁当を広げていました。

2015041503.jpg

少し散り際でしたので、この雷雨は花散らしの雨になってしまうかもしれません。

2015041505.jpg

風があって枝が揺れるので、アップで撮影するのは難しかったです。

2015041504.jpg

明日は久しぶりに雨の降らない一日になりそうですね。

2015041506.jpg

ところで泉ヶ岳が見えていましたが、雪解けが一気に進んで、GW頃の山容になってしまいました。
残雪はほとんど山頂付近しか見えません。

今年は残雪の山を楽しめる時期が極端に短いようです。

  1. 2015/04/15(水) 17:43:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

赤見堂岳

朝日連峰三部作?の最終章はマイナー山好きご用達の赤見堂岳に行ってきました。

今年は平年と比較すると想像もできないほど雪解けが早いので、登りを月山新道、下りはヤセ尾根部分が少ない小桧原川右岸尾根を選択しました。

先週の強風とは大違いの微風で、少し霞んでいましたが晴れて展望も良く、朝日連峰と月山を始終眺めながら歩けました。

でもこの日はデジ一眼のズームレンズを忘れる大失態。
七ツ森でマクロレンズを使ったのですが、レンズ交換せずにカメラを持ってきてしまいました。

故に大半の写真は動画用に使っている高倍率コンデジで撮影しましたが、やはり描写力には格段の違いがあり、とても満足できる写真は撮れませんでした。

詳細は本家ブログに記しますが、90mm単焦点のマクロレンズで撮影した画角の写真を多く選んでいて、何時もとちょっと違う感じの記事になりそうです。

写真は石見堂岳から見た朝日連峰の大朝日岳~中岳~西朝日岳です。
先週、三体山から見た山容とはかなり違います。

2015041201.jpg

同じく石見堂岳の西側から見た赤見堂岳です。
実に惚れ惚れするような山容をしていますが、雪は黄砂で汚れてますね。

2015041202.jpg

赤見堂岳から馬場平に周回しましたが、赤見堂岳直下から眺めた月山です。
姥ヶ岳にはカメラでズームすると、沢山のスキーヤーが見えました。

2015041203.jpg

またまた天気が良かったので、この日も日焼けが酷かったですよ。




  1. 2015/04/13(月) 19:58:34|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

登山靴の防水処理

先週歩いた三体山では湿ったザラメの中を一日歩いていたため、2月に購入した皮の登山靴に浸水してしまいました。

特にキックステップしていたつま先部分が駄目でしたが、その他に冬用のスパッツの防水性能が悪化していて、スパッツで覆ったズボンやスポーツタイツまでだら濡れ状態で、その水分がソックスを伝わって靴の中にまで染み込んでくる悪循環に悩まされました。

登山靴については購入後すぐに行わなければならない防水処理を怠っていたのが原因です。
これまで履いていたプラ靴はほとんどノーメンテナンスだったので、その癖がでてしまったのでしょう。

結局、スェード製の皮登山靴は裏だし皮のザラザラがなくなり、脂分が飛んでしまうと直ぐに浸水してしまうそうです。
そこで写真の右の二点を購入して防水処理を行いました。

2015041101.jpg

右が『コロニル ウォーターストップカラーズ レザークリーム』と言う商品で、アーモンドオイルを塗布して皮革の栄養と艶を与え、フッ素樹脂配合により防水性を高めます。

左の『コロニル オールマイティ防水スプレー』はあらゆる素材に適した防水スプレーで、上のレザークリームを塗布した後にスプレーして、より防水効果を高めます。
乾いたらブラシでブラッシングして起毛させます。

ここまで処理したら湿った残雪歩きも大丈夫だと思います。

次に、スパッツの件ですが、冬用のアイゼン対応のものは高価なので、今まで使っていたスパッツに撥水剤をスプレーする事にしました。
左のモンベルで販売していた衣類用撥水剤を購入し、水洗いした後にスプレーし、ドライヤーで乾燥させた後、再び同じ作業を行ってみました。
この商品は主にゴアの雨具で使われるそうですが、明日雪山を歩いてみてから効果を見てみたいと思っています。

スパッツを洗ってみると、下半分がまったく撥水していない状況だったので、それを一日使っていたのだからズボンまで濡れて当然でしたね。

この撥水剤が駄目なら新しい冬用スパッツを購入せざるを得ないでしょう。
因みに残雪期の歩きの登山は山スキーで履いているアルパインパンツは暑くて着る気がしないのですよ・・・・・



  1. 2015/04/11(土) 18:37:44|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

七ツ森の春

七ツ森は春真っ盛り!

蜂倉山の北斜面はイワウチワが満開を迎えていました。

2015041001.jpg

但し、登山道周辺の株が減っていた感じがしたのは気のせいでしょうかね?

2015041002.jpg

でも宮城の道のある里山の中で、これほどの群生地は御駒山以外に記憶がありません。

2015041003.jpg

カタクリに関しては先週の土曜日が一番見ごろだったようで、今は萎んでしまった花や、痛んだ花が多かったです。
しかし撫倉山の北斜面には健在な花が観られました。

2015041004.jpg

昨日アップしたヒメギフチョウもその付近で撮影したものです。

2015041005.jpg

アズマイチゲの花はほぼ終盤。
ク~さん情報では地元の産直売り場で、一つの株を植えた鉢物が2000円で売っていたそうです(驚)

2015041006.jpg

この日、見たかったのがシュンランの花でした。
全然派手な花じゃないんですが、清楚な感じがして好きな花です。

2015041007.jpg

何時もどう写していいか悩んでしまう花でもあります。

2015041008.jpg

この花々が終盤を迎えると、ラショウモンカズラやヤマブキソウが咲きはじめますね。

  1. 2015/04/10(金) 11:25:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ヒメギフチョウ

今日は七ツ森を少し歩いてきました。

カタクリはもう終盤でしたが、カタクリが咲いている場所には多数のヒメギフチョウが飛び交っていました。

春の短い季節だけ見られる蝶々で、自然が豊かな証拠です。

中には交尾している蝶々もいましたよ。

IMGP3605.jpg

本当は花を給餌するヒメギフチョウを撮影したかったのですが、直ぐに逃げていまい適わなかったです。

IMGP3616.jpg

小型のアゲハで、とても美しい蝶々だと何時みても感じますね。

2015040901.jpg

花の写真は明日にでもアップするつもりです。

  1. 2015/04/09(木) 23:04:05|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ごろ~ん(*^。^*)

昨日から寒の戻りで肌寒い気温になっていますが、ハナちゃんは相変わらず夜に私の布団に入って寝ています。

体重をこちらに預けて寝るのですが、小さいくせに結構重く感じます。
花粉症で寝るときに良くくしゃみがでるのですが、そんな事はお構いないに寝ているんです。
くっついていると安心なのでしょうね。

飼い始めて1年半経ちましたが、最近は抱っこもできるし、リラックスすると腹を出して撫でてくれと催促します。

2015040801.jpg

あまり強く腹を撫でられるのは嫌いな様ですが、優しく撫でるのは好きみたいですよ。

2015040802.jpg

猫と一緒の生活は日々穏やかな時間が流れていきます。


  1. 2015/04/08(水) 22:19:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

三体山 おまけ・・・

本家ブログでも紹介していなかった三体山の写真三点をアップしました。

とにかく前後左右どこを見ても絶景の山でしたので、かなり多くの写真を撮ってしまいました。
展望に関しては一級の山だったと思います。

写真は大朝日岳から中岳。西朝日岳、そして袖朝日岳へ続く稜線です。

2015040701.jpg

飯豊の梅花皮岳と北股岳です。
稜線まで一直線に駆け上がる石コロビ雪渓が印象的です。

2015040702.jpg

朝日連峰のマッターホルンと異名を持つ祝瓶山です。
天を突く山容は朝日連峰の中でも目立ちます。
ヌクビ沢コースを真横から眺めていますが、その急峻さがよくわかる写真です。

2015040703.jpg

今年は朝日連峰の北端と南端の山に登れ、とても有意義な年となりました。

  1. 2015/04/07(火) 22:14:49|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三体山

昨日の土曜日は次週に予定していた朝日連峰南端の三体山に、急遽予定を変更して登ってきました。

この山行では当山域に精通した地元の登山家:okusanさんが同行して頂けると言うことで、とても力強く感じます。

稜線では風が強かったですが、願ってもいない好天に恵まれて、素晴らしい展望を四周に眺めながら楽しく登れました。

詳しい山記録は本家ブログに別途アップしますが、行動中の写真数枚だけアップします。

婆岳の登りから三体連山の南端:1150m峰を見上げます。
1150m峰の登りが一番きつい箇所でした。

IMGP3456.jpg

1150m峰から眺めた飯豊連峰です。
北には朝日連峰、南は飯豊連峰の大観が広がり、贅沢の一語につきる展望でした。

IMGP3474.jpg

爺岳から北に三体山まで続く広い雪堤を眺めます。
右手の三角形の山は大朝日岳です。

IMGP3487.jpg

三体山の頂稜1220mのピークより登ってきたルートを振り返ります。
吾妻連峰や磐梯山が遠望できました。

IMGP3498.jpg

マイナーな山ですが一流の展望を満喫できる素晴らしい山でした。

しかしご案内いただいたokusannさんの健脚ぶりには驚きました。


  1. 2015/04/05(日) 13:45:00|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カタクリ&ニリンソウ

今年は急に暖かくなってしまったので、カタクリとニリンソウがほぼ一緒に咲きだしていますよ。

2015040301.jpg

特にカタクリは日陰の花も開花したようで、明日からの週末は仙台市近郊で見ごろとなるようです。

2015040302.jpg

一年の最初に観るカタクリは特別思い入れが強いですね。

2015040303.jpg

ニリンソウは咲きはじめで、後一週間後には満開になると思います。

2015040304.jpg

5月に大東岳に登って、一面に咲くニリンソウを見たくなってしまいました。

2015040305.jpg

おまけ・・・・・

沢筋に咲くコガネネコノメです。
ネコノメソウの仲間では見栄えのする花だと思います。

2015040306.jpg

ヤマエンゴサクも僅かに咲いていました。

2015040307.jpg

明日は天気が良さそうなので、また雪山に登る予定ですよ。





  1. 2015/04/03(金) 18:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

雨上がり

今日は雨上がりの晴天。
良く晴れた穏やかな一日でした。

エンレイソウの花も咲きはじめましたね。

2015040201.jpg

シダも独特の風貌で地面から顔を出し始めました。

2015040202.jpg

明日は午後から雨の予報ですが、土曜日はまた晴れそうです。
天気予報がくるくる変わるので、山の予定も自ずと変わってしまいますね。



  1. 2015/04/02(木) 23:58:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ミスミソウ

仙台市野草園で見たミスミソウの写真をアップしました。

植えたものですが、この花を見ると春が来たな、と感じてしまいます。

2015040101.jpg

一番色鮮やかな場所は、柵から遠い場所に咲いているので、私の望遠ズームレンズでは寄りきれません。

2015040102.jpg

その他、彼方此方の場所に散発的に植えているので、知らないと見過ごしてしまいそうです。

2015040103.jpg

現在、野生種のミスミソウは。こんな鮮やかな青やピンクは数少なくなってしまいました。

2015040104.jpg

2015040106.jpg

山野草の中でも人気があるので、盗掘されやすいのですよね。

2015040105.jpg

その他、園内の一番下の湿地でザゼンソウが咲いていました。
最近はなかなか野生種を見る機会がありません。

2015040107.jpg

仙台で桜が開花したら、いよいよカタクリが満開になる時期到来ですね。


  1. 2015/04/01(水) 20:18:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (184)
写真 (36)
花 (260)
登山 (336)
音楽 (25)
映画 (84)
猫 (146)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR