東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

白髪山

26日、黒伏高原スノーパーク・ジャングルジャングルのゲレンデトップ水無山から、
水無尾根を辿り白髪山に登ってきました。

IMGP3191.jpg

この日は晴れの予報でしたが、気温の上昇から水蒸気が昇り、遠望は霞のために得られませんでした。

1245m峰直下の急な雪庇の斜面は、雪割れもなく快適に登れました。

IMGP3216.jpg

頂稜に乗り上げると美しい霧氷が出迎えてくれました。
気温の上昇とともにパラパラと氷の結晶が落ちています。

IMGP3229.jpg

山頂直下の粟畑付近から船形山(御所山)と仙台カゴを眺めます。
ここから見る船形山は重厚な山容をしています。

IMGP3271.jpg


広大な雪原になっている山頂は微風が吹き抜けますが、全然寒さを感じずにフリースのままゆっくり休憩できました。

帰路は頂の西端に出て北西側に連なるゴツゴツした山並みを眺めます。

一番目立つのは急峻な山容が素晴らしい柴倉山でした。
冬季にこの山頂に立つのは至難の業でしょうね。

IMGP3260.jpg

1245m峰から北側のブナ林を滑り、柳沢小屋を目指してショートカットルートで下りました。

スキー場に戻ると、午後の光を浴びた黒伏山の岩壁が迫力を増して見えていました。

IMGP3290.jpg

水無尾根を戻れば比較的難しくないコースですが、柳沢小屋経由だとルートファインディングが難しいです。

但し、ゲレンデ内は歩行が禁止されているので、カンジキやスノーシューの場合は柳沢林道経由で下りしかありません。


















スポンサーサイト
  1. 2014/02/28(金) 19:50:40|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安達太良山

24日に急に安達太良山に登ってみたくなり、午前9時前に家を出ました。

現地に着いて登り始めたのが11時近く。

ゴンドラに乗って楽々登山の予定でしたが、今年の冬は諸般の事情によりゴンドラを運休しているそうです。

それなら一番右手のリフトに乗るしかない状況ですが、歩きの登山者用には右奥のリフト一本しか開放していないとか。

そのリフトに乗って標高1160m地点まで上がり、そこから薬師岳まで五葉松平を経て登りました。


冬場は強風の名所として有名な安達太良山ですが、多少の風は吹いていますが、瀑風を知っている身としてはそよ風程度に感じます。

雪質はモナカからクラストバーンに変わり、山頂直下のガレ場は土が露出しています。

スノーシューでは山頂の岩塔に登りにくいのでアイゼンに履き替えて山頂に至りました。

吾妻連峰には雲がかかってしまいましたが、矢筈ヶ森、鉄山、箕輪山と北に続く稜線が一望できます。

IMGP3103.jpg

南側は和尚山と前岳、その右手に薄く郡山市街地が望めました。

IMGP3109.jpg

山頂を後に牛ノ背を目指します。
土が出ている部分と凍った雪面が交互に現れる稜線歩きで、沼ノ平が眼下に見える牛ノ背に着きました。
残念ながら磐梯山の山頂には雲がかかり、飯豊連峰も見えませんでした。
それに吹き上げてくる強風で直ぐに体が冷えてしまいます。

安達太良山1

西側には船底の形に見える船明神山が見えます。

IMGP3132.jpg

矢筈ヶ森の手前から右折して峰の辻に降りました。
稜線の東側に入ると風も収まり長閑な春山を楽しんでいる感じです。

山頂を目指すパーティと尖った安達太良山頂が印象的に見えていました。

安達太良山2

くろがね小屋を経由すると遠回りですし、嫌らしいトラバースがあるので、峰の辻からは勢至平に降りました。

馬車道は適当にトレースを拾って、ヒノキ林の中を近道して下りました。

厳冬期でこんな穏やかな安達太良山は初めての経験です。




















  1. 2014/02/27(木) 19:27:29|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中華料理 芙蓉

石巻の山に登った帰り、矢本町にある『ドライブインまつばら』でみそ鍋定食を食べようと三陸道を降りました。

ところが現地に着いてみるとお店が存在していません。
どうやら津波被害を受けて休業したのかな? と思いネットで調べてみたら、お店は全壊で再建の目途が立っていないそうです。
あの激旨のみそ鍋定食、食べたかったなぁ~(T_T)

仕方なく仙台に戻り、お気に入りの中華料理 芙蓉に立ち寄りました。

場所は南光台四条通りから北側の松森方面に下った右手にあります。

このお店は年中繁盛していて、この日も駐車場はたった1台分しか空きスペースがありませんでした。


この日食べたのは味噌ラーメン(600円)と五目チャーハン(700円)、マスさんはラーメン(500円)です。

DSC02129.jpg


ここの料理は奇をてらうことなく、至ってオーソドックスなお味です。
何度食べても飽きのこない美味しい味なので、何回も入店しているのですよ。

一番人気は芙蓉特製ラーメン(700円)ということなので、次に訪れたときはそのラーメンを注文したいと思います。




  1. 2014/02/25(火) 20:25:47|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

牧山とトヤケ森山

昨日の日曜日は遅めの出発で石巻市の牧山とトヤケ森山に登ってきました。

仙台市以西の山は何処でも大雪の影響でツボ足の登りは厳しいと判断。

そこで太平洋沿岸の比較的積雪が少ない地域を考えたとき、頭に浮かんできたのがこの二つの山でした。

牧山は牧山市民の森として整備された遊歩道があり、完全周回すると8km弱のハイキングが楽しめます。

全体的に樹林に囲まれて景色が開ける場所は限られますが、山頂直下からは渡波地区が眼下に望めました。

IMGP3030.jpg

標高約250mの山頂には零羊崎神社(ひつじさきじんじゃ)があります。

IMGP3033.jpg

但しキャンプ場やフィールドアスレチックが整備された牧山市民の森は震災の影響で閉鎖されていて、現在再整備の工事が行われているようです。


夕暮れせまる頃、地元で『馬っこ山』と呼ばれているトヤケ森山に登ります。

今年の干支の番外編として久しぶりに訪れました。

この山の山頂はパラグライダーのテイクオフ地として有名で、山頂からの展望は360度。

眼下に石巻市街地が一望できます。

IMGP3056.jpg

イオンモールを中心に新たな商圏を作り出している蛇田地区のネオンが輝き始めていました。

IMGP3058.jpg

今回登って初めて気が付きましたが、南側の山頂直下まで舗装道路が登っていました。
それを利用して石巻の夜景を見たら素晴らしいでしょうね。










  1. 2014/02/24(月) 22:33:44|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オオイヌノフグリ

風が冷たい日が続きますが、雪解けした日当たりの良い斜面にオオイヌノフグリが咲きはじめました。

IMGP3008.jpg


この花とタンポポは厳密にいうと何時でも咲いている花なのですが、やはり冬枯れの今の季節に見ると、春が近いことを感じてしまいます。

IMGP2996.jpg

名前はいただけないですが、小さな花なのにアップしてみると非常に綺麗な花だと分かります。

IMGP3011.jpg

ここまで青色が際立った花って珍しいので、私は好きな花の一つとなっていますよ。




  1. 2014/02/23(日) 23:16:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

春の兆し

週末に積もった雪も融けはじめて、屋根の庇から垂れ下がった雪の下にはツララができています。

IMGP2977.jpg

週の半ばに再び雪が降るという予報は外れて、少しずつ春めいた感じになってきました。
日暮れが遅くなっている事もそう感じさせる一因かもしれません。

今の時期は花の便りも聞かれますが、今年の東北の春は積雪が多くて足踏みしている状態です。

撮影できる花と言えばサザンカぐらいなものでしょうか。




それでも漸くロウバイの花が開き始めているのを見つけました。

IMGP2966.jpg

IMGP2965.jpg

今日は午後からケアマネさんと打ち合わせがありました。

今後の父の介護をどうするか、少しのタイムラグを置いて老健施設を利用するのが難しいらしく、新たに在宅でヘルパーさんを頼む必要がでてきます。
合わせて特別養護老人ホームの予約状況を3~4か所確認してもらうことにしました。
グループホームは看護師さんを置いていない施設が多いので、父の場合は入所を断られる場合が多いのです。

でも現状は要介護3の認定なので、優先的に特別養護老人ホームに入所するのは難しいそうです。

3月から本格的に仕事を再始動する予定ですが、いろいろ悩みはつきません。









  1. 2014/02/21(金) 19:16:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

太白山

昨日は冷たい風が吹いていましたが、少しだけ時間があったので近場の太白山に登ってきました。

前の週末に大量に降った雪はそろそろ締ってきた頃と思って山に入りましたが、表面が硬いモナカ雪で、ツボ足で踏み抜くと30cm以上潜ります。

しかし生出森八幡神社からは長靴でギリギリの深さのラッセルになってしまいました。

大雪の後でたった一人だけカンジキ利用で登った方がいるようですが、今回はツボ足で軽く登れると言う予想は見事に外れて、最後のガレた急斜面は足場を踏みしめながらのキツイ登りが続きました。

最後の岩場の上にでる地点では極小の点発生雪崩の跡も確認できます。

頂稜は小さな雪庇もできていて、雪を踏み抜くと股まで沈み込む場所もありました。
こんなハードな太白山は初めてです。

IMGP2949.jpg

山頂もカンジキの踏み跡通りに歩かないと、膝上までのラッセルになってしまう状況でした。

IMGP2951.jpg

ここでカップ麺を食べる予定でしたが、予想を超えて登りに時間がかかってしまったので、写真だけ撮ってすぐに下山しました。

愛宕山と青麻山が見えています。

IMGP2957.jpg

この週末は例え里山でもトレースがない山の場合は、カンジキやスノーシューが必要でしょうね。

車の駐車場所の確保も問題になるので、必ずスコップを荷台に乗せていくべきだと感じました。

(尚、この大雪は関東方面のほうが酷く、何とあの高尾山で110cmの積雪があったそうですよ。)











  1. 2014/02/20(木) 22:58:47|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

愛宕神社

仙台駅より南側にちょっと用事があって行ったついでに太白区向山にある愛宕神社に立ち寄ってきました。

火の神である軻遇土神(かぐつちのかみ)を祀るこの神社は広瀬川を隔てる標高75mの愛宕山の頂上に鎮座します。

IMGP2925.jpg

実はこの神社の境内に春一番に咲くロウバイの木があるのですが、神社の自宅の庭に植えてあるロウバイは咲きはじめ。
境内の斜面に生えている木は蕾でした。

ちょっと当てが外れてしまいましたが、展望台から見る北側の景観は素晴らしいものがあります。

広瀬川を眼下に仙台市街地が一望できるんです。

IMGP2936.jpg

北西側には街並みの彼方に泉ヶ岳も眺められましたよ。

IMGP2928.jpg

ここからの夜景はさぞかし見応えがあるでしょうね。

しかし夜間は駐車場まで車の乗り入れができないらしく、駐車場所の確保が問題になりそうです。









  1. 2014/02/19(水) 23:39:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画 『ラッシュ/プライドと友情』 プラスα

このところ悪天候が続いていますので山に入れず映画三昧でした。

結局3本も観ちゃったのですが、今日はその内の2作品の感想を書きます。

先ず一本目が『ラッシュ/プライドと友情』です。

昔のF1を題材にした実話ですが、個人的にカーレースは大好きなので最近では最も観たかった作品でした。

あらすじ: 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。

このニキ・ラウダの事故は衝撃的に報道され、大火傷を負った痛々しい顔で復帰した時は驚きました。
当時のF1レースは事故による死亡率10%、カーレーサーは世の中で一番危険な職業の人たちだったのです。

しかしその事故の裏にある、性格もドライビングスタイルも正反対なハントとラウダのライバル関係については今回初めて知りました。



下の写真は実際のニキ・ラウダとジェームス・ハントですが、この映画の主役二人とうり二つです。

10598.jpg

ラウダの事故については彼の運転ミスによるものでしょうが、その発端と原因が良く分かります。
実際の事故の映像もありますが、映画では完璧に再現されていました。



この映画はレースシーンのスピード感、高揚感が良く表現されていて、それを見ているだけで引き込まれてしまいました。しかしそれ以上に二人の人間ドラマが作品をより重厚にみせています。

でも最後は非常に拍子抜けの結末でしたね。
実話だからしょうがないですけど、ラウダの究極の決断ゆえに、彼のその後の活躍があったと思います。

でも私が女なら刹那的なジェームス・ハントに魅かれてしまうでしょうね。


==================================================

プラスαの映画は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』です。

前作はDVD借りてきて観ましたが、今回の作品も『アベンジャーズ2』に繋がる作品として、一応押さえておかねば、と思い観賞しました。

あらすじ: アベンジャーズの一員として、ソー(クリス・ヘムズワース)がニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)に助けを求める。

前作品はその世界観がよくつかめず、驚異的なVFX映像だけが心に残った作品でした。
映画を観て一週間で内容を忘れる類の作品とも言えます。

しかし『アベンジャーズ』を最初に映画館で見たら、マイティ・ソーだのロキだの、おまけにキャプテン・アメリカのネタ満載で全くカヤの外に置かれてしまった感があり、今回の作品は仕方なく見たと言うのが本音でした。



主役がまたまたクリス・ヘムズワースですが、彼にとってはこれが当たり役となってしまいましたね。

今回の作品はアクション的には前作を上回る迫力でしたが、どのシーンも既視感があるものばかりで食傷気味でした。

神々の世界アスガルドの造形は『ロード・オブ・ザ・リング』。
敵役の色の白さや強さは『プロメテウス』。
最後の空間移動する戦いは『ジャンパー』。

最後には何やら天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が作った道具が功を奏して、ソーとタックを組んで分からない内に敵を倒してしまいます。

う~~ん・・・凄い映像を観たな、と思っただけで記憶に残らない作品でした。
DVDを借りて観れば充分でしたね。

  1. 2014/02/18(火) 20:22:36|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

らーめん かいじ

昨日の日曜日は父の老健施設に行った後、ラーメンを食べようとお気に入りのお店に行きましたが、雪の影響なのか?臨時休業でした。

そこで宮城県仙台市泉区市名坂にある『ラーメン かいじ』に初めて入店してみました。
ここのお店、車で前を通ると何時も行列ができていて、一度は入ってみようと思っていたのです。

何がお勧めか分かりませんが、私は『かいじのラーメン(850円)』、マスさんは『ラーメン(650円)』を注文しました。

DSC02123.jpg

中太のストレート麺は大盛り、中盛り、並み盛りを選べます。

スープは豚骨醤油でどろっとした、少し天下一品ラーメンを思わせるスープです。

食べ始めた時はとても美味しく感じたのですが、食べ進むうちにスープの濃さが気になってきました。

最初の旨みが最後まで持続しないタイプのラーメンです。

まあ今風の濃厚なお味のラーメンが好きな方なら病みつきになりそうですが、最近はさっぱり系のラーメンが好みなので私の評価は60点程度のラーメンでしたね。









  1. 2014/02/17(月) 23:03:09|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪かきで疲れました(-_-;)

昨日から今日にかけて仙台では28cmの積雪がありました。

IMGP2912.jpg


二週連続の大雪で雪かきした雪を寄せる場所がなく、しかも重い湿雪なので、二日間で計5回のべ6時間もかかっての雪かき作業になってしまいました。

何んでそんなに時間がかかるって?

我が団地は高齢者ばかりですし、我が家の裏の道路が結構長い距離で、ざっと計算すると100坪以上の面積を一人で雪かきせねばならないんですよ(T_T)
(マスさんも少し手伝ってくれましたが・・・湿雪でハード過ぎるのであまり無理もさせられません。)

今日は朝から雪は降りませんでしたが、昨晩積もった雪を片付けると山に行く時間は全くなし。
それ以上に身体が疲れてしまって登山する気力もありません。

今日は結局父親の入所している施設に行って洗濯物を持ってきたり、ついでにラーメンを外食してきただけで一日が終わりました。

===================================================

ところでマスさんがバレンテインデーのチョコレートケーキを作ってくれましたよ。

名前は『ショコラ・ショコラハート』というケーキだそうです。

IMGP2889.jpg

パッシュンフルーツとチョコのムースケーキで、甘いだけじゃなく、少し酸味が効いていて大人の味のケーキでした。


その他に旧正月料理として『豆腐田楽』も作ってくれました。

クルミ味噌をつけて食べますが、専用の豆腐とこんにゃくがあるそうです。

IMGP2917.jpg

IMGP2916.jpg

あまり当地では食べたことのない旧正月のお料理でしたが、豆腐とこんにゃくの新たな味わい方を知った感じです。

================================================

結局この週末もハナちゃんを撫でて遊んであげた二日間になりました(*^_^*)


IMGP2893.jpg

IMGP2904.jpg

山に行かないで一緒に遊べたのでハナちゃんにとっては楽しい二日間だったでしょうね。











  1. 2014/02/16(日) 23:43:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハナちゃんの検診日

今日は回虫駆除の最後の回で、ハナちゃんを動物病院に連れて行きました。

IMGP2878.jpg


最近は食べ過ぎるとお腹を壊すことが多く、あまり腹が丈夫じゃない猫のようです。
ご飯ご飯て鳴かれると思わずあげたくなってしまうんですよね(笑)

体重は2.98kgと3.0kgに届きません。
獣医師に言わせるともうこれ以上大きくならないだろう、との事。

小さいのでちょっと見には子猫のように感じてしまいます。

IMGP2849.jpg

捕獲した直後に健康診断を兼ねて混合ワクチンを接種しましたが、成猫になる前にもう一回だけワクチンを接種したほうが良いそうです。

近いうちにまた病院に連れていかねばなりません。

IMGP2851.jpg

寒くなった途端に炬燵の中に入ってばかりいましたが、このところ寒さに慣れたようで炬燵からでて過ごすことが多くなりました。

IMGP2885.jpg

でも怖がりなので何時も過ごしている部屋から全然出てこないんです。
暮らしている一つの部屋の中が自分の世界だと思っているようです。

玄関に宅配便の人が入ってきただけで、炬燵の中に隠れてしまってでてこないほど怖がりです。

IMGP2644.jpg

しかし今まで爪を立てたり、噛んだりすることは一切なく、爪切りや耳掃除も大人しくさせてくれますよ。

遊び好きで一日2時間近くおもちゃで遊んであけますが、遊び疲れると私の傍に寄り添って寝てしまいます。

IMGP2762.jpg

だけど抱っこされるのだけは嫌いで、抱っこするのは諦めましたよ(笑)








  1. 2014/02/14(金) 20:24:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

週末はまた荒天(T_T)

昨日と今日は晴れて穏やかな天気でしたが、明日の夜から再び南岸低気圧が接近して、先週と同様のまとまった雪になるようです。

日当たりの良いところではユキノシタの葉っぱも見えてきました。

IMGP2866.jpg

しかし地面はほとんど雪で覆われているので、接写できる植物がほとんどありませんね。

写真は常緑のトベラの実です。
この実はねばねばとして糸を引いた赤いタネが中から出てきます。雌雄異株で果実は雌株にできます。
トベラは節分に悪除けのため枝を扉に挟んだところからトビラノキといわれ、それが転じてトベラとなったといわれています。

IMGP2868.jpg

今の時期ですと暖かく日当たりの良い場所にはオオイヌノフグリなどが咲いているのですが、こんなガクアジサイの枯れた花しか被写体が見出せませんね。



こちらは枯れた菊の花です。

IMGP2874.jpg

今年は立春を過ぎてから更に寒さが厳しくなった印象です。

また疲れる雪かきをしなきゃならないと思うと嫌になりますよ。
日陰ではこれ以上雪を積み上げる場所がないんですよね(T_T)



  1. 2014/02/13(木) 19:14:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高ツムジ山

昨日は全く登山対象になっていない山に登ってきました。

高ツムジ山と聞いて何処の山か分かったら余程のマイナー山好きな方でしょうね(笑)

正に私がそのつむじ曲がりな登山者とも言えます。

この山の場所は南陽市街地の南東で、ハンググライダーのフライトエリアで有名な南陽スカイパークの中核を占めています。

山の途中に十分一山があり、そこから更に林道を登っていくと高ツムジ山に至ります。

登山対象ではないと言う意味は、歩いて登れる登山道がなく、車で山頂まで登れてしまうからなのです。

しかし冬場の林道は除雪されていないので、スノーシューで登る山として面白いであろうと想像していました。

詳しい登山記録は本家ブログに記しますが、ハンググライダーのテイクオフ地になっている山頂は360度の大展望で、とても標高が700mに満たない山と思えない素晴らしさでした。

南側には置賜盆地が凄い高度感で一望できます。

IMGP2822.jpg

但し十分一山まではハンググライダーのフライト目的でスノーモービルが麓から山頂まで何往復も行き来していますが、そこから高ツムジ山までは結構なラッセルを強いられました。

十分一山まで登っても南陽市街地の素晴らしい展望が得られますので、興味がある方は出かけてみてくださいね。

IMGP2837.jpg

今回は飯豊、朝日、吾妻、蔵王の各連峰には雪雲がかかっていましたが、残雪期の視界がクリアな時に登れば、時を忘れてしまうほどの大展望が待っていると思いますよ。















  1. 2014/02/12(水) 19:15:33|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

盃山

8日・土曜日は仙台では78年ぶりと言われる大雪が降りましたが、この日の夕方から山形駅前で山仲間との新年会がありました。

折角、公共交通機関を利用して行くからには近隣の小さな山を歩いてから行こうと思い、以前登ったことのある盃山を選びました。

しかし今回は私の他は参加者なしで、気楽な一人旅となりました。

詳しくは本家ブログに後日アップしますが、午後から降り出した雪で、気分は風雪流れ旅のような感じです。

でも県庁の北側にある里山ゆえに、毎日登る方が多いらしく、私が登っている最中に傘をさして登っている三名の地元の方に会いましたよ。

山頂からは馬ヶ崎川を挟んで対峙する千歳山がぼんやり見えていました。

DSC02057.jpg

双月橋に下る途中に展望台があり、そこから山形の市街地が雪の中に見えていました。

DSC02065.jpg

麓から眺めた盃山です。

DSC02071.jpg

この後はあちこち立ち寄りながら歩いて山形駅前に向かいましたよ。












  1. 2014/02/10(月) 19:37:33|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立石

丸森町羽入地区に町の天然記念物となっている立石と呼ばれる巨岩があります。

役場から筆甫街道を南進すると東側の低い山並みの中ににょきっと大地から生えているように見えます。

あまり一般的には知られていませんが、その高さは12.5m、周囲25mもある巨大な花崗岩です。

IMGP2741.jpg

上の写真ではその大きさが分かりませんので、私が前に立ってみました。

DSC02020.jpg

この巨岩のまわりから、過去に弥生式土器片や土師器片が出土したそうです。
円筒形のかたちから巨大な男根ともいわれ、信仰の対象として崇められていたと想像できます。

岩の周りを歩いてみますが、この巨岩に登るのはいかなるクライマーを持ってしても無理なようです。
ほとんど凹凸やクラックのない、つるっとした岩肌なのですよ。
ボルト連打では登れるでしょうが、町の天然記念物なので許される行為ではありません。

IMGP2742.jpg

今回再訪して驚いたのは岩を取り囲む一帯が全て皆伐されてしまった事です。

それと引き換えに展望はすこぶる良くなりましたが、里山の長閑な雰囲気が失われてしまったのは残念でした。

南側にはフリークライミングのメッカ:岩岳が見えていましたよ。

IMGP2745.jpg

今回は急ぎ旅でしたが、時間があれば斉理屋敷を見学すればより充実した一日となったことでしょう。





  1. 2014/02/08(土) 09:42:25|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

不動滝と地蔵滝

連日の真冬日が続いていて今が一番寒い季節なのでしょうね。

そんな中、丸森町青葉の奥にある不動滝と地蔵滝を見に行きました。

前回見たときは地蔵滝は氷柱ができて素晴らしい景観を見せてくれましたが、不動滝は雪が被って岩場のようにしか見えずがっかりした思い出が残っています。

駐車場から不動滝への道は雪が一部凍って谷への滑落の危険性が高い場所です。
長靴を履いた老夫婦が滝までたどり着かずに戻ってきました。
途中でスライドした登山靴を履いた男性は、アイゼンを持ってくればよかったと怖々歩いていました。

駐車場から約300m歩いたところに不動滝がかかっています。
前回見られなかった氷瀑がばっちり見えました♪

IMGP2702.jpg

写真では滝のスケールが分かりにくいですが、2段になっていて高さ10mぐらいはありそうです。

IMGP2704.jpg

この滝でアイスクライミングをしている方もいるようですが、先週の気温の高さで氷の表面はかなり薄い印象でした。
氷の中を流れている水流が見えています。

IMGP2709.jpg

でもこれだけの氷瀑が車道から少し入ったところで見られるところは滅多にありませんね。

IMGP2710.jpg

駐車場まで戻り、車道を200m程度登ったところの右手にある地蔵滝を見に行きました。

しかし今年は氷柱が全くできていません。
オーバーハングしたところに少しだけツララがあるだけでした。

IMGP2713.jpg

ハングした岩洞の中も凍っておらず、ツララから滴り落ちる水の音だけが響いているのみでした。

IMGP2722.jpg

どうも時期的に少しだけ早かったようです。
勇壮な氷瀑の姿を見るなら2月中旬以降がベストかもしれませんね。






  1. 2014/02/07(金) 18:10:48|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

堂庭山

2月2日は約20年ぶりに仙台市北部の堂庭山に登ってきました。

この山の山頂近くには10世紀中頃に建てられたと言われる宝塔跡が見つかっていますが、その寺院の詳しい記述が一切なく、謎を秘めた里山です。

平頂で目立たない山なので一般的には登山の対象とはなっていません。

しかし麓の堂所地区は仙台市内とは思えない、山間の隠れ里のような雰囲気を醸し出しています。

その堂所から眺めた堂庭山です。

IMGP2628.jpg

日本昔話の世界に入ったような風景ですね。

目を北西側に転じると七ツ森の最高峰:笹倉山が見えていました。

IMGP2624.jpg

帰り道は宮床ダム方面に抜けましたが、にわか雨が降ってきて晴れた空に虹がかかっていました。

IMGP2633.jpg

ゆったりと時が流れているような山でしたよ。





  1. 2014/02/05(水) 19:00:09|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オシドリ

森林公園の池にカルガモが来ている記事は書きましたが、毎度一緒に群れている一羽のオシドリの写真は撮れませんでした。

そこで再度日曜日に行ってみるといましたいました・・・・・

派手な羽毛なので直ぐに見つけることができます。

IMGP2587.jpg

このオシドリを見るのは今年で3年目です。

ずっとずっと違う種類の鳥の群れの中にいるのですね。

オシドリ夫婦の呼び名通り、オシドリは夫婦つがいでいるものと思っていましたが、このオシドリは一生独身で通すようです。

と言うか別なオシドリの群れに行動範囲的に出会えないんだと思います。

IMGP2586.jpg

でもこいつは自分のことをカルガモだと思っているのでしょうね。


==================================================


明日4日は父が老健施設に入所する日です。

しかし病院に診察に行く日は退所しなければならないので、今回は実質40日強だけ預かってもらうしかありません。

前にも書きましたが、最近はおしっこを無意識に漏らしてしまい、自分で自力でおしっこする時にリハビリパンツと尿漏れパットを上手く装着できないことも手伝って、多いときで一日3回も下着とパジャマを汚してしまいます。

夜間に全て小便に同行するのでは私の身体が持たないので、朝になると結構な量の洗濯物が出てしまいます。

IMGP2517.jpg

毎日が介護地獄のような日々でしたが、明日の夜からぐっすりと眠れそうです。






  1. 2014/02/03(月) 22:29:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

不忘山

昨日の土曜日は思いがけず穏やかな晴天の朝だったので、蔵王連峰の不忘山に登ってきました。

IMGP2521.jpg

父の汚したパジャマや下着を洗濯してから家を出たので白石スキー場のセンターハウスのスタートは午前11時を過ぎていました。

山頂が見える雪原にでると先行している大人数のパーティが2組も見えています。

IMGP2529.jpg

上部はクラストしていて、おまけに強風で時折耐風姿勢をとる場面もありました。

IMGP2553.jpg

毎度同じアングルからの写真となりますが、登りの途中から眺めた南屏風岳の姿は素晴らしいです。

IMGP2554.jpg

父の送迎が午後5時なので下山後に何処に立ち寄ることもなく、自宅に直帰しました。

不忘山は短時間で雪山の楽しさが味わえるいい山ですね。









  1. 2014/02/02(日) 18:14:51|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (172)
写真 (33)
花 (234)
登山 (305)
音楽 (24)
映画 (74)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (39)
グルメ (116)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (46)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (10)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR