東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

ハナちゃんがどんどん慣れています(*^_^*)

いろいろ大変だった6月も今日で終わりです。
父の死去に伴う諸手続きと遺品の整理に追われ、仕事も忙しいので走りづめの一か月間でした。

疲れがたまっているようで、右目の下が常にピクピク痙攣しています。
納骨が終われば一段落つきそうですが、精神的な疲れはなかなか解消しませんね。

そんな日々の生活の中でハナちゃんが一服の清涼剤の役目をしてくれます。

でも毎朝5時に起こしにくるのだけは勘弁して欲しいです(*_*;

しかしハナちゃんへの接し方は全然変わっていないのに、何故か最近は懐き方が半端じゃないのですよ。
何処で懐くスイッチが入るのか分かりませんが、家にいるときは常に傍にくっついています。

IMGP6490.jpg

今こうしてパソコンに向き合っている時にも直ぐ横で寝ていますよ。

ちょっと前に暑い日が続きましたが、猫って暑さには強いですね。
外出した時に窓を閉め切って行くのですが、暑い二階の部屋から離れません。

暑さ対策なのか、カーペットとフローリングの境に寝ています。

IMGP6471.jpg

IMGP6474.jpg

もう野良猫時代の事は完全に忘れたようで、家猫生活を謳歌しているようですね。

NHKで放送している岩合光昭の世界ネコ歩きをTVで見ていると、テレビの映る猫の姿にかならず反応しますね。

IMGP6488.jpg

本当は人間よりも猫が好きなハナちゃんなので、マスさんはもう一匹飼えと言うのですが、今のところは私独りで面倒を見なければならないので未だ無理と抵抗していますよ





スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 19:33:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

ウツボグサとホタルブクロ

アジサイが咲く頃は園芸植物は端境期に当たっているようですが、庭にウツボグサとホタルブクロが沢山咲いていて目を楽しませてくれます。

一時期、父親に刈り取られて激減したウツボグサですが、最近は刈った場所とは別な場所に咲いてきました。

IMGP6443.jpg

ホタルブクロも以前より勢力範囲を増やしている感じです。

IMGP6446.jpg

今は県内の各地でホタルが一番見られる時期のようですね。

ところで今日は仕事が一段落したので、銀行や郵便局を回って父の預金を下ろす作業をしました。
金額が少ない場合には簡易的に預金を下ろせるので助かりますが、メインバンクはそうは行きませんので、必要な書式などをもらってきました。
預金関係が終わったら、面倒臭い住宅の登記変更作業が待っています。







  1. 2014/06/27(金) 23:56:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

新規ブログへの移転準備

本家ブログの『東北の山遊び』ですが、データの容量が970MBとなっていて、1GBのブログ容量まであと僅かになっています。(後10記事程度はアップできそうですが・・・)

そこで今後はどうするかをいろいろ思案していました。
①本家ブログをアップしているウェブリブログの有料会員となり、データ容量をあと10GB増やす。
②ウェブリブログに別なアカウントで新規のブログを作る。


この2点はウェブリブログで一番気に入らない写真品質の悪さが改善できないので却下しました。
写真品質の悪さとは例えば150KBでアップロードしても、写真の解像度を自動的に半分の75KBに落とされてしまう欠点を言います。
ウェブリブログに別アカウントでブログを作るのも、1GBの容量ではとても足りません。

============================================

悩んだ結果、自分に一番合った別のブログサービスを探してみる事にしました。

③そこでブログ容量が1TBのヤプログに仮に新規ブログを開設しました。

何と言っても容量1TBは無料なのに、ほとんど容量無制限と同じです。
凄い太っ腹なブログサービスがあるもんだと驚きました。
それに記事のサムネイル画像がとても綺麗で、このFC2ブログに匹敵する写真品質があると思いました。

しかしマイスキン(テンプレート)編集をして、ある程度仮の記事をアップしてみましたが、一つだけどうしても気に喰わないところがあります。
記事面の横幅が652ピクセル以上に広げられないんです。
今まで写真は640ピクセルでアップしていましたが、この場合は左右の余白がほとんど無く、とても見にくい記事になってしまいます。

これを改善しようとするとベースとなるスキンを選択して、ほぼフルカスタマイズしなければなりません。
でも女性ユーザーが多いヤプログでは、カスタマイズに関するネット情報がほとんどなく、スキン改造は断念しました。

============================================

次の手は④この雑記帳を書いているFC2ブログの記事を他ブログに引っ越しして、FC2ブログを大幅にカスタマイズする手ですが、引っ越しと、既存記事の削除、そしてテンプレートのカスタマイズにかかる手間を考えて止めにしました。

============================================

ヤプログに未練を残しながら、別なブログサービスを当たっていたらライブドアブログが容量10GBなのに気が付きました。
10GBあれば余程大量の写真データをアップしない限り10年以上は容量の心配をしなくても済みます。

そこでブログの新規登録をしてからテンプレートを表示させてみました。
そしてカスタマイズ情報がネットで豊富な点も考慮して、ご覧のシンプルなテンプレートを改造してみる事にしました。

original.jpg

テンプレートの改造(編集)はCSSとHTMLの知識はある程度ないと難しいですが、そんなの良く分からない私はネットのカスタマイズ情報を調べながら、一か所づつ手直しをしていく感じです。
でもテンプレートによってCSSとHTMLの書き方がかなり違っているので、かなり根気のいる作業となりました。

あまり細かく編集箇所を書いてもほとんどの人が分からないでしょうが、カラムの左右の入れ替え、記事枠の拡大、文字の大きさの変更、サイドバーの文字部分の背景色変更等が大きな編集箇所です。

まだ少しだけ気に入らないところがありますが、概ね移転するブログのテンプレートは完成しました。

NEWblog.jpg

そのブログのは → (続)東北の山遊び です。

まだ正式な移転ではなく仮オープンの状態ですが、気が向いたら簡単なコラムでも書いていこうと考えていますよ。










  1. 2014/06/26(木) 19:56:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画 『X-MEN:フューチャー&パスト』

『X-MEN:フューチャー&パスト』はちょっと前に観に行った映画だけど、まだ映画館で上映しているので簡単に感想を述べますね。

X-MENは超能力を持ったミュータントの群像劇で、マイノリティの悲哀や、登場人物の一人一人の心の機微がよく出ていて、ドラマとしても見応えのあるシリーズなので気に入っています。

マーベルのアメコミは見た事ないですが、かなり長期間連載されているようで、主役もどんどん移り変わっているようですが、映画は不死身のウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンを中心に描かれています。

今回は全3部作と、X-MENのプロローグである『ファースト・ジェネレーション』の世界が合体した斬新な作風が面白い。

あらすじ: 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の魂を送る。しかし、1973年の地球でセンチネル・プログラムの開発を阻止しようとする間も、2023年では地球滅亡の危機が迫っており……。



ウルヴァリンの精神を70年代に送り込むことで、すべての起点となった事件を食い止めようとするプロットは、タイムトラベル物ではよくある手法ですが、気難しく二人が逢えば衝突ばかりしている若き日のプロフェッサーXとマグニートを共闘させるのは並大抵のことではないので、話がいろいろややこしくなってきます。
いつもは勝手気ままで老人たちの手を焼いているウルヴァリンが一番思慮深く、このチームをまとめようとするのが意外な展開でした。
今回は超能力のアクションは少なく、ドラマの要素が強いのが特徴で、薄っぺらじゃない脚本が素晴らしかったです。

一番の見せ場は初登場のクイックシルバーが魅せる超音速アクションだったと思います。
この若者はマグニートの子供という設定だそうで、アベンジャーズ2には役者を変えて登場するとか。



但し最後の戦闘シーンが映画『マトリックス』と同じような設定なので、もうひとひねり欲しかった感じがしました。
ラストで懐かしい登場人物が復活するのも、X-MENファンとしては嬉しくなります。




  1. 2014/06/24(火) 23:43:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっと晴れた!(^^)!

梅雨らしい天気が続いていましたが、今日は久しぶりにカラッと晴れました。
蔵王連峰もくっきり見えて、こんな日に仕事をしているのが嫌になります。
泉ヶ岳も何時もより近距離に見えていましたよ。

昨日は父の遺品整理に費やした一日でした。
例の難物のオーディオセットを整理して、やっと音楽が聴ける環境になりました。


カラオケのDVDとCD-Gソフトと一部の機材はカラオケサークルの世話役の方に持って行ってもらいました。
恐らく購入したら20~30万円分のソフトの数だったと思います。
でもブックオフあたりに持っていったら、ダンボール箱一つ分500円程度だったと想像でき、一番喜んでくれる方に差し上げたのは良かったと思いました。
ちなみにそのソフトは全て演歌なので私はまったく興味がないのですよ。

私が部屋の整理をやっている間、マスさんは庭の雑草取りをしてくれましたが、とても一人でできる作業ではありません。
雨続きだったので雑草が繁茂しています。
次週は私も庭の草刈をやらねばならないでしょう。

今は庭のあちこちにオカトラノオが咲いています。
里山なら何処でも咲いている山野草ですが、アップで撮影するとかなり綺麗な花だと感じてしまいます。

IMGP6436.jpg

IMGP6433.jpg

山に咲く花を無性に見たくなりますが、もう少しの期間、山には行けないですね。










  1. 2014/06/23(月) 23:14:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サバイ・サバイ

土曜日は仕事。
雨続きでかなり日程が延びてしまい、雨が降らないときには頑張って仕事をやるしかありません。

しかし忌中だし、お山の天気も芳しくないので仕事に打ち込める状態にはあります。

夕方、マスさんと待ち合わせて仙台市青葉区木町通2-6-32にあるタイ料理のお店サバイ・サバイに行きました。

本当は二週間前のマスさんの誕生日の時に行く予定だったのですが、父の死去に伴い延期していたのです。

一般的に誕生日と言うと洒落たフレンチかイタリアンと相場が決まっているでしょうが、エスニック料理の好きな二人にとっては、こんなお店が一番似合っているのです。

今回は3品の料理を注文し、二人で分け合って食べました。

先ずカッパオタレーラードカオ(海鮮のバジル炒めかけご飯) 950円。

DSC02487.jpg

イカやエビが沢山入って、甘辛の味とバジルの風味が満点の美味しい料理でした。


パッタイ(タイ風焼きそば) 950円。

DSC02490.jpg

これは盛りが非常に良く、焼きそばと言っても米粉を使っている風で、甘味が強い中にピリ辛な味が絶妙でした。


そしてタイ料理の定番:トムヤムクンスープ(エビのスパイシースープ) 1100円です。

DSC02488.jpg


やはりこれを食べないとタイ料理を食べた気にはなりませんね。

お腹が一杯になってお店を出ました。
やはり暑くなってくるとタイ料理やインド料理が食べたくなるものです。









  1. 2014/06/22(日) 23:09:23|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

後悔

今日19日の日付けが赤くマーキングされているカレンダーがキッチンに貼られています。

父が生きていれば今日は老健施設の退所日に当たっていたんです。

本来なら午前中から病院三か所を回り、大量の薬を処方してもらう予定でした。

しかし別な老健施設やショートステイが決まっていなかったので、実際には在宅介護で目が回るような忙しさになっていたはずです。
車いすでの移動しかできない父を、車いす仕様ではない自宅で介護するのは、現実として難しかったと思います。

毎朝、遺骨をおいた祭壇にお茶と水とご飯を供えますが、微笑んでいる父の遺影をみながら少し後悔の念に駆られています。

医師の説明を受けた時、施設で最後を迎えることに同意せず、病院で診察する道を何故選ばなかったのか?
医療機関で治療すれば、もう少し父の命を長らえることができ、最後の言葉を交わすことができたのではないか?

こんなことが頭の中に浮かんできます。

亡くなる前日にかなり呼吸が苦しそうにしていた父。
誤診とは言いませんが、あの時点で明らかに誤嚥性肺炎を患っていたと今になって思います。

そして急遽呼び出された朝。
父の個室に入る私を見て、看護師や介護士の方は父が亡くなっている事を一切教えてくれませんでした。
色を無くした父の顔を見て唖然としてしまったのを今でも思い出します。

看取れなかったのはしょうがない事ですが、せめて父に有難うと生きているうちに話しかけられなかったのが一番の後悔でした。


今日もお昼ごろに土砂降りの雨が降りました。
なかなか仕事が進まなくて参ってしまいます。
父の戸籍を遡って東京都の某区から戸籍を郵送してもらい、今日は埼玉県の某市に戸籍の郵送依頼をしました。
開いた時間を利用して一つずつ諸手続きを行っています。

写真は西洋ノコギリソウです。

IMGP6393.jpg

花壇に肥料を巻いていたら、今年になって一気に株が増えてしまいました。

IMGP6416.jpg






  1. 2014/06/19(木) 19:32:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

グミのジャム

庭に生えているびっくりグミが今年は大豊作です。

花の咲く時期に霜が降りてしまう時はほとんど実がつかないのですが、今年は暑いくらいの陽気が続いていたので、凄い量の実がなっています。

グミと言っても数種類あるようですが、びっくりグミは実の長さが2~3cmもあります。

IMGP6427.jpg

生で食べると少し渋みがあって美味しくないですが、ジャムにすると酸味が強くてとても美味しいです。

昨日は突然の雨で仕事を早めに切り上げてきましたが、時間ができたので脚立を出して来てグミを採取しました。
まだ青い実もありますが、とても採りきれる量ではなく、かなり取り残しました。

それでも約3kgも採れましたよ。

しかしジャムにするにはここからが大変。
水洗いをしてから、水を切り、その後は大き目の鍋で煮立たせます。
その後ザルで種を濃しとり、ジュースにしたグミに約1kgの砂糖と、適量のレモン汁を入れてとろ火で煮ます。
煮汁の表面にしわがでてきたら、煮沸したガラス容器に入れて熱を冷まして出来上がり。


IMGP6428.jpg

ご覧のガラス容器3カップ分のジャムが完成しました。
しかしジャム作りを初めて終わりまで2時間半もかかってしまいましたよ。

今日はプレーンヨーグルトにのせて食べました。
砂糖が沢山入っているのに、酸味が強いジャムでしたよ。

IMGP6430.jpg






  1. 2014/06/18(水) 23:15:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メヒコ

父の葬儀などでマスさんの誕生日のお祝いができませんでした。

本当はタイ料理を食べに行く予定でしたが、それもおじゃんとなってしまいました。
マスさんには申し訳なかったです。

その変わりに日曜日に二人で映画を観て、109シネマズ富谷のそばにあるメヒコで食事をしました。
ジャスコ富谷店の西側の駐車場のところにメヒコはあります。

このレストランは以前は泉中央にあって、フラミンゴを見ながら食事ができる変な店でした。
その後は今の場所に移ったようです。

マスさんはカニ料理が大好きみたいで、今回はこのお店一押しのカニピラフを注文しました。

メヒコ 005

カニは殻つきとむき身から選べますが、やはりカニ料理の醍醐味を少しでも味わおうと殻つきを選びました。
殻をむくとカニの量が結構あり、ピラフとしては贅沢な味でしたよ。

もう一品はカニみそパスタです。

メヒコ 004

かに味噌味のパスタは初めて食べましたが、なかなか美味しい一品でした。

タイ料理は日を改めて行こうと思っています。





  1. 2014/06/17(火) 22:21:33|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

映画 『春を背負って』

昨日の日曜日は久しぶりにゆっくり骨休めをしました。
父の死から忙しない日々が続いていて、土曜日も仕事でしたので、精神的にかなり疲れていたんです。

遅く起きた朝、ワールドカップはどうせ負ける予感がしていたので見る気にもなりませんでした。
その予感が当たって初戦は完敗のようでしたが・・・・

ハナちゃんの餌(缶詰)の在庫が少なくなっていたのでホームセンターに買いに出かけ、午後から映画鑑賞をしました。

観たのは5年前に傑作映画『剣岳 点の記』を制作した、木村大作監督の次回作『春を背負って』です。

笹本稜平氏の短編小説を映画化したものですが、その原作本は読んでいなかったので内容はほとんど分かりません。
小説の舞台は奥秩父の山小屋ですが、それでは絵にならないので、舞台を立山に移し、1年間の長期ロケを敢行して作り出した映画と言うことで期待していました。

あらすじ: 立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。



もともと撮影監督として巨匠と呼ばれている映画監督の下で手腕を磨いていた木村監督ですが、そのアクのある性格が災いして最近は撮影の依頼が激減していたそうです。
それでも映画を撮りたい一念から自分で監督まですることを考え、『剣岳 点の記』という素晴らしい映画を創り出しました。
その後は同じ新田次郎原作の『孤高の人』を映画化する予定でしたが、雪山のロケが無理であると断念したそうです。

さて映画の感想ですが、立山の山岳風景の凄さと臨場感は凄いの一語でした。
現在はデジタルシネマが全盛ですが、あえてフィルムで撮影したので昭和の感じがします。
オープニングのタイトルは毛筆縦書きで、音楽も昔風のオーケストラを使ったもの。
まるで『八甲田山』が封切られた当時の映像を観ている感じがしました。(いい意味で。)


しかし話の内容は温かみのある話の羅列で、起承転結に乏しく、観ていて全然メリハリがないのですよ。
出演している全員が申し分のない善人ばかりなので、どうも話の中にのめり込めないのです。

主人公の長嶺亨がどうして山小屋を継ぐことにしたのか?
そして慣れない山小屋経営の苦労。
亡くなった父のエピソード。
そんな点をもっと掘り下げてくれれば、より味わいのある作品になったと思います。

でも登山を趣味にしている人が見れば圧巻の山岳映像に充分満足できる作品だと思いますよ。

*日曜日の昼から観ましたが、20名程度しか観客がいませんでした。それも高年の方々ばかり。
興行的には失敗なのかな???



  1. 2014/06/16(月) 23:34:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仕事再開

昨日までの一週間は大雨の日々が続き、今日になってやっと晴れ間が覗きました。
初七日を過ぎて仕事をしようと思っていましたが、雨では外仕事が出来ず、やっと10日ぶりに仕事を再開できました。

IMGP6388.jpg


会社の社長であり、家の世帯主であった父の死により、煩雑な種々の手続きが必要となっていますが、行政書士を会社の役員変更のみお願いして、他の資産相続に関する手続きと、不動産登記変更は自分でやる目途がつきました。

今はネットで多くの事が調べられ、しかも書式が調達できるので助かります。


しばらくぶりに奥羽山脈が見えましたが、船形連峰の残雪がわずかに残るのみとなっていました。
連日の雨で一気に雪解けが進んだようです。


不忘山はハクサンイチゲが見ごろでしょうが、今年は見に行けませんね。



  1. 2014/06/13(金) 20:58:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

遺品

父の通夜以降、毎日雨が降り続いています。
今日は父に郵送されていた郵便物の整理をし、電話連絡が必要な方や組織に連絡しました。

IMGP6385.jpg


その後はリビングをどう整理するか考えていましたが、この部屋が一番の難物です。

両親が健在の時は夫婦でカラオケに興じていて、町内会の方々もよく歌いに来ていました。
しかしそのカラオケの機材が超絶なのですよ。


10畳のリビングの壁一面がカラオケのオーディオで占められていまして、その数が凄すぎです。

その全てを挙げますと、
①アンプ&イコライザー 3台
②ラジオチューナー    1台
③S-VHSビデオ      2台
④LDプレーヤー      1台
⑤ブルーレイレコーダー  1台
⑥MDプレーヤー      2台
⑦DVDプレーヤー     1台
⑧CD-Gミニコンポ     1セット
⑨3headカセットデッキ   6台
⑩液晶TV           1台
⑪タイマー           1台
⑫スピーカー         2組


以上の機器を市販と自作の切り替えスイッチを駆使して使っていました。
音楽用のオーディオ機器でカラオケをやるのですから、音質と音量は素晴らしかったです。

しかしこの複雑な機材の切り替えは本人しか分からず、私には使えないシステムになっていました。
使い方を分かるように操作方法を紙に書いておいたほうがいいよ、と何度も父に言いましたが、
俺が分かっているのだからそんな物は作らないの一転張りで、いう事を聞いてくれなかったです。

でも1年半前のある日、父が機材の操作を完全に忘れて、聴きたい音楽を聴くことが出来なくなりました。何時かそんな日が来るとは思っていましたが、どうしても操作方法が思い出せないそうでした。
そこから先は上記のシステムは無用の長物状態です。


父の存命中は何時在宅介護になるか分からなかったので、この機材を整理することはできませんでした。
しかし父とうまが合ったオーディオ好きの方の家に言って、父が亡くなったことと、父の集めたカセットデッキを差し上げたいと申し出たら大喜びでした。

家に一台だけデッキを残して、残りは全て引き取ってくれるそうです。
今は生産を止めた機器なので、台数が多くても部品取り目的で使えると言っておられました。
ついでにMDレコーダーも一台引き取ってくれるので助かります。

あとカラオケ用のCD-GとDVDソフトが大量にあるんですが、これは以前両親がお世話になっていた、とあるカラオケサークルに寄贈することにしましたよ。

この機材のベースは私が音楽を聴くために購入したコンポなので、自分用に最低限のオーディオ&ビジュアル機材だけ残すつもりです。



  1. 2014/06/11(水) 22:54:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初七日

早いもので今日は父の初七日でした。
この日はお供え物のてんこ盛りのご飯と、毎日あげていた団子を下げて、夕方に庭の土に埋める日です。

昨日は少し休んだので、今日は死亡に関する手続きに奔走しました。

父の預金その他の財産の確認。
知り合いの行政書士に遺産相続と会社関係の定款変更の依頼。
6か所予約していた特別養護老人ホームと老人保健施設への予約取り消しの連絡。
公共料金などの名義変更と口座引き落とし名義の変更依頼。
納骨日を墓園に連絡。
戸籍謄本、住民票、印鑑証明の枚数確認と区役所での発行。
後期高齢者医療保険、介護保険の資格喪失届。
年金事務所へ行って年金受給停止手続き。
墓地使用許可証の名義変更と支払。  などなど。。。。。


母の死去のときに経験したとはいえ、本当に煩わしい行為で、一人の人間が亡くなるのは大変なことなんだなぁ、と今回も実感しました。

この後は不動産の所有権移転や遺産相続の諸手続きがありますが、それに忙殺されると仕事ができなくなるので専門家に任せる予定です。

IMGP6411.jpg

いろいろな関係機関を回って夕方帰宅すると妹が線香を上げに来ました。
そこで思わぬ事を言っていったのです。

『父は母との結婚の前に別な人と結婚していて、母は再婚相手だったと前に父に聞いたよ。』

むむっ、これは忌々しき問題です。
父が再婚だったと言うことよりも、その女性との間に子供がいたら遺産相続の問題がややこしい事になってしまいます。

しかし事実関係を叔母に電話で尋ねて安心しました。
どうも半年間だけ同棲していた相手がいたようですが、その女性とは籍は入れていないと分かりました。
そしてその女性との間に子供はできなかったそうです。


あまりそんな浮いた噂の一切ない父と思っていましたが、父も男だったんだなぁ~と感じてしまうエピソードでしたよ。

しかし今日も本当に疲れましたぞ。。。。。。。






  1. 2014/06/10(火) 22:49:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

葬儀

昨日は断続的に強い雨が降る一日でしたが、無事亡父の葬儀を終えることができました。

メールやブログコメントにて皆様方のお悔やみをいただき有難うございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

またお通夜の席に駆けつけていただいた山仲間の方々は感謝の言葉もございません。
とても勇気づけられた感じがしました。

DSC02466.jpg

しかし小さな骨壺に入って自宅の仮祭壇に飾られている父を見ても、今でも亡くなってしまった実感が湧きません。
まだ老健施設で元気に過ごしているような感じが抜けないのです。
心の準備ができないままに急逝した方のご家族は皆同じような感じなんでしょうかね?

おそらく先に旅立った母が 『お父さん、そんなに頑張らないで早くこっちにいらっしゃいよ。』
と父を連れていったのでしょうね。

流石に今日は疲れがたまって香典の整理と葬儀屋への支払いだけしか出来ませんでした。
明日は役場など回れる範囲で事務処理を行ってくる予定です。

それと四十九日の法要と納骨の日をご住職と連絡をとって決めました。
その時にやっと肩の荷が少し降りると思います。





  1. 2014/06/09(月) 22:42:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

戦友

今日は父の納棺の日でした。
若い納棺師の方が身体を清めてくれて旅立ちの衣装をまとわせてくれました。

写真の花はミヤコワスレです。

IMGP6413.jpg


父は生前は血をさらさらにする薬を飲んでいたために、顔や手が内出血だらけでしたが、ファンデーションを塗っていただいて綺麗になりました。
これなら先に旅立っている母とあの世で再会しても喜んでくれるでしょう。

昨日から今日にかけて親戚や父の友人、会社の取引先への電話連絡で忙殺されました。
一人一人に説明するのでかなりな時間がかかります。

その中で近畿にお住まいの父の戦友に連絡を入れましたら、その戦友の方は最後には嗚咽を漏らしてしゃべることができなくなってしまいました。

父は酒が一切飲めない体質だったために酒宴が苦手で、それ故に友人は少なかったですが、遠いところにお住まいの戦友の方の話はよく聞いていました。
満州にいた頃に苦労を共にした友なので、お互いに生涯忘れることができない体験をしてきたのでしょうね。
認知症が進行していて末期の時でも、父はこの戦友の事は忘れずに覚えていました。

戦後何十年たっても大切に思い、そしてその旅立ちに涙してくれる友人が父にいたのは素晴らしいことだと感じました。

明日は喪主の挨拶文を考えねばなりません。
これが大変で気が重いです。






  1. 2014/06/05(木) 21:56:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ターミナルケア

本日、父の入所している老健施設から呼び出しがありました。

先週の土曜日から父の容体が悪くなり、熱が8度台から下がらず、食事を全く受け付けなくなりました。

最近は徐々に食事の量が減っていて、体重が極端に減り、体力が落ちていましたが、
ここにきて老衰が一気に進んでしまったようです。
主治医とSTさんの説明では食べ物を飲み込む力が全く無くなってしまったとの事でした。

現状は意識レベルも低く、私の呼びかけにも答えることができません。
医師の診断ではほとんど意識がもうろうとした状態だそうです。

この容体では点滴で命を繋ぐしか術がなく、他の病院で胃瘻を作って貰ったとしても、意識がないままに延命させておくだけの処置になると言われました。

父は歩けなくなってから、死にたいと介護士の方々にもらしていたと聞いています。
下手な延命は父の希望するところでないのは分かっていたので、当老健施設において最後までターミナルケアをしていただくことになりました。

一応、叔母と妹には連絡して納得してもらいました。

熱が下がり、再び食事を口から摂取できる可能性は僅かに残されていますが、点滴だけで生きられる時間は短いでしょう。
こんなに短期間に父が弱っていくとは思いませんでした。

と言う状況なので、何かあった場合のために常に携帯電話が通じる範囲、直ぐに施設に駆けつけられる距離にいなければならなくなりました。

故に当分の間、登山はお休みといたします。
但し、雑記帳の記事は継続して書きますし、コメントをいただいても当面は返信できると思います。

写真は鏡山に咲いていたコミヤマカタバミです。

IMGP6375.jpg

【6/4追記】

朝に仕事に行こうとしていると施設から緊急連絡がありました。
『お父様が完全に意識を失った状態なので直ぐに来て欲しい。』

慌てて駆けつけてみますと既に事切れた父の姿がありました。
9時15分ごろ、父は誰にも看取られずにこの世を去りました。


朝早くはまだ呼びかけに反応していたそうですが、急に体温が9度以上に上がり、呼吸が苦しくなったので担当医を呼びに行っている間に亡くなったようです。

余りに突然の事に現実を受け入れるのが上手くできない自分がいました。
これは施設の担当者の方々も同様で、一様に驚くばかりです。

葬儀屋を呼んで施設を出るとき、沢山の職員に送られて父は無言で4ヶ月いた施設を去りました。
そこから先は葬儀に向けての慌ただしい決め事を経て、私が自宅に帰ったのは午後6時。

土曜日にお通夜、日曜日に告別式と火葬、法事と慌ただしいスケジュールが待っています。

父が3週間前に言った最後の言葉が一言『家に帰りたい。』でした。








  1. 2014/06/03(火) 23:45:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ハナちゃん大パニック(*_*;

昨日の仙台市は気温32.2度。
日陰にいても暑さを感じるほどでした。

しかし6月に入ったばかりでこの猛暑!
偏西風の蛇行が暑さの原因と言っていますが、身体が暑さに慣れていないので参っていまいますね。


ところで昨日は家事に忙しく過ごしましたが、その合間にハナちゃんの身体を洗いました。
生まれて初めてのお風呂です。

大人しい性格なので爪切りやブラッシングは簡単にさせていましたが、今回の風呂は大パニックを引き起こしてしまいましたよ。

風呂場に連れて行くのも一苦労で、キャリアに入れてなんとか風呂まで移動。

その後にシャワーをかけますが、これが駄目でした。
シャワーの水流と音を非常に怖がります。

ここで押さえていた手を全力で振り解こうとするので、私の右手はひっかき傷だらけいなってしまいました。

しょうがなくバケツにぬるま湯をためて、そこにハナちゃんを入れ、シャンプーしてから掛け湯を行ってやっとパニックが収まりました。

洗った水を見てびっくり。
家で飼っていたのに酷い汚れです。
おそらく野良時代からの汚れが一気に落ちたのでしょうね。

次にバスタオルで拭くときも暴れるので、かなり濡れた状態で拭くのを止めにしました。

それから先はショックでふさぎ込んでしまい、昨晩と今朝の餌を全く食べません。
今日の夕方になって大好物のカツオを食べさせたらやっと機嫌が戻りましたよ。

IMGP6300.jpg

今は毛が柔らかくふさふさになって、しかもイイ香りがするので気持ちいいです。






  1. 2014/06/02(月) 22:26:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

鏡山

日曜日は家の用事があるので土曜日に山に行ってきました。

連日の夏日で体力的にバテ気味なので、今回は比較的短い行程の山を選びました。

鏡山は飯豊連峰の前衛峰で、三国山から南西に伸びる県境稜線の一突起です。

全山ブナに覆われていて全然アルペン的なところはありませんが、この山の一番の特徴は飯豊本山から大日岳までの主稜線の大展望台である点です。

登りの途中から眺めた鏡山です。
新緑と残雪のコントラストが素晴らしいです。

IMGP6323.jpg

しかしこの日の気温は夏山を思わせる暑さで、暑さに慣れていないせいか、登りは本当にきつかったです。
ブナが日差しを遮ってくれるので大いに助かりました。

山頂から眺めた飯豊本山から御西岳にかけての主稜線です。
ほぼ180度の視野が全て実川源流域の飯豊の稜線で、その迫力はこの場に立ったものでなければ分からないと思います。

IMGP6342.jpg

実川の対岸に位置する大日岳と牛首山、そして櫛ヶ峰です。
実際に見た感じはここまで近くに見えていましたよ。

IMGP6346.jpg

山頂の砂礫地にはノウゴウイチゴの花が沢山咲いていました。

IMGP6355.jpg

こんなに素晴らしい展望を持った山なのに、出会った登山者は10名にも満たない状況でした。
飯豊の展望の良さでは山形の倉手山と双璧だと思います。








  1. 2014/06/01(日) 23:00:08|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (176)
写真 (36)
花 (244)
登山 (316)
音楽 (25)
映画 (78)
猫 (139)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR