東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

登山の暑さ対策

かつて経験したことがないような猛暑が続いています。

連日、熱中症になって病院に搬送されたとか、お亡くなりになられたと言うニュースで持ち切りです。

日本は地球温暖化で熱帯になってしまった感じがします。
湿度も高いので不快指数は半端じゃないですね。

流石に私も、34度の気温で屋根の上で作業していた時は、やばいと思いました。
帰宅後に数時間は汗が流れっぱなしで、足裏は低温火傷になり、痛くて床を歩くのが大変でした。
普段から屋外で仕事する私でも限界の暑さなので、エアコンがついた部屋にずっといる方にとっては、考えられない暑さに感じると思います。

熱中症対策についてはTVや新聞などで盛んに報道していますので、私から云々言うのは差し控えますけど、今まで登山中に感じた暑さ対策についてちょっと触れます。

記事には関係ありませんが、一切経山の写真を一枚。

2018072001.jpg

長年登山を続けていると、山中で熱中症になり動けなくなっている方を何度も見ました。
その方々に共通するのは、猛暑の時期、遅い時間帯に登り始めた事です。

山小屋泊まりだから、午後3時ぐらいまで小屋に入ればいい、と考え、早起きが嫌で家を遅くでるのでしょう。
これが大間違いで、お昼過ぎのカンカン照りの暑さの中で、大汗かきながら登ってきます。
樹林帯を抜け灌木帯に出ると、直射日光をもろに受けますので、今まで消耗した体力が一気に奪われ、水も飲みほした状態で登る方が多い感じです。

朝日の日暮沢から竜門山間のユウフン山付近で、熱中症で消耗し、行動がままならない登山者を今まで二度見ています。
二度とも予備に持っていたペットボトルのお茶を、消耗した登山者に差し上げました。
その後、遭難したと言う報道がないので、水場のある竜門小屋まで辿り着けたのでしょう。

飯豊の大日杉コースでも似たようなケースを見ています。

最近登った燧ケ岳の長英新道も、昼過ぎに這う這うの体で登ってきた年配の登山者に会いました。

結論は小屋泊まりでも、夏場は早出が基本と言う事です。
夜明けとともに登れば、涼しい内に稜線近くまで登れますので、体力的に余裕を持って行動できます。
小屋に早く着いたら昼寝をすればいいんです。



もう一つ重要なのが、熱中症対策の水分補給に冷たい飲み物は逆効果という点です。
よく山でキンキンに凍らせ、融けた冷たい飲み物を飲んでいる方がいますが、それは厳禁です。

内臓は体温の37℃前後で十分な機能を発揮できるようにできているため、0℃近いような冷たい飲み物が多量に入ってくると、胃が冷やされ、消化管の運動が妨げられてしまいます。
胃や腸へのダメージが多く、胃腸を壊してしまい下痢などの不調をきたすことがあり、脱水を助長ことがあります。

したがって脱水予防や熱中症対策を考えれば水筒には常温の飲み物がいいのです。
冷たい飲み物は下山してからガブガブ飲みましょう。


また山頂でビールを飲んでいる方が多いですが、これも駄目です。
ビールなどアルコール類は利尿効果があり、一例で言いますとビール1リットル飲むと、1.1リットルの水分が体内から出されてしまうそうです。

人は身体を動かしていない状態でも、一日1.5リットルの水を飲む事が必要です。(食品に含まれる水分は除いて。)
私は過去に二度、尿管結石を患っていますが、今後再発しないようにするのは水分を沢山接種することと言われました。
「ビールはいいですか?」と医師に聞いたら、「逆に利尿作用があり過ぎて水分が失われるので駄目!」と一刀両断。

失われた塩分補給はサラミを食べて補給しています。
本来は経口保水液が一番らしいですが、スポーツ飲料を含めて後味が嫌いなので、私には向きません。

それにもう一つ。
ここまで暑さが続くと、標高1500m以下の標高の山は避けるようにしています。
水場と樹林帯の日陰が多い山は多少楽ですが、神室連峰など日差しが当たる標高の低い稜線歩きは苦行の一語です。
登山の計画を立てる場合、標高が高い山に絞った方がいいでしょう。

ところで私の担当する山と高原地図のエリアは、標高が低いので、この暑さでは調査に行けません。
まだかなりな調査ルートを残しているのですが、暑さが少し和らいだ時を狙って行こうと考えています。


スポンサーサイト
  1. 2018/07/20(金) 22:31:42|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一切経山

連休は遠出すると渋滞に巻き込まれる可能性が高いので、近場の吾妻連峰・一切経山に行ってきました。

しかし一般ルートじゃ人を見に行く感じなので、バリエーションルートのラクダ山経由で東稜を登りました。

吾妻スカイラインの脇にある小さな池からラクダ山を見上げます。

2018071501.jpg

詳しい記録は本家ブログにアップしますが、ガレ場が連続する上級者向けのルートでした。
こんな左側が切れたヤセ尾根も通過します。

2018071502.jpg

穏やかな吾妻連峰にあって異色の登山路ですね。

2018071503.jpg

頂稜に着いて吾妻小富士を見下ろします。
一般ルートからは見えない新鮮なアングルでした。

2018071504.jpg

晴れていると吾妻の瞳はよりコバルトブルーが濃く見えます。

2018071505.jpg

帰りは鎌沼経由、姥神様を見て兎平に戻りました。

2018071506.jpg

明日は午後から雷雨も予想されるので、買い物に行く予定です。
暑いからゆっくり骨休みしますよ。






  1. 2018/07/15(日) 20:53:40|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

熊野岳

蔵王のコマクサが気になって一人で午後から熊野岳を歩いてきました。

ライブカメラを見ると朝方はレンズに水滴がかかっていたので、これは雨だな、と思っていましたが、午前10時過ぎごろから雨が止んだみたいなので、慌てて家を飛び出しました。

しかし刈田リフトの駐車場にお昼過ぎに着くと、一気にガスが上がってきてがっかり。
時折ガスが少し飛ぶのですが、景色より花を見るのが中心で歩きました。

写真はいろいろ順番が滅茶苦茶にアップしていますけど、午後3時過ぎの熊野岳山頂では滝雲がかかる雁戸山が見えました。

2018070801.jpg

熊野十字路から自然園方面に下るとコマクサの群生地です。
ロープが張られているため、あまり接写ができません。

2018070802.jpg

火山活動が少し活発な時は想定火口域には進入が禁止になっていましたが、現在はそんな標識は取り払われていました。
少しロバの耳尾根を下って、御釜北の地震計の設置された付近からロバの耳と後烏帽子岳を望みます。

2018070803.jpg

アオノツガザクラの群落が見られ良かったです。

2018070804.jpg

帰路、御田ノ神湿原に立ち寄りました。
ハクサンシャクナゲは満開。
コバイケイソウとワタスゲは終盤。
キンコウカが咲き始めていました。



  1. 2018/07/08(日) 21:00:03|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

燧ヶ岳

金曜日から4日連続で真夏のような暑さが続いています。
こんな猛暑の最中に屋根の上に上がって仕事をしているので、かなりバテバテで、雑記帳ブログの更新もやる気力がない状態でした。

でも仕事より山を歩いていた方が余程楽なので、昨日は避暑をかねて尾瀬の燧ヶ岳に日帰りで登ってきました。

しかし前日の夜にこの日が山開きなのを知りました。
混雑する山は苦手なんですが、晴れのエリアは福島県以南のようなので、変更せずに長躯車を走らせました。

詳しくは本家ブログにアップしますが、本ブログでは数枚の写真だけアップしておきます。

御池登山口から登り、熊沢田代から燧ヶ岳を見上げます。
この日はワタスゲが見ごろを迎えていました。

2018070201.jpg

熊沢田代の池塘越しに平ヶ岳、中ノ岳、越後駒ヶ岳、そして荒沢岳を望みます。

2018070202.jpg

流石に山開きの日なので山頂はごった返していました。
もう少し早く山頂に着いていたら富士山も見えていたそうです。

2018070203.jpg

前夜にこの山域は雷雨だったようで、午前中の早い時間から雲が湧き上がっていました。

ミノブチ岳から尾瀬沼を見下ろします。

2018070204.jpg

尾瀬沼湖畔の長蔵小屋に立ち寄り休憩。
大江湿原を突っ切り沼山峠に向かいます。

大江湿原もワタスゲが見ごろでした。


2018070205.jpg

山を歩いているより車を運転している方が長い一日でした。

  1. 2018/07/02(月) 21:14:23|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しいトレッキングシューズ

2年前に購入したsalomonのトレッキングシューズの防水性がほとんど無くなってしまい、靴底もかなりすり減ったので、
同じsalomonのエバージョン ミッド ゴアテックスと言うシューズをネットで購入しました。

2018062601.jpg

salomon製のトレッキングシューズの一番の利点は軽さです。
そして足首の部分の作りが比較的柔らかいために、歩行が自然にできます。

ただし、軽さ故にゴアテックスの防水性は2年の使用で限界のようです。
しかし私の山歩きの歩行距離とハードな登山道を歩く事を考えると、2年持てば充分のように感じます。

価格も定価の40%オフ+10%割引のクーポン付で10,498円でした。



  1. 2018/06/26(火) 21:27:11|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

薬師岳

昨日24日は早池峰山と薬師岳に登ってきました。

今回も登山道調査の一貫です。
2週間前に北側から早池峰山に登ったばかりですので、同じ月に二度登ることになりました。

最初に薬師岳に登ります。
この日は強風が吹いていて、山の南東上空に大きなレンズ雲が出ていました。
そのため早池峰山になかなか陽の光が当たりません。

少し光が差し込んだ時に河原の坊コースを写しました。
右上が山頂で、右斜めに伸びる尾根が河原の坊コースです。
上部から崖崩れが発生した様子が良く分ります。
登山道は大きく抉れ、復旧の見通しは全く立たないようです。

2018062501.jpg

薬師岳山頂まで登ると、陽の光がようやく当たった早池峰山の全貌が見えます。
ここから見る山容は圧巻です。

2018062502.jpg

小田越に戻り、次に早池峰山を往復しました。
風が強すぎて花の写真はほとんど撮れない状態でした。

2018062503.jpg

この日も多くの登山者が登っていたようです。

詳細は後日アップしますね。


  1. 2018/06/25(月) 19:51:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界谷地

今日は世界谷地から湯浜温泉まで歩いてきました。

今朝の河北新報にも掲載されていた通り、世界谷地のニッコウキスゲが見ごろを迎えていました。

2018062301.jpg

途中、千年クロベにも立ち寄りました。
以前は手前のクロベを千年クロベと誤認した経緯がありますが、今回は道がよりはっきりしていて自然に千年クロベに行きつきました。

2018062302.jpg

山頂を目指す登山ではなく、古道歩きもたまには楽しいものです。



  1. 2018/06/23(土) 21:06:28|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

前神室山

今日は仕事の段取りの関係から本業に休みが取れました。

登山道調査の仕事を出来るだけ前倒しでやっつけたいので、
前神室山から水晶森のロングコースを単独で歩きました。

天気が多少悪くても、ほとんど樹林帯の歩きですし、必要な写真は撮りためていましたから切羽詰まって写真を撮る必要もなかったです。

それでも八幡神のピークに出ると鳥海山が雲海の上に浮かんでいて、その勇姿を見せてくれました。

2018061502.jpg

本州南岸に梅雨前線、北に冷たいオホーツク高気圧が張り出していると、太平洋側はヤマセが襲来して霧雨の状態になります。
今日も標高の低い神室連峰の主稜線を滝雲が乗り越えて姿を隠していました。

2018061501.jpg

詳しい記録は後日、本家ブログにアップします。



  1. 2018/06/15(金) 22:34:13|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼石岳

秋田・岩手県境のすずこやの森コースが未調査区間だったので、ついでに中沼登山口から山頂を経てすずこやの森登山口まで、全長21kmの焼石連峰横断の山歩きをしてきました。

中沼コースは中沼のいい写真が無かったので、それを撮るのが目的でした。
本当は朝の鏡のような湖面を撮りたかったのですが、くまぷーさんが水中に入って波紋を作ってしまう失態を犯してしまい、少し待っても波紋が消えませんでした。

2018060401.jpg

この日は山開きでしたが、ツブ沼で神事のみ行ったらしく、集団登山がなかったため、意外に山は混雑しませんでした。
姥石平のお花畑もゆっくり鑑賞できました。

2018060402.jpg

山頂から東成瀬コースへ下ります。
途中で残雪期しか入れない秘密の花園に立ち寄りました。
リュウキンカとミズバショウの花園です。

2018060403.jpg

三合目登山口の上から約3km歩いてすずこやの森登山口へ着きました。

焼石岳の良いところを全て網羅したような山旅でした。



  1. 2018/06/04(月) 22:03:16|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

権現山の大カツラ

今日は山と高原地図の登山道調査で銚子登山口から禿岳を往復してきました。

その詳しいレポは本家ブログにアップします。

下山後、権現山の東斜面の沢の源頭部にある権現山の大カツラを見てきました。
この大カツラ、樹齢は1000年を超えていると言われ、幹周は20m、高さは40mとも言われる巨木です。

2018060201.jpg

カツラでは日本一の巨樹で、日本の巨樹全体でも第6位の太さとか。

株立ちではなく、2本の巨大なコブだらけの主幹を持ち、神の存在をも感じさせる勇姿でした。

中心部は複雑な空洞になっていて、上部を仰ぎ見ると異空間に中に入った感じがしました。

2018060202.jpg

写真ではその巨大さが表現しきれなく、実際に現場で見ると驚きます。

但し、登山道の下部で土石流により道が消失していて、立入禁止になっていました。
自己責任で歩いてきましたが、道はかなり荒れていて登山の初心者では無理な行程です。



  1. 2018/06/02(土) 20:03:03|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

調査予定日数

昭文社に本年度の登山道調査計画を送りました。

今年一杯で山と高原地図の栗駒・早池峰エリアの全ての登山道&遊歩道を踏査しなかればならないし、メインルートじゃない飛び地のコースが多々あり、なかなか骨の折れる仕事です。

2018052901.jpg

ネット上で山と高原地図は毎年訂正箇所もなく、過去に発行された地図を一冊持っていれば事足りると暴言をはく御仁もいますが、毎年地道に歩いて、訂正すべき箇所を改訂して発行しているのですよ。

ところで、今年の調査日数は9月末まで15日必要と出ました。

実際に調査するのは6月から9月末までのたった4ヶ月間。
月平均3~4回入山しないと消化できません。

6月10日と17日の日曜日はサクランボ収穫作業を手伝わねばなりませんので、晴れた日を狙うとすると、土曜日も入山しなければほとんど不可能な日数です。

と言う訳で、本業を差し置いて土曜日も山に出勤しなければならないようです。

考えてみると遊びで山に行っている訳ではないので、夏場は無休状態が続くのです。





  1. 2018/05/29(火) 20:32:47|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

揃い踏み

昨日は神室連峰の八森山から杢蔵山を歩いてきました。

朝方は少し雲がかかっていましたが、登り始めた頃から一気に晴れ渡りました。

詳しい記録は本家ブログに記しますが、鳥海山と月山の山形を代表する二つの山がそろい踏みで、その勇姿を見せてくれました。

2018052101.jpg

2018052102.jpg

最後に登った杢蔵山から八森山を眺めます。

2018052103.jpg

神室連峰南部の山を満喫できた山旅でした。

  1. 2018/05/21(月) 19:43:26|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田束山

河北新報で田束山のツツジが満開だと知り、4年ぶりに行者の道から田束山に登ってきました。

この山は環境省のみちのく潮風トレイルのコースにも選定され、登山道は良く整備されていました。

沢沿いの道を登っていくと穴滝に着きます。
マスさんが濡れることを厭わずに穴の中に入って行きました。

2018051401.jpg

山頂付近は車で登ってきた観光客がたくさんいました。
ツツジは少し色あせ初めていましたが、それでも真っ赤な色合いの花畑に出会えました。

2018051402.jpg

海は霧がかかって余り見えず、天候がどんどん悪化していきましたので、二山目に行こうと思っていた徳仙丈山は諦めました。



  1. 2018/05/14(月) 01:00:00|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

藤倉山

今日は庄内の光逸さん、次郎長さんに誘われて鶴岡市三瀬の藤倉山の開山式に行ってきました。

集合場所の水無神社近くから見た藤倉山
頭だけでています。

2018050601.jpg

次郎長さんから現地に着いたときに、「SONEさんにも開山式の玉ぐし奉奠していただくから。」と突然の申し出を受けびっくり。
やまがた百名山に関わった関係から、来賓の一人になっていたようです。
しかし光栄なことです。

2018050602.jpg

今回の開山式は過去最高の参加者があったとか。
正式名人数は知りませんけど、およそ40名が登山を行いました。

山頂近くの見晴台で昼食。
お昼ごろから急激に曇ってしまい、鳥海山も薄く霞んで見えています。

2018050603.jpg

混雑する山は苦手なので、今まで山開きの登山は敬遠していました。
しかし地元の方々のこの山への愛情が良く伝わった山行となりました。

詳しくは後日、本家ブログにアップします。


  1. 2018/05/06(日) 23:44:13|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月山スキー場界隈

今日はMt.Raccoさん達と鳥海山にバックカントリーに行く予定でしたが、朝方集合すると雷雨がようやく収まったばかり。
湯ノ台コースに河岸を変えていきますが、ガスガスでとても入山する気がしません。

午後から晴れる予報でしたが、鳥海ブルーラインの通行規制解除まで待っておれず、月山スキー場に転戦しました。

まあ姥沢からブナ林を周海沼経由でネイチャーセンターまで一回。

2018050501.jpg

二回目は強風で運行中止だったリフトが運行を開始したので、リフト上駅から石跳川経由でネイチャーセンターまで滑りました。
上部のオープンバーンは湿った新雪が少し積もっていてストップ雪になっていました。

離森山をバックに滑るMt.Raccoさん。

2018050502.jpg

最大斜度35度ぐらいの急斜面に入る手前から見た湯殿山

2018050503.jpg

まあ紆余曲折ありましたが、何処の山頂も踏めなかったけど、結構滑れて満足できました。
雪解けが更に進んでいるため、今年の山スキーはこれで終わりでしょうね。


  1. 2018/05/05(土) 22:57:54|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スキーの滑りが悪い

30日に湯殿山から南東尾根を滑り、ブナの原生林に入ると急にスキーの滑りが悪くなりました。

大分前にも同様の事があり、下山後にスキー板の滑走面を見てみると黒く汚れています。

中国から飛来するPM2.5、や黄砂が原因と言われた事もありますが、どうも違う感じがします。
今年はブナの芽吹きが例年より異常に早いので、ブナから何かしらの物質が雪面に落ちているのかもしれません。

緩斜面での滑りが非常に悪く、カワクルミ沼からほぼ平坦なルートの歩きは、スキー板が滑らない事が逆に幸いして、シールなしでもスイスイ歩いて移動できました。

帰宅後にスキー板の滑走面を再び掃除してみたら、御覧の通り黒く汚れていました。

2018050201.jpg

まあ、今シーズンの山スキーはGWの5日で板終いするつもりですので、問題なしですが、それ以降も山滑りをする方にとっては深刻な問題でしょうね。



  1. 2018/05/02(水) 22:13:10|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

湯殿山

今日は久しぶりに湯殿山に登ってきました。
昨日は岩手県の山に遠征したので、疲れない雪山歩きがしたかったのです。

本日一番のサプライズは見事な環水平アークに久しぶりに出会えたことでした。

2018043001.jpg

帰りはカワクルミ沼に立ち寄りました。

2018043002.jpg

水沢温泉でみどぽんさんにも会えて有意義な一日でした。



  1. 2018/04/30(月) 22:13:35|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

暑かった(>_<)

今日は吾妻連峰の浄土平周辺を歩いてきました。

吾妻小富士の雪うさぎの雪形が見ごろを迎えていました。

2018042101.jpg

帰りの福島市内。
午後4時44分の車外温度が30度。
山の上も暑かったです。

2018042102.jpg

暑い割に展望が利き、磐梯山の後方に燧ケ岳、会津駒ヶ岳、平ヶ岳、中岳、越後駒ヶ岳まで薄く見えていました。

2018042103.jpg

一緒に登ったメンバーにも教えたのですが、同定できたどうかは分かりません。
カシバードで撮影してみましたので、上の写真と照らし合わせてください。

2018042104.jpg

充実した一日でした。
詳しい記録は本家ブログに後日アップします。

  1. 2018/04/21(土) 21:43:59|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

花見山

この週末は庄内地方の高館山に大パーティで歩く予定でしたが、天候がイマイチのために中止。
有志を誘って十万劫山から花見山を変則周回してきました。

詳しくは本家ブログに記しますが、写真数点を紹介します。

朝早い茶屋沼の風景。
日差しが少しだけ差し込み、沼畔に映る桜が幻想的でした。

2018040801.jpg

十万劫山へ時計回りで登り、しのぶの細道を下って花見山へ。
花見山ではトウカイザクラが終わって、花の色合いが少ない感じでした。
でも場所によってはこんな綺麗な風景が見られました。

2018040802.jpg

お昼ごろにようやく吾妻連峰が姿を現しました。
この山が見えるのと見えないのとでは、満足度が全然違ってきます。

2018040803.jpg

花冷えといった感じの一日で、高い山では雪が降ったようです。


  1. 2018/04/08(日) 18:32:40|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

城山と北山

昨日は仕事で山形に用事があり、打ち合わせが終わってから、やまがた百名山で歩いていなかった城山(長谷堂城跡)と、村山市大久保にある北山を散策してきました。

城山は天地人、直江兼続が攻め落とせなかった要害で、戦国の世に思いをはせながら散策できました。

2018040401.jpg

北山ははっきり言って桜を植栽した公園です。
百名山選定についてはいろいろ異論もあるとは思いますが、山頂からの展望は素晴らしく、地域の方々に大切にされている丘、と言った感じを持ちました。

2018040402.jpg

北山では風雨が激しく、ゆっくり出来なかったのが残念です。

  1. 2018/04/05(木) 21:34:59|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (215)
写真 (50)
花 (295)
登山 (400)
音楽 (29)
映画 (106)
猫 (164)
鳥 (18)
本 (8)
観光 (46)
グルメ (149)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (51)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (6)
その他 (14)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR