東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

キノコ展

土曜日はいろいろ忙しくて、仙台市科学館で開催しているキノコ展を見に行ったのは午後3時を過ぎていました。

IMGP8681.jpg

でもそのために比較的会場は空いていてゆっくりキノコを見れましたよ。

係の方に伺ったら今年のキノコは豊作だそうです。

IMGP8683.jpg

確か二年前は不作で、会場に展示したキノコはスカスカの状況でしたが、今年は種類がとても多かったです。
ベニテングタケでこんなアレンジも出品していました。

IMGP8680.jpg

憧れのキノコであるショウゲンジ
まだ生えているところを見たことがないです。

IMGP8684.jpg

コウタケは凄くでかいものが展示されていました。
今年は特に豊作らしいです。

IMGP8685.jpg

キノコの写真は出来が素晴らしいものばかりで、キノコの写真の撮り方の勉強になりました。




スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 23:59:35|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東大巓

マスさんと吾妻連峰の東大巓に登ってきました。

栗駒山の燃えるような赤紅葉も魅かれるものがありますが、如何せん混雑し過ぎで行く気がしません。
しかし吾妻連峰中央部の東大巓は人に忘れられたような静かな山歩きができるので気に入っています。

今回は滑川温泉から明月湖を経て東大巓に至り、主稜線を兵子まで辿って、姥湯温泉に下る周回コースを採りました。
姥湯から滑川温泉までは東大巓で出会ったたーぼさんの車に乗せていただきました。

何とたーぼさんとは今回で二度目の出会いで、昨年摩耶山のソリクラコースでスライドしています。

写真は滑川温泉コースの上部から高倉山を振り返ったところです。
ドウダンの紅葉が見事でした。

IMGP8749.jpg

当初は同じコースをピストンするつもりで、弥兵衛平は後で回る予定で明月山荘から直接東大巓に向かいました。

IMGP8762.jpg

山頂東側の木道で食事をとっているとたーぼさんに声をかけられました。
姥湯から車に乗せていただけると言うことなので、予定を変更して主稜線を兵子まで辿ることにしました。

写真は昭元山~烏帽子山~ニセ烏帽子~家形山~一切経山と連なる吾妻連峰の東部主稜線です。

東大巓1

主稜線は久しく草刈りされておらず藪藪と思っていましたが、今年刈り払いが行われたようでとても歩きやすくなっていました。

烏帽子山からの展望は素晴らしく、昭元山と奥に東大巓が一望できました。

東大巓2

かなりハードに歩いた一日でしたが、達成感も半端じゃなかったです。
詳細は後日、本家ブログにて・・・




  1. 2014/09/29(月) 20:42:51|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

渋柿

今年は庭の渋柿が豊作です。
この柿はちょっと変わっていて、今の時期が収穫の適期となっています。

IMGP8654.jpg


早い時期に熟してくるので、過去に何度も干し柿に挑戦しますが、気温の関係からどうしてもカビが生えてしまって食べられなくなります。

従って渋抜きをして食べますが、やはり気温が高いので長期間の保存が出来ず、毎日食べていても最後は熟しすぎてしまいます。

しかし採取しないでおくと、木になったまま熟してしまい、カラスやハクビシンが昼夜徘徊しますし、おまけにスズメバチの群れが来襲してきますので、ある程度は採らなければなりません。

今日は午前中一杯、柿の採取を頑張りました。

IMGP8655.jpg

かなりな大木で一番高いところは二階の屋根ほどもあるので、そんな高いところの実はとれませんが、大きなプラスチック製の大樽二杯分は採れました。
そんなに食べられないのでお裾分けしましたよ。

ところで柿を食べにくるのは迷惑な鳥や動物だけではありません。

熟した甘い実を食べに今日はメジロが三羽来てくれましたよ。

IMGP8677.jpg

実を食べるのに必死で近くにいる私の存在に気が付いていないようでした。

IMGP8678.jpg

ところで今の時期にカビが生えないように干し柿にする方法ってありますかね???



  1. 2014/09/27(土) 22:09:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

男加無山

23日の秋分の日は7年ぶりに山形県・丁山地の男加無山に登ってきました。

個人的に山形県の三大難峰と称する山があり、摩耶山の倉沢コース、沢渡黒伏、そして男加無山の三山を自分の力で登れば、日本中の何処の山でも対処できると思っています。

この三山の中で一番原始の気に満ちた山が男加無山なんです。

詳しくは別途本家ブログにて記事をアップしますが、あまり被写体になる風景もない岩山の一部を紹介します。

この山で一番展望が良いのは第二露岩と呼ばれる岩峰で、これから登る第三露岩の峰が見えています。

IMGP8624.jpg

振り返ると男加無山と双耳峰をなす女加無山の鋭峰が目立ちます。
この峰には夏道はありません。

IMGP8628.jpg

北西には丁山地の最高峰:丁岳の姿が見えていました。
晴れていれば、この背後に鳥海山が見えるのですが、この日は山形の高峰は雲がかかっていました。

IMGP8641.jpg

今回を含めて5回登っている山ですが、登る度に難しさを痛感する山です。




  1. 2014/09/25(木) 21:45:10|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

白鷹丘陵

21日・日曜日は墓参りに行った後、山形市:白鷹丘陵の東黒森山に登ってきました。

以前、もう少し早い時期にマスさんが単独で登ったとき、数々のイグチ科のキノコが生えていたそうで、今回はキノコ観察を目的に出かけました。

その時の模様は何れ本家ブログに簡単にアップしますが、県民の森に行く途中で、山形盆地が見渡せる展望台があるので立ち寄りました。その時の写真を二点紹介します。

そこからは富神山と山形市街地が一望できます。

IMGP8538.jpg

二口山塊も並んで見えていました。
左から面白山、南面白山、小東岳、大東岳です。

IMGP8543.jpg

この展望台は最近駐車スペースが完備されたようです。
ここから夜景を見たら素晴らしいでしょうね。




  1. 2014/09/24(水) 22:41:53|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

季分屋

日曜日は以前から行きたかった季分屋で昼食をとりました。

過去3回店の前まで車で乗り付けましたが、運悪く全て閉店中で、なかなか開店している時に当たらなかったのです。

店の作りは正に民家で、カーナビに住所を入れても、店の前を通り過ぎてしまいます。
内部の完全に民家で、何か民宿の中で食事をとっているようでした。

DSC02885.jpg

このお店は沢山の野良?猫が店の前にいることです。
外で飼っている猫たちなんでしょうかね。

この日は写真に撮れてない猫を含めて4匹の猫を見ました。

DSC02886.jpg

DSC02887.jpg

DSC02890.jpg

毛並が似ているので同じ猫に見えますが、どうも兄妹のようです。

注文したのはから揚げとしょうが焼き定食です。
770円ですがボリュームがあって美味しかったですよ。

DSC02894.jpg

ちなみに一緒に行ったマスさんはハンバーグカツカレーを注文しました。
これは550円です。

カレーがとても美味しくて、次に行く機会があればカレーを注文したいです。





  1. 2014/09/22(月) 23:05:53|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

烏帽子岳

岩手県では乳頭山のことを烏帽子岳と呼んでいます。
昨日は滝ノ上温泉を起点として烏帽子岳を周回してきました。

詳しくは本家ブログにで後日レポをアップしますが、紅葉が始まった稜線は秋本番を感じさせてくれました。
例年より確実に一週間ほど紅葉が早いです。

烏帽子岳手前の台地より森吉山を眺めます。

IMGP8386.jpg

雲がかかる時間帯が多く、紅葉の色が写真では出にくかったですが、肉眼では美しい紅葉を堪能できました。

笊森山の鞍部付近。岩手山もときどき顔を見せてくれました。

IMGP8468.jpg

千沼ヶ原へ向かう道から烏帽子岳を振り返ります。
この位置からは秋田県の呼び名通り乳頭山の形そのものです。

IMGP8472.jpg

沢山の池塘が湿原に散りばめられた千沼ヶ原
奥に八幡平が遠望できました。

IMGP8495.jpg

秋田側の乳頭温泉郷から乳頭山は何回か登っていますが、効率よく周回でき、しかも変化に富んだ岩手側のコースは素晴らしいと感じました。











  1. 2014/09/21(日) 08:33:59|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハナマル

マルちゃんを里子に出して二週間になります。
里親さんの犬猫馬さんからマルちゃんが慣れてきて、狭い場所に隠れなくなったとメールが来ました。
ゴロゴロして甘えているそうですよ。

IMGP8068.jpg

一方、遊び相手がいなくなってしまってハナちゃんは寂しそうです。
今でも仏間のテーブルの下や、リビングのソファの裏側にマルちゃんの姿を探しています。

IMGP7801.jpg

でもマルちゃんがいた時は、階下が気になって、ほとんどご飯を食べない状況でした。
お蔭さまで太っていたのが痩せてきましたが、それほど神経質な性格だったのですね。
今ではガツガツご飯を食べているので、拒食気味だったのが元に戻りました。

ハナマルコンビが解消して、家の中は以前と同じように静かになりました。
マルちゃんの最後の動画を作りましたが、ハナマル二匹の過激な遊びから、賑やかな当時の様子が思い出されます。










  1. 2014/09/19(金) 21:24:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

焼山

仕事な私用でいろいろ忙しくてこの雑記帳ブログのアップも出来ない状況でしたが、15日に登った焼山の写真を紹介します。

焼山というと妙高・火打の焼山が一番有名ですが、今回行ったのは八幡平の西側に位置する焼山です。

この山は16年前に登っていましたが、その時ちょっとしたトラブルがあり、あまりイイ思い出のない山でした。
そんな訳で随分行かない期間が長かったのですが、変なジンクスはもう無いと確信して再び出かけてみました。

後生掛園地の地獄巡りを最初にしましたが、大湯沼の後方に国見台のピークが見えています。

IMGP8172.jpg

樹林帯の登りが終わり、国見台の北側を巻くと、毛せん峠に着きます。
ここはガンコウランとイソツツジ、そしてハイマツの緑の絨毯を引きつめたような景勝地で、その一つ先のピークから焼山の全景が見えていました。

IMGP8211.jpg

ここから山頂までは荒涼とした火山地形が堪能できます。
名残峠から少し登ると二等三角点のある山頂です。
以前来たときは山頂まで道が切られていませんでした。

名残峠からバリルートのお鉢巡りをします。
火口湖が不気味ですが、焼山は緑の覆われたたおやかな山容をしています。

焼山1

湯ノ沢の下りから栂森の三角点ピークを見上げます。
ナナカマドの紅葉が始まっていました。

IMGP8282.jpg

栂森の北側を大きく巻いて後生掛温泉に戻ります。
この道は古い焼山登山の道だそうです。

ブナの森の入る直前に大きなベコ谷地を通過しました。
木道のない湿原を歩いて行きます。

焼山2

久しぶりに行った焼山ですが、明るいイメージの山で、今までの嫌な感じが払しょくできました。

今週末までいろいろ野暮用があり、本家ブログのアップは何時になるか分からない状況です。
期待しないでお待ちください。




  1. 2014/09/17(水) 23:42:24|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

キノコ狩り

土日の二日間、近隣の里山でキノコ狩りを楽しみました。
日曜日は山に登りたい気持ちがあったのですが、マスさんの怪我からの復帰状態を確認したくて、結果的にキノコ狩りにしたんです。

二日間、キノコを探して藪の中を徘徊しましたが、マスさんは以前のペースで歩けるようになっていました。
これなら登山をしても安心と確認でき良かったです。

日曜日は二か所の里山に突っ込んでみましたが、今まであまり気に留めていなかったキノコに出会えました。

まるでダンベルの様な形をしたキノコです。
調べてみるとウスフジフウセンタケ(不食)のようでした。

DSC02849.jpg

薄い赤のキノコは青変していることからコウジタケと思います。
食べられるキノコですが、少し痛んでいたので食べませんでした。

DSC02852.jpg

今回、あちこちで夥しく生えていたキノコがコチラです。

DSC02850.jpg

多くのキノコ狩りの人が入山している形跡がありますが、このキノコは見向きもされていません。
何だかさっぱり分からず、帰宅後にいろいろ調べてみましたが、どうしても名前が分かりませんでした。

そこでMixiのキノココミュにて質問したら、分かっている方から返事がありました。
何とアミハナイグチだそうです。
えんじ色のイメージがあったので、まさかアミハナイグチとは思いませんでした。
ネットで調べると食べて美味しいキノコとか。
今回は痛んでいるものが多かったので、来年採るときの楽しみができました。

ちょっと変わり種ではトキイロラッパタケを今回初めて採ってみました。
写真はちょっとピンぼけですが、とても小さなキノコで、ほとんど採取の対象となっていません。

DSC02862.jpg

でもクリームスープの具にすると、歯切れがよく、とても美味しく感じました。

トキイロラッパタケ 018


結構大量に採ったのが写真のサクラシメジとウラベニホテイシメジでした。
一か所しろを見つけると何本も生えています。

DSC02856.jpg

この日は本当はアミタケ狙いだったのですが、今年は早く生えてしまったようで、痛んでいるものばかりでした。
それでも状態の良いものだけ選んで採り、大根おろし和えにして食べましたよ。

DSC02866.jpg

昨年採って冷凍していたムキタケや、今回採ったムラサキアブラシメジモドキなどを大量に入れたキノコ鍋は最高でした。

DSC02864.jpg

サクラシメジの採取シーンを撮影した動画です。





  1. 2014/09/16(火) 19:54:49|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福来苑

昨日の午後1時過ぎに茂庭台入口に位置する福来苑に立ち寄って食事をしてきました。
県道折立村田線にあるお店で、何時も通り過ぎていたのですが、前から気になってもいたのでちょうど良い機会でした。

このお店の一押しは担々麺のようで、道路際にも担々麺の幡が立っています。

マスさんは担々麺(850円)を注文。
私は味噌担々麺(850円)を頼みました。

DSC02846.jpg

担々麺のスープを飲ませてもらいましたが、ゴマが程よく利いていてあっさり系のお味です。
普通、担々麺というとドロドロしたスープを連想しますが、このお店は食べ飽きないお味だと感じました。

私が食べた味噌の方は酸味が利いて、野菜も多く食べ応えがありました。
辛味噌ラーメンという感じではなく、やはり担々麺的な味付けです。
今まで車で通り過ぎていたのが悔やまれる美味しいお店でした。

ところで別なお客さんは四川麻婆豆腐定食を注文していましたが、ネットで調べると仙台でもトップクラスの麻婆豆腐を食べさせてくれるお店と知りました。

次回立ち寄ったときは迷わず麻婆豆腐を注文したいと思っています。

福来苑
住所  宮城県仙台市太白区茂庭馬越石11-20
TEL  022-281-0245
営業時間 11:30~14:30 17:00~21:00
定休日 火曜日


  1. 2014/09/14(日) 20:23:52|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サクラシメジ&謎のキノコ

昨日の夕方に左手の薬指を不注意から怪我してしまい、今朝病院に行って診察してもらいました。
前夜は指がかなり腫れていたのでロキソニンテープを巻いて寝ましたら、朝になって少し痛みが和らぎました。
しかし指を突けない状態なので骨に異常があるか心配していましたが、診察の結果は骨に異常がなく単なる捻挫との事。
でも今日は仕事をできる状態じゃないので、仕事を休み、帰宅してからマスさんと近場にキノコ狩りに行ってきました。

昨年のキノコは不作でしたが、今年は食毒含めて沢山のキノコが生えているようです。
しかしお目当てのナラタケはほとんど腐ったものばかりでした。

でもサクラシメジは結構生えていて、そのキノコキノコした美しさに見入ってしまいます。
苦味があり好き嫌いの激しいキノコですが、シャキシャキした歯切れの良さは素晴らしいキノコです。

DSC02839.jpg

その他に昨日採ったウラベニホテイシメジも沢山採れて、これは山仲間のク~さんにお裾分けしました。
写真にはないですが、ムラサキアブラシメジモドキも採れましたよ。

でも一番気になったキノコがコレ↓です。
あっちこっちに群生して生えていて、名前も食毒も不明なので一応採取してきました。

DSC02843.jpg

茎の下部が太いのと、丈夫なキノコなのでフウセンタケ科のキノコと予想をつけていましたが、帰宅後に調べてみるとその点では当たりでした。

このキノコの名前は金茶色(黄土色)なのでキンチャフウセンタケというそうです。

DSC02845.jpg

傘に細かいササクレがあり、茎には筋状の模様が入っています。
臭いはほどんどなく、あえて言えば土臭い香りが少ししました。
食べた人の感想はとても美味しいキノコとは言えないというものばかり。
毒じゃないのですが、美味しくないキノコを食べる気はしませんので、採ってきたものは捨てるしかなさそうです。

2時間足らずのキノコ狩りでしたが、いろいろなキノコを眺めて楽しめましたよ。




  1. 2014/09/13(土) 20:54:21|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウラベニホテイシメジ

現在、仙台市西部で仕事を行っています。

昨夕の豪雨で車7台が浸水してしまった交差点を通って仕事場に通っていますが、床上浸水したガソリンスタンドに浸水した車が仮置きされていました。
そのガソリンスタンドは従業員総出で水に浸かった什器などを洗浄していました。

ところで昨日の荒れた天気から一転して今日は秋晴れの一日でした。
湿度が低くカラッとした過ごし易い天気でしたよ。

天気に誘われてお昼休みに近くの雑木林に入ってみました。
車を止めたところにちょうどキノコ狩りから帰ってきた男性がいて、キノコが採れたか聞いてみましたら、ハケゴ一杯にウラベニホテイシメジを採っていました。
今年は例年より出るのが早いと言っていました。

食事を速攻で終えて、林の中に30分ほど入ってみると、男性が取り残したウラベニホテイシメジが結構見つかりました。
帰宅後に並べてみたのが、次の写真です。



ハナちゃんが後で不思議そうに眺めていました。

201491202.jpg

たった30分足らずでここまで採れるとは・・・・・
もしかして今年はキノコの豊作年かもしれないと少し期待してしまいます。



  1. 2014/09/12(金) 19:52:13|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

百か日

今日は父の百か日でした。
梅雨の前に亡くなり、もう秋風が吹く季節になりました。
季節の移ろいは早いものです。

P1120295.jpg


そして本日9月11日は東日本大震災から3年6ヶ月の時が経ちました。
津波で被災された方々は未だに生活の目途も経たない方が多く、復興は進んでいるとはとても言えない状況です。
海辺の町が整備されて活気が出るまで未だしばらく時間がかかるでしょう。

今、こうして日記を書いている最中、屋外は雷が鳴り響き、大粒の雨が降り続いています。
当地では雨雲レーダーを確認すると、後2時間以上は大雨の心配が必要です。

DSC02812.jpg

今日の未明に石巻市では観測史上初めての豪雨に見舞われ、多くの民家が床上・床下浸水の被害を被りました。
津波で大被害を受け、今度は豪雨被害とは・・・
神様なんで絶対にいませんね。




  1. 2014/09/11(木) 17:40:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『イントゥ・ザ・ストーム』

『イントゥ・ザ・ストーム』はちょっと前に観た映画ですが、いろいろ忙しくて記事にできないでいました。

内容は史上最も規模が大きい竜巻に襲われた人々の死闘を描くディザスターパニック映画です。
20年前に同じような内容の映画で『ツイスター』というのがありました。
あれは竜巻の映像を撮ろうと竜巻を追いかける竜巻ハンターの話でしたが、今回は突然竜巻の猛威に巻き込まれた家族の物語を主に描いているので、自然の驚異に翻弄される普通の人々の恐怖が如実に伝わってきます。



近年100年に一度の気象災害と言われるものが毎年起こっている事は周知の事実です。
地球温暖化がもたらしているものと思いますが、日本においても竜巻被害は広い平野部なら何処でも起こり得る状況です。

竜巻多発地帯であるアメリカのオクラホマ州では、昨年、直径2.1キロの巨大トルネードが襲来し、小学校は全壊、駐車場では捻れた車が折り重なって発見されているそうです。
この映画で表現された竜巻被害は現実のものとなっています。
絵空事ではないドキュメンタリー的な視点で観てしまう映画でした。

あまり有名な俳優はでてきませんが、映画『ホビット』で準主役のリチャード・アーミティッジが勇気ある父親役で主演しています。
『ホビット』では特殊メイクしているので、今回はしばらく彼の存在に気が付きませんでした。
背が高く、ちょっとヒュー・ジャックマンを彷彿させる存在感のある俳優です。今後の活躍が期待できます。








  1. 2014/09/10(水) 22:52:48|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒラタケ

話は前後しますが先週の平日に雨が降っていたので仕事ができず、近場にキノコ観察に行ってきました。

気温が高かったので雨具を着て藪を漕ぎましたが、直ぐに汗だくになりました。
まだ初秋の時期なので山は蚊が多く快適ではありません。

今年は夏キノコがあまり生えていない様子で、木の不食菌を探すこととなりましたが、ブナの倒木に大きなヒラタケが生えていました。
暗い森の中なので写真がピンボケです。
傘の直径は大きいところで15cmもあり、茎の太さは2cm、長さは10cm以上ありました。
マスさんが天ぷらにしてくれましたよ。

P1000885.jpg

他にはウスヒラタケが結構生えていました。
でも長雨で痛んだものが多く、採取したのは僅かです。

P1000886.jpg

毒キノコの仲間ではハナホウキタケをよく見かけました。

P1000887.jpg

別の場所ではクサウラベニタケ(毒)が沢山生えている斜面がありました。
このキノコが生えてくると秋のキノコが出始めます。

少し晴れて気温が高い状態が少し続けば、爆発的にキノコが生えてくるのでしょうが、さて今年は豊作か、不作か?










  1. 2014/09/08(月) 22:35:04|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マルちゃん元気でね(:_;)

昨日は天気が良かったですが、マスさんのケーキ教室の送り迎えがあり仕事は休みました。
それよりマルちゃんが翌日に貰われていく予定ですので、最後の一日を一緒に過ごしました。

P1120274.jpg

ハナちゃんともかなり打ち解けてきました。
追っかけあいも過激さがなくなって、楽しく遊んでいるようです。

IMGP8127.jpg

そして今日の午後、マルちゃんの里親希望の犬猫馬さんご夫婦が我が家に来られました。

私一人でハナちゃんとマルちゃんの二匹の猫の面倒を見るのは厳しいので、マルちゃんを保護してから里親さんを猫のSNSサイトで探す予定でいましたが、当ブログを読んで以前今熊山でお会いした犬猫馬さんが里親に名乗りを上げてくれたんです。
Mixi経由でマイミクになり連絡を取り合って今日に至りました。

それでマルちゃんとご対面になりましたが、マルちゃんは狭いソファーの裏側に逃げ込んで出てきません。
何回か引っ張りっだす事と、マルちゃんが逃げることを繰り返している内に、やっと犬猫馬さんご夫婦に慣れてきました。

犬猫馬さんご夫婦は以前から猫を飼っていたので猫扱いには慣れています。

私の里親さんへの希望はきちんと避妊手術をやっていただく事と、室内飼いをしてもらう事だけでしたので、その点は快く了承していただきました。

11歳の面倒見のよい先住猫さんがいるらしいので、マルちゃんが寂しくなることもないでしょうね。
安心して犬猫馬さんご夫婦にマルちゃんを託しました。

P1120299.jpg

山形在住の犬猫馬さんからお土産で山形県産のお米の食べ比べセット『こめイロ』<をいただきました。
一袋3合が入ってとても有難いお土産でしたよ。

お米の食べ比べセット『こめイロ』を販売している尾形米穀店のHPはコチラ ↓
美味しいお米の専門店 『尾形米穀店』

DSC02831.jpg

29日間一緒だった賑やかなマルちゃんがいなくなって寂しくなりましたが、マルちゃんには幸せな一生を送って欲しいものです。
人に懐く猫なのできっと可愛がられるでしょうね。

P1120226.jpg

ところでマルちゃんが急にいなくなってハナちゃんは家中を探し回っていました。
遊び相手が消えてしまって寂しそうですが、何日か経つと何時もの静かな暮らしに慣れるのでしょうね。






  1. 2014/09/07(日) 21:39:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

アキノキリンソウ

秋の山は何かしら寂しげな雰囲気が漂います。

夏の派手な色彩の花は枯れて、リンドウの紫とアキノキリンソウの黄色が中心になります。

今回登った山形蔵王はゲレンデの脇がお花畑になっていて、初秋の花々を楽しめます。

アキノキリンソウは高山に咲くミヤマアキノキリンソウとアキノキリンソウの二種類がありますが、茎の下の方まで花が咲いているのがアキノキリンソウです。

パラダイスゲレンデの登山道を下った時、ゲレンデ一面に黄色く咲いたアキノキリンソウは見事でした。

IMGP8020.jpg

海岸の岩場に咲くキリンソウの花に似た感じから命名された花なんでしょうね。
ちなみにキリンソウは黄輪草と書くそうです。

IMGP8024.jpg





  1. 2014/09/05(金) 21:13:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

間に合った!(^^)!

もう9月。
天候が優れずに曇天の日々が続いていますが、昨日登った山形蔵王には夏の使者であるアサギマダラはもう南の島に帰ってしまったと思っていました。

樹氷高原駅で降りてみるとアサギマダラが蜜を吸うヨツバヒヨドリの花は終盤で、一頭の蝶々も飛んでいません。
アサギマダラを狙っていた写真家は諦めて帰るそうです。

しかしユートピアゲレンデの夏山リフト沿いにヨツバヒヨドリの花が沢山咲いていて、そこにお目当てのアサギマダラが乱舞していました。
今年はもう会えないと諦めていましたが、間に合いました(*^_^*)

IMGP7967.jpg

しかしふわふわと風に翻弄されながら飛ぶアサギマダラの何処に、沖縄や奄美大島まで渡る力があるんでしょうか?



蜜を吸っているところをアップで撮ってみました。

IMGP7985.jpg

天候不順で満足に登れない8月でしたが、ようやく沢山のアサギマダラに会えて良かったです。

その他にクジャクチョウや。

IMGP7970.jpg

キアゲハも見ることができました。

IMGP7942.jpg

じっとしていない昆虫の撮影は何度やっても上手くいかないものです。



  1. 2014/09/04(木) 22:30:05|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ベニハナイグチ?

今日は朝にかかりつけ医で検診があり、仕事も段取り的に休まざるを得なかったので、山形蔵王を軽く歩いてきました。

あまり天気に恵まれず、花見の登山となってしまいましたが、花の紹介の前に気になるキノコが生えていたので写真をアップします。

祓川コースの御田神を過ぎた付近、オオシラビソの森の中に10数本生えていたキノコがコレです。
傘の大きさは一番でかいもので20cmの大型のキノコで、半腐れのものばかりでしたが、一番痛んでいない幼菌に近い状態のものが1本だけありました。

DSC02796.jpg

写真の状態より実際はもっと赤みがあり、最初はアカジコウかな?と思っていましたが、裏返すと網目の菅孔なので違っています。

DSC02797.jpg

帰宅後に調べてみたら、どうもベニハナイグチだと分かりました。(でも完全に同定できたとは自信がないです。)
一応食べられるキノコだそうですが、半腐れ状態なので採取は不可能でした。

中腹の若いブナ林も歩きましたが、キノコの姿がほとんど見られません。
今年は夏キノコが不作だったようです。







  1. 2014/09/03(水) 22:08:11|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

里山の花

昨日は重要な用事があったので山はお休みでした。
と言ってもマスさんがまだ抜糸前なので登山をできる状況じゃなかったですが・・・
膝の怪我なので、抜糸は安全を見てあと1週間後になるそうです。

前回レンゲショウマの花を見に行った時に別の花も咲いていましたので、今回はそれを紹介します。

マツカゼソウはとても風流な名前が付いていますが、花はマクロで撮影してやっと見られるほどの大きさです。
僅かな風でも揺れていたのは名前通りでした。

IMGP7716.jpg

今の時期に山道なら何処でも見られる花がヌスビトハギです。
可憐な花なのに変な名前が付いていますが、この花の種の形がさし足忍び足の格好をしているので命名されました。
この種は身体にくっつくので10月ごろには困ってしまいます。

IMGP7666.jpg

ツリフネソウは横から見ると本当に変な形をしています。
ホウセンカの仲間で一年草ですが、種が弾けて飛び散るので毎年同じ場所に咲くようです。

IMGP7669.jpg

ヤマジノホトトギスの花は、咲いている場所によって赤い斑点が多く入る花と、そうでもない花に分かれますね。

IMGP7714.jpg

これからの時期の代表的な山野草、ノコンギクです。
この花を見ると秋本番です。

IMGP7667.jpg

ヒヨドリバナの白い花にコアオハナムグリがくっついて蜜を吸っていました。
このコガネムシは白い花が好きとの事です。

IMGP7712.jpg

高山ではリンドウやアキノキリンソウばかり目立つ季節に入ってしまいましたが、逆に里山ではいろいろな花が咲く時期になりました。
キノコも含めて楽しい季節の到来です。

動画もつくりましたよ。






  1. 2014/09/01(月) 20:54:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (175)
写真 (35)
花 (236)
登山 (310)
音楽 (24)
映画 (76)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR