東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

ルーフボックス

昨年購入した愛車の荷室が狭くて、特に雪山の装備を積んだ時には3名までの荷物しか積めません。

それにスキーの場合、後部座席を倒して斜めに積載しようにも、これも荷室の長さが短いので積めず、この冬はスキーに行けませんでした。

これではどうしようもないので、恰好悪くてあまり好きにはなれないのですが、ルーフボックスを購入する事にしました。

そんな折、morinoさんから以前レガシーで使っていたスーリーのルーフキャリアをいただきました。
これなら後はルーフボックスだけ用意すれば良いと喜んだのも束の間、いざ車に付けてみたら、フールレールとスーリーのフットの部分の形状が異なり、取り付けできない事が分かりました。
バーの長さもほぼかつかつで、これも使えそうもありません。

仕方なく新たにカーメイト ルーフキャリア inno ベーシックステー ルーフレールタイプ INFRというのをネットで購入。
併せて長さ1270cmのバーも買いました。

2017040101.jpg

このフットの部分はかなり汎用性の高い作りになっているようで、取りつけは意外と簡単にできました。

さて問題のルーフボックスですが、スキーを積載できる長さと、全体の容量が問題なのでいろいろ悩んだ挙句、
一番廉価なカーメイト ルーフボックス inno ルーフボックス55 容量300L ブラック BRQ55BK
をネットで購入。

これにはちょっと困った事があり、平日の午前もしくは午後しか自宅配送してくれないと言うことが分かり、仕事でその時間帯はいないので悩んでしまいましたが、これ件については先週の土曜日に仕事で使っているハイエースで引き取りに行きました。
その倉庫の近くにうみの杜水族館水族館があったので、引き取りのついでに見に行ったのです。

このルーフボックスは●外寸:全長2000×全幅830×全高315(mm)●内寸:全長1830×全幅700×全高250(mm)●取付可能前後間隔:600~1000mm●容量300L●最大積載量50kg・スキー6~8セット。そして重さは15.5kgです。

ネットの写真で見た時よりも、実際に現物を見るとかなり大きなもので驚いてしまいました。

ちょっと内寸の高さが足りないような気がしますが、空力と横風の影響を考えると、この程度の厚みがベストかもしれません。
特に雪山装備や泊まりの荷物を入れるには重宝すると思います。

2017040104.jpg

メーカーでは二人でがかりでの取り付け作業を推奨していますが、仕事から帰ってきた夕方、一人で取り付け作業をしてみました。
ルーフキャリアの上に載せる作業は、以前ウィンドサーフィンをやっていた関係上、手慣れているので簡単に載せられました。

でも片側開きなので、奥側のクイッククランプと呼ばれる固定金具を付けるのが大変でした。
背の高い脚立を使わないと取り付けは難しいでしょう。

で、取り付けた状態がコレ。

2017040102.jpg

荷物の取り出しが少し大変そうです。

2017040103.jpg

今後、機械式の洗車機は使用できないですし、洗車そのものにも苦労しそうですが、まあ荷物が積めることへのトレードとしてしょうがないでしょうね。




スポンサーサイト
  1. 2017/04/01(土) 10:51:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

SX4の感想

5月末に納車されたスズキ SX4ですが、一か月と少し運転してみた上での感想を記したいと思います。

2016070303.jpg

項目ごとに箇条書していきますね。

【デザイン】  スイフトベースの車ですが、あのいすず117クーペをデザインしたジウジアーロが手掛けたデザインと言うことで、意外にヨーロッパ的なところがいいです。
特に前から見た姿が気に入っていますが、Aピラーの部分が厚く、曲がるときに視界が妨げられる時があり、その点に注意して運転しています。
それに塗装被膜が薄いようで、小傷が知己易い感じです。

【インテリア】  プラスチック素材を使っているところが多く、傷がつきやすくチープな印象です。
運転席側の天井が高く、圧迫感はありません。
サイドエアバックや前席シートヒーターがついていて、その点ではポイントが高いです。
でも一番駄目な点は荷室の狭さで、トノカバーの他に、上げ底になっていた荷室パネルを外しても、登山装備4名分を積み込むのが限界でした。泊まりの場合は更に荷物が増えるので、一部リアシート横に荷物を置かざるを得ないでしょう。
装備の多い冬山の場合は3名乗車が限界です。

【エンジン性能】  今まで3000ccディーゼルターボに乗っていたので、1500ccのこの車はトルクが全然足りない感じです。
スズキの車は初めてですが、ホンダ車に似た高回転域までスムースに回るエンジンと言った感じで、高速道に乗る時の加速性能はストレスを感じませんが、上り坂で回転数が落ちてくるとトップと3速を行ってこいする点が違和感ありありです。
蔵王エコーラインの登りでもトルクの足りなさを大いに感じました。
但し、平坦地なら全くストレスなく走行できます。

【乗り心地】  足回りは一言で言って硬めです。ワイディングロードではハンドルを切った方向に思った通りに曲がっていく感じで印象は良いです。前に乗っていたハイラックスサーフはアメ車的なフワフワした足回りでしたので、全く異なるフィーリングに最初は戸惑いましたが直ぐに慣れました。
但し、着座位置がSUV車よりかなり低くなったので、必然的に前方視界が悪くなり、その点では運転し難くなりました。

【燃費】  購入時には遠乗りすると最大15km╱リッターと聞いていましたが、どうもそれはFF仕様の車の場合だったようで、実際に満タン法で計ると、街乗りでは10km、登山での使用時には2人乗りの場合12~13km、4人乗りの場合は11km程度でした。
軽油のハイラックスサーフが街乗りで7km、登山時には10kmでしたから、相対的に燃料費にかかる費用はほとんど変化なしですす。
それより一番の問題がガソリンタンクが45リットルしか容量がない点で、八幡平を満タンで往復するのは厳しいと思います。
常にガソリン残量を気にしながら走行するのはストレスとなりそうです。

【総評】 林道のダート走行も考慮してパートタイム4WDのこの車を選びましたが、最低地上高が175mmしかないので、ダートでは亀足走行しかできません。前輪の前に飛び出している四角い泥除けは、林道の配水用の溝を乗り越えるときに触って折れてしまいました。その点では極悪路と言われる林道走行は不可能です。

燃費に関してはもう少し伸びて欲しかったですが、やはり4WD車に燃費を求めるのは酷と言うものでした。
しかし燃費以外のランニングコストは前の3000ccSUV車より大幅に下がってくるので、その点で買い替えは正解でした。

でもこの車に乗り始めてから一番気になった点があります。
それは後方の車から煽られることが非常に多くなった事です。
前車は大型SUVでしたので、多少威圧感もあったのでしょうが、この車の場合、交通の流れに乗って走行していても、後方から煽られます。
コンパクトカーに乗っている方は皆さん同じ思いを抱いているのでしょうかね?

まあ総合的に考えるとあまり嫌な点が少ないいい車だと思います。
ほとんど同じ車種の車を見ないというのも私には合っていますね(笑)



  1. 2016/07/04(月) 18:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

やっと納車(*´Д`)

昨日、購入した中古車がやっと納車されました。

最初にディーラーに行き、売買契約を結んだのがGW前でしたから、納車まで約1ヶ月弱もかかった勘定です。
幾らGWの長期休みが絡んだとは言え、ちょっと遅すぎますよね。
まあ、文句は言いましたが、ディーラーのメカニックの工場キャパが小さ過ぎるのでそんな事になってしまったようです。
それに最初商談した営業担当が移動で急にこの店にいなくなってしまったのも遅れた原因と思われます。


ところで、一番懸念したのが下取りに出す前の車をどうやってディーラーまで運転するかでした。
約1ヶ月走行していなかったのですが、その間にミッションの油漏れが急激に悪化し、駐車スペースの床は油まみれになっていました。

いざ走行してディーラーに向ったら、ギアが滑りまくりで、エンジンの回転数が上がっても前に進むのが大変です。
信号で停車する度に、ギアのかみ合わせをアクセルを煽って様子を見る作業に追われました。

何とかディーラーまで着いて心底ほっとしましたよ。
こんな状況になる予想はついていたので、早く納車して欲しかったのですがね・・・



で、今回購入した車がコチラのスズキSX4です。

2016052701.jpg

不人気車であまり売れていなかったようで、街中で走っている姿はほとんど見かけません。

スイフトベースのライトクロカンの扱いですが、コンパクトカーなのに横幅が広く3ナンバーな点が売り上げに悪影響を与えたようです。

2016052702.jpg

排気量は1500cc。前のハイラックスサーフが3000ccだったので、走行してみると坂道でもトルク不足はいや応なしに感じます。
でも気になる燃費は遠乗りの場合、リッター15kmは走るそうで、前の車が軽油だった事を加味しても、より経済的になりました。


しかしコンパクトカーなので、後部座席と荷室の狭さだけはどうしようもありませんね。
今まで5名で山に行くのは楽勝でしたが、今後は4名限定になりそうです。

2016052703.jpg

後部荷室は写真では広く見えますが、奥行きが足りず、特に荷物の多い冬山では積み込みに苦労しそうです。

2016052704.jpg

私の場合は車中泊しないのでその点は問題ないですが、スキーを積む場合はルーフキャリアを購入せざるを得ません。


ところで、この車を選んだ一番の理由はパートタイム4WDだったからなんです。
私の住む団地の入口が急坂で、雪が積もると毎回登れなくなる車が続出するんで、その保険として四駆が必須条件なのですよ。

2016052705.jpg

センターコンソールのところに4WDの切り替えスイッチがついていて、スタックしたような場合は、電子式のデフロック機能も備えています。
但し、最低地上高は175mmなので、極悪林道の走行は無理と感じました。

中古なのでボディに小傷は付いていますが、走行距離が27000kmしかなかったのも決めた理由の一つでした。

でも実際運転してみて、視線が低くなったのは気になりますね。
今まで道路より座面が高いSUVを約23年間運転し続けてきましたので、その点での違和感は半端じゃないです。


今後、走行してみて気になる点は随時レポしていきたいと思います。




  1. 2016/05/27(金) 17:20:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

今までありがとう(T_T)

山登りに長年付き合ってくれた我が愛車(ハイラックスサーフ)ですが、最近ミッションからの油漏れが悪化の一途辿り、走行に支障がでてきたので手放すことになりました。

まだ何とか走行できますが、信号などで停止するとギアが抜けてしまい、ギアがかみ合うまでかなりなタイムラグが生じます。
メカニックに言わせると、何時走行不能になるか予断を許さない状態とか。

ディーラーに概算の修理費を聞いたら40~50万円の修理費を覚悟して欲しいと言われました。
中古部品を買って別な修理工場で直す手もありそうですが、ラジエターも僅かな液漏れが発生しているらしく、これも早晩修理しなければならなくなりそうです。
おまけに今年9月に車検を迎えるため、今年中に車にかかる修理費&車検代金を概算すると軽く70万円を超えてしまうでしょう。

この車は今から16年前に3万キロ走行していた中古車を買い求めました。
その前に乗っていたダイハツ・ロッキーという4WD車がマニアルミッションギア抜けで走行不能となり、慌てて探した車でした。

それから東北一円の山々に連れていってくれた相棒とも言う存在で、現在まで34万キロの走行距離(内31万キロが私の走行距離)になりました。

2016042901.jpg

この車のエンジン(1KZ-TE)は 3000cc水冷直列4気筒SOHC ターボ ( インタークーラー付き)で、傑作エンジンと言われるほどの耐久性を持っています。
エンジンについては34万キロの走行距離においても、まだまだ走れる余裕を感じていました。

2016042902.jpg

今までほとんど故障らしい故障もなく乗れていましたが、昨年の晩秋の頃からミッション不具合が少しずつ出てきました。

2016042903.jpg

5名乗って、登山用具をぎっちり積み込んでも余裕の大きさの車ですが、この度の修理費以外に、自動車税&重量税&自賠責と任意保険、タイヤ、そしてバッテリーなどの費用が半端なくかかるため、今のエコの世の中には合わない車となってきたのは事実で、その意味でもこの車を維持管理していくのは限界と思いました。

流石に林道走行が多いので、新車の購入は躊躇ってしまいます。
故に、最近毎晩ネットにて中古車情報を探っていました。

そこで目を付けた車を結局購入しましたが、納車はGWを挟むのでまだ少し先の話です
その車のレポは納車されてきてからアップしたいと思います。

本日、車に積んでいた荷物を全て下ろしました。
もうこの車で山に行く事はなく、ディーラーまで走行するのみです。

思い出深い車でしたので、マスさんと一緒に記念写真を撮りました。

2016042904.jpg

今までいろいろな山に連れていってくれ、いろいろな思い出を残してくれたこの車に一言ありがとうと言いたいです。





  1. 2016/04/29(金) 20:14:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (176)
写真 (36)
花 (244)
登山 (316)
音楽 (25)
映画 (78)
猫 (139)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR