FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

何で今頃???

ここ3日間、庭木の選定作業をしています。

3年間、剪定をほとんどやっていなかったために、庭木が伸び放題で、凄い本数の木があるため、まともに造園業者に頼んだら30~40万円はかかってしまうでしょう。

年が押し迫ると、市のゴミ処理施設が非常に混むので、本業を少し休んでも剪定作業を進める必要があるんです。

剪定と書いていますが、本日伐ったのは高さ10m以上あるイチョウの木で、上部4m分を切り倒しました。
ハシゴと立てて固定してから、ハーネスを腰につけて、自己確保して作業に当たっています。

まだ高さ7m以上のクロマツ4本の剪定、高さ8m越えのモミの木、そして高さ7m以上の柿の木の枝切りが残っています。
その他に雑草の刈払いと落ち葉のかき集めもあるので、来週一杯はかかると思います。

ところで庭の一隅にタカサゴユリが一輪咲いていました。
秋に咲くユリが霜の降りる師走の時期に咲いているとは驚きました。

2018113001.jpg

もう虫も飛んでいない季節ですが・・・









スポンサーサイト
  1. 2018/11/30(金) 21:48:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

今年の花・最終章

今日から急に寒くなってきました。
来週は最低気温が5度以下まで下がるそうです。

日の入りは午後4時20分ごろになり、午後3時ぐらいから夕方の感じになっています。

庭の花は菊以外はほとんど枯れてしまい、木の葉も散りはじめて冬間近と感じます。

本日は朝の光が差し込んでいる時に菊の花を撮影しました。

2018111501.jpg

2018111502.jpg

2018111503.jpg

ほとんど小菊ばかりですが、色とりどりでなかなか綺麗です。

2018111504.jpg

2018111505.jpg

2018111506.jpg

花がない木枯らしの季節は寂しくなりますね。


  1. 2018/11/15(木) 23:36:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

レンゲショウマ

少し前の話ですが、仕事をサボって某山にレンゲショウマを見に行きました。

今年は猛暑のためか、あまり蚊に集られず鑑賞できました。

2018082801.jpg

毎度のことですが、暗い林の中で、下を向いた花びらを上手く撮影するのは難しいです。

2018082802.jpg

東北のレンゲショウマは昨年、群馬の榛名山で見たものより色が白い感じです。

2018082803.jpg

暑かった夏も足早に終わろうとしています。
来年また会えることを楽しみに待ちましょう。

2018082804.jpg

今年はキツネノカミソリを見に行けなくて残念でした。


  1. 2018/08/28(火) 20:44:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

秋の気配

今日も蒸し暑い一日でした。
例年はお盆を過ぎると涼しく感じるものですが、今年は未だに暑いです。

庭のタカサゴユリが一斉に咲き始めました。
この花も咲く場所が毎年移動しています。

2018081501.jpg

今日気がつきましたが、ヒヨドリバナが自然に生えて花を咲かせていました。

2018081502.jpg

そんな夏の花に混じって、ハギの花が咲き始めています。
夜になると虫の音も聞こえるようになりました。

2018081503.jpg

暑い暑いとばかり思っていましたが、季節は秋に向かって着実に動いているようです。

ところでこのお盆休みはヤマケイのガイド記事の校正、山の本の著者校、そして新規にヤマケイのガイド記事を書く仕事を家で行っています。
暑いし、午後から雷雨になる日が続いているので、エアコンつけた室内での仕事に合っています。
しかし雷が発生した時はパソコンの電源を切って待機しておりますので、あまり仕事が捗りません。

まあ焦ることなく、ゆっくり執筆作業を続けていきますよ。




  1. 2018/08/15(水) 21:26:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コオニユリ

あまりに暑い日が続くので、家に閉じこもり、エアコンの効いた部屋でガイド文の執筆を行っていました。

買い物で家を空ける時間は多少ありますが、カメラは全然持ち出さず、故にブログの更新ができなかったです。

今日は庭に出てコオニユリを写しました。

2018080301.jpg

今年は昨年より生えてくる株数と、花の量が増えている印象です。
マスさんに聞くと、数年前に種を蒔いたそうで、ようやく花を咲かせてくれたと喜んでいました。

2018080302.jpg

ほとんど雨が降らないので、山形では雨乞いの儀式を行ったとニュースで報道していました。

夕方、花壇に水を撒いてみましたが、ほんのお湿り程度の効果しかないでしょうね。

明日は深夜に家を出て、ロングコースを歩いてきます。
帰宅は遅くなりそうです。

  1. 2018/08/03(金) 20:55:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

何故かコスモス

しばらくかかっていた仕事が本日終了。
6月下旬からの暑さで、心身共に疲れました。

この後もしばらくの間、この猛暑は続くようで、本業を少し休んで、屋外のエアコンの効いた部屋で行える執筆の仕事に当たるつもりです。原稿の納期が9月末なので、今からスパートしないと間に合いそうもありません。

それにしてもこの暑さ、どうにもなりませんね。
山と高原地図における私の調査山域は標高が低い山が多く、しかも未調査ルートは水場のない、かなりマニアックなところばかり残ってしまいました。
この暑さの中で無理に歩くと、身体にかなりな負担がかかってしまうため、気温と天気と相談しながら、少しづつ消化しい行こうと考えています。

そんな訳で、暑さ本番の時期は調査は忘れて、標高の高い涼しい山に行くつもりです。


暑さと言えば、庭の一隅に早くもコスモスが咲きはじめました。
夏を通り越して初秋の感じです。

2018071801.jpg



  1. 2018/07/18(水) 22:38:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ワスレナグサ

何故か庭のウツボグサが咲いているエリアに急にワスレナグサが咲きだしました。

ワスレナグサとは美しい名前ですが、ユリ科の和名:ヤブカンゾウです。

2018071301.jpg

最初は少し離れたところに咲いているヘメロカリスの種が運ばれたものと思っていました。
しかし花を良く見ると全然違います。

2018071302.jpg

実はワスレナグサは三倍体であるために種子はできないそうです。
では植えた訳さはないのに、どうしてこの場所に咲いたのでしょうか?
不思議です。

ワスレナグサと聞くと倍賞千恵子が歌った「忘れな草をあなた」を思い出してしまいます。
私の歳が分かりますね(笑)





  1. 2018/07/13(金) 22:15:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ルドベキア

毎日蒸し暑い日々が続いています。

西日本豪雨の被災地は気温35度以上の猛暑日になり、復興作業も大変な事でしょう。
泥との格闘で心身ともに疲れ切っているのではないでしょうか。

気象庁では50年に一度の豪雨と強調していますが、集中豪雨被害は近年毎年日本中の何処かで発生している感じがします。
避難準備情報や避難勧告、そして避難指示など言葉の意味が非常に分かり難いと思います。

「死にたくなかったら避難しろ!」と半ば強制的に報道しないと、正常性バイアスを変更させる事は無理かなと感じます。

最近の暑さで庭のルドベキアが一気に咲きだしました。
この花が咲くと夏本番です。

2018071101.jpg

2018071102.jpg

今日と明日は仕事の段取りの関係で、外仕事ではなく、山関連の原稿を書く仕事をするつもりです。
かなり夏バテになっていますので、日陰の室内にいるだけで身体が楽です。

体力には自信がありますが、毎日ペットボトルの飲料を5本以上がぶ飲みしないと、暑さに耐えられない仕事はきつくなってきました。

そう言えば、前にエクステリア作業が入り、引っこ抜かれそうなところをレスキューしたタイムの花も満開です。

2018071103.jpg

この花はハーブで料理に使われますが、イビキジャコウソウの仲間と初めて知りました。




  1. 2018/07/11(水) 21:41:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

サボテンの花

昔、財津和夫の唄に「サボテンの花」と言うのがありました。
なかなかの名曲で、私もギターをかき鳴らしてよく歌ったものです。

今日の話は歌のことではなく、本当のサボテンの花のことです。

何年かぶりに小さな鉢に植えているサボテンの花が咲きました。
クリーム色のとても大柄で綺麗な花です。

2018062801.jpg

最近はマスさんが冬場に屋内に入れていて、霜が降りないようになると外に出しています。
この度咲いたのはそのお蔭かもしれませんね。

2018062802.jpg

もう一つの小さな鉢植えのサボテンも真っ赤な花を一輪だけ咲かせてくれました。

2018062803.jpg

しかしサボテンや多肉植物は葉の大きさに比較して、とても綺麗で大きな花を咲かせてくれるます。
不思議な植物ですね。

話のついでに財津和夫のサボテンの花を貼っておきます。






  1. 2018/06/28(木) 13:48:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ウツボグサ

庭のウツボグサが見ごろを迎えています。
毎年書いていますが、この花、植えた訳ではなく自然に生えてきたものです。

2018062101.jpg

年々種で増えていくらしく、今年は凄い群落になってしまいました。
下の写真の4倍の面積で群生しています。

2018062102.jpg

アジサイも色が出てきて、梅雨本番と言った感じになりました。

でもこの週末は夏のような暑さになるようです。
体調管理が難しい季節です。


  1. 2018/06/21(木) 22:29:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ホタルブクロ

庭のホタルブクロが咲きはじめました。

2018061301.jpg

台風が太平洋沖を通過し、梅雨前線が少し遠ざかったため今日は晴れ間が広がりました。
あまり気温は上がらず爽やかな一日でした。

今年の梅雨はじとじとと長雨が続く陰湿な梅雨ではなく、晴れと雨が交互にくるメリハリのある天気になりそうな感じがします。

いろいろ事情があって山地図の登山道調査を例年より早く終わらせねばならないので、そんな天気傾向は助かります。


  1. 2018/06/13(水) 23:32:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ツキミソウ

今日はサクランボの収穫を手伝う予定でした。
しかしこのところの寒さで赤く熟すのが遅れているらしく、今日はもぎ取りをしない事になり、久しぶりに一日家でのんびり過ごしていました。
東北南部も梅雨入りしたため、雨降りの一日で山に行く予定も組みませんでした。

流石に土日も仕事としての登山道調査に忙殺されていたので、疲れがたまっていたようです。
20年前までは徹夜で運転して山に登っても疲れを感じなかったのが、今はそんな元気はありません。

庭の一隅に工事現場からレスキューしてきたツキミソウが毎年花を咲かせてくれます。
今はレスキューした場所は駐車場になってしまいました。

2018061001.jpg

でもよく観察すると咲いている場所が徐々にずれています。
ハナトラノオに場所をとられて、種が発芽する場所が変わってきた感じです。
気のせいか花数も今年は少ない印象です。

2018061002.jpg

そう言えば、咲き始めたホタルカズラホタルブクロの株も少なくなっています。
気候に関係あるのかな?

  1. 2018/06/10(日) 22:07:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ヒメコザクラ

今日は早池峰山北面の平津戸コースを往復してきました。

途中で本降りの雨になってしまい、いい状態の登山ではなかったです。

北面のルートは森林浴に向いていますが、花は非常に少ないです。

山頂から剣ヶ峰方面に少し入り、今の時期に咲くヒメコザクラを見てきました。
とても小さい花なので、見逃してしまいそうです。

2018060902.jpg

イワウメも山頂付近は5分咲きぐらいでした。

2018060901.jpg

登山道調査の中でも非常に遠いルートなので、無事調査を終えて良かったです。


  1. 2018/06/09(土) 21:00:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ヒメサユリ

今日はマスさんの実家に行き、サクランボ収穫のためのビニールとメッシュ掛け作業を手伝ってきました。

この作業は初めての経験でしたが、高所作業は得意なので、すぐに要領を飲み込めました。

何のための作業かと言いますと、屋根部分のビニール掛けはサクランボの実が雨に当たらないようにするためです。
壁部分のメッシュは鳥にサクランボを食べられないためです。

写真はマスさんが撮影。

2018052703.jpg

作業は午後3時に終わったので、大江町の大山自然公園に行き、満開のヒメサユリを見てきました。

本ブログでは写真1点のみアップします。

2018052701.jpg

その後、朝日町の一本松公園まで足を伸ばし、ここでもヒメサユリを堪能しました。

2018052702.jpg

結局、山には行けなかったけど満開のヒメサユリを見られて満足です。



  1. 2018/05/27(日) 20:42:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

初夏の花

庭のツツジがほぼ終わって、梅雨時の花に移行しています。

アヤメはどんどん勢力を拡大しています。

2018052601.jpg

以前はこの白いアヤメが主流でした。
紫のアヤメに駆逐されてしまいそうです。

2018052602.jpg

ルピナスもこの時期の定番の花になってきました。

2018052603.jpg

バラはマスさんが剪定や肥料を与えているので、花芽が多くなってきました。

2018052604.jpg

以前、父が全て刈り取ってしまったシランですが、昔のように多くの花をつけてくれるようになりました。
この花が咲くと梅雨時が近いことを知ります。

2018052605.jpg

明日はサクランボのビニールかけの手伝いをしに寒河江まで行かねばなりません。
今日も仕事でしたので、今週末は山はお休みです。


  1. 2018/05/26(土) 20:26:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ヒメシャガ

15日・火曜日、仕事の都合で休みが取れたので、赤生木集会場の写真を撮る必要性もあったため、ついでに白沢五山の箱ノ倉山から前山を軽く歩いてきました。

里山にフジの花が満開に咲くころは、同時に白沢五山にヒメシャガが咲き誇る時期でもあります。

当ブログではヒメシャガの写真のみアップします。

箱ノ倉山登山口を入って直ぐにヒメシャガの花が現れます。

2018051701.jpg

テレビのニュースで丸森町の不動尊のヒメシャガが満開と報道していました。
そして宮城県の準絶滅危惧種とも。

しかし青葉の森から戸神山に至る東西に伸びる青葉丘陵では随所にヒメシャガの群生地が見られます。

2018051702.jpg

陽の光が差し込んで浮かび上がる花々。

2018051703.jpg

以前、青葉丘陵にヒメシャガが咲いている事を知らずに、新潟の高坪山まで遠征して見に行った事があります。
今考えると、完全に灯台下暗しでした。

2018051704.jpg

白い花びらのヒメシャガも咲いていましたよ。

2018051705.jpg

地元の方々のご厚意で、駐車場がなかった白沢五山において、赤生木集会場を登山者のために開放してくれました。
それに関する記事は本家ブログに後日アップします。


  1. 2018/05/17(木) 21:48:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

紅白

庭のシロヤシオが満開です。
今年は背後に咲いているヤマツツジの花芽も多く、紅白模様になりました。

2018042701.jpg

日陰になっている所では早くもシャガが開花しています。
記憶を辿ってみても4月から咲き始めたのは初めてだと思います。

2018042702.jpg

イカリソウもほぼ満開。

2018042703.jpg

今年の春は足早に通り過ぎていきそうです。


  1. 2018/04/27(金) 15:55:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ミドリニリンソウ

今日は青麻山に行ってきました。

緑色のニリンソウが咲いているらしくその偵察です。

山道沿いに咲いていると言われていますが、私は足元を見て歩くのが苦手で、なかなか見つかりません。
それでも何とか見つけた一輪。

ニリンソウの白い花びらは実はがくで、それが緑色に変異したものが稀にあり、ミドリニリンソウと言うのだそうです。

2018042201.jpg

今日の仙台市は気温が29.9度まで上がりました。
4月の観測史上最も高い気温だそうです。

普通はGW頃から咲き始めるシラネアオイがもう咲いていましたよ。

2018042202.jpg

半袖シャツ姿で歩いても暑さを感じる一日でした。






  1. 2018/04/22(日) 19:36:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

アズマシャクナゲ

今年はツツジ科の植物の花つきが良いようです。

昨年は花数が少なかった庭のアズマシャクナゲが満開になっています。

2018041901.jpg

2018041902.jpg

シロヤシオもトウゴクミツバツツジも同様に花芽が多く、庭で花見が楽しめそうな感じです。

庭の一隅で生育範囲を増やしている花がオオアラセイトウです。
諸葛孔明が広めたという謂れからショカツサイとも呼ばれるようです。

2018041903.jpg

ヨーロッパ原産の園芸種であるハナダイコンとは違う花で、どうも名前が一般的に混同されていると分かりました。

2018041904.jpg

ところで自動車保険の保険証書が先日届いたので、本日運転免許の更新に行ってきました。
次の更新は5年後です。

そう言えば免許証の内容で準中型免許と言うのが昨年3月に改正されたのを初めて知りました。
私の場合は道交法改正で中型自動車の8トン限定免許(免許証の条件欄に『中型車は中型車 (8t) に限る』
となっています。

大まかに言うと積載量6.5t未満、そして乗車定員は11人以上29人以下のマイクロバスまで運転可能のようです。
2007年までは乗車定員10人以下だったので、ワゴン車しか運転できないものと思いこんでおりましたが、マイクロバスをレンタルしてある程度大人数を乗せる事もできると分かりました。
しかし実際には運転している私だけが疲れて損をする事になるので、それはしないでしょうね(笑)



  1. 2018/04/19(木) 22:05:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

オキナグサ

石裂山の帰り道、栃木県塩谷町大久保にあるオキナグサの群生地に立ち寄りました。

ふれあいの里しおやと言う農産物直売所の駐車場を使わせていただきます。

2018041501.jpg

駐車場の一隅にオキナグサ群生地へ行く道順を示す看板が立っています。
ここは関東では有名な場所らしく、ブログで紹介しても構わないと判断し記事を書いております。

2018041502.jpg

鬼怒川の左岸堤防を東進します。
川の対岸にある羽黒山が印象的でした。

2018041503.jpg

約1km程度歩くと、河川敷に降りて行く鉄製の簡易階段が設置されていました。
ここにオキナグサ群生地の看板も立っています。

2018041504.jpg

こんな荒れた河川敷の中に本当に群生地があるのか、少し疑心暗鬼を抱きながら奥に進んで行くと、ありました群生地が。
写真では分かり難いですが、この刈払いされた広場に沢山咲いています。
色合いが派手な花じゃないので、注意して歩かないと株を踏んでしまいそうです。

2018041505.jpg

少し視線を下げて、しゃがみこんで撮影するとこんな感じに一杯咲いています。

2018041506.jpg

この河川敷には何と4000株も群生しているそうです。
昨年3月に盗掘被害も発生したそうで、地域住民の方々が保存と監視活動を行っているとか。

オキナグサの草丈は20cm程度で、クロユリに似た紫色の花が下向きに咲きます。
花が咲き終わると、チングルマのような実をつけます。
この白っぽい綿毛が翁を感じさせるという事でオキナグサの名前になったとか。

2018041508.jpg

曇り空の関係か、開いている花びらが非常に少なく、やっと一輪開いた花を見つけました。

2018041507.jpg

オキナグサはかつて多く宮城県の鬼首高原でも多数自生していたそうです。
そう言った採草地は、牧畜に関わるススキや低木の刈払いにより維持されていましたが、現在は草刈など行われなくなり荒廃しほぼ絶滅したしまったようです。
また河川敷の群生地は河川改修工事により無くなってしまったと事も多数あると言われていて、それに加えて希少価値が出た事から山野草の栽培を趣味にする方々の心無い盗掘被害も増えていて、各地で群生地が激減しているのが現状です。
環境省の絶滅危惧Ⅱ類にも指定されている貴重な花なので、大切に見守って欲しいと感じました。


栃木県まで足を伸ばした甲斐があった一日でした。




  1. 2018/04/15(日) 16:42:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (238)
写真 (51)
花 (300)
登山 (425)
音楽 (30)
映画 (116)
猫 (171)
鳥 (18)
本 (8)
観光 (46)
グルメ (165)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (60)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (6)
その他 (14)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR