東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

中抜け

昼間にちょっと近くの山に入ってコゴミを採ってきました。
このところの暑さで、急激に成長してしまったようで、伸び伸びで食べられないものが多かったですが、まだ食べごろのものも少し残っていて摘んできました。

記念の証拠写真をコンデジで一枚撮りましたが、ピントが見事に中抜けして、手前のコゴミに合っていません。
仕方なく縦構図を横構図にトリミングして、何とか見える感じになりましたが、この写真は完全に失敗作です。
液晶画面をほとんど地面にくっつけるように撮るので、ピントが何処に合っているのか分からなかったです。

2017042101.jpg

帰宅して湯がいて食べたら美味しかったです。
これから山菜シーズンが始まります。

ところで近くにニリンソウが咲いていました。
これも山菜として使えますが、試しに少量食べてみると青汁のような味なので、一回試したきり、その後は一切手を付けない山菜です。
2017042102.jpg

実は過去にカタクリも食べてみた事があるのですが、その後、酷い下痢に苦しめられました。
オオバキスミレも山菜ですが、これも人によっては腹を壊します。

山菜に関しては一般的に産直店で販売している有名なもの以外は、美味しくないものが大変のような感じがします。





スポンサーサイト
  1. 2017/04/21(金) 21:03:49|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初物

今日は暴風警報が出ていて、とても外仕事を出来る状態にないので、午前中にハナちゃんを病院に連れていきました。

口内炎の症状はだいぶ良くなってきて、体重も少し増えました。
また注射3本を打って、同じ抗生剤の薬を貰ってきました。
来週調子が良ければ病院に来なくて大丈夫だそうです。

その後、何時もの山菜の狩場に偵察に行きました。

雑木林にはシュンランが咲いています。
カタクリは終盤でしたが、ヒメギフチョウが沢山飛んでいました。

2016041501.jpg

目当てのコシアブラは芽が出たばかりのものが多く、採取できるのは1週間後が適期のようです。
それでも日当たりの良いところで少しだけ採れました。

2016041502.jpg

森の奥に入って、毎年コシアブラを採取する杉林を見て唖然としました。
どうも昨年の秋に杉の間伐が入ったようで、杉林の低木としてかなりな本数があったコシアブラの木が全て伐採されていたのです。もうこの場所では10年以上は採取困難なようでがっかりしました。

2016041503.jpg

それではと、河岸を変えて沢筋のコゴミの群生地を確認に行きました。

ちょうど採り時かな?と想像していましたが、ほとんどの株が伸びてしまい、1週間遅い感じです。
でもご覧の食べどきのものも採れたので良かったです。

2016041504.jpg

晩飯はコシアブラとコゴミの天ぷら。
これを食べると山菜シーズンが始まったと感じます。

2016041505.jpg

それに湯がいたコゴミにマヨネーズをかけて食べました。
山菜なのに野菜みたいな癖のない味なので誰でも食べられます。

2016041506.jpg

今年の雪山はほとんど終わりですが、山菜に花と山への興味は倍増していきます。



  1. 2016/04/15(金) 21:13:35|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤマブドウ

昨日はキノコの偵察で藪山に入ったのですが、凄い藪漕ぎに根を上げるほど厳しい山でした。

キノコはぼつぼつ採れましたが、山中で時間がかかり日の入りとの追っかけ合いになってしまって、生えていても採る時間がないほどだったです。

ところで驚いたのは今年のヤマブドウが近年稀に見る豊作な事でした。

藪漕ぎの最中に三か所ほど、まるでブドウ園???と思ってしまうたわわに実った光景に出くわしました。

その内、最初の一か所目で実っている部分の半分ぐらい最初したのが下の写真です。

2015101701.jpg

ゆず君が近寄ってきたときに写真を撮りましたが、ゆず君との対比でその量が分かると思います。
大きな粒で直径1cmはある極上品のヤマブドウで、実だけ計ったら2.4kgもありましたよ。

まるで山で採れた黒真珠みたいな感じがしました。

IMGP9477.jpg

一個一個外して、洗う処理が大変でしたが、その利用法は秘密です(笑)


  1. 2015/10/17(土) 21:45:32|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワラビ採り

久しぶりに某所へワラビ採りに行ってきました。

タニウツギの花が満開の頃、ワラビは最高の収穫時期を迎えます。

2015052501.jpg


突いた時間が少し遅かったので、既に10名以上の方が入山していました。
後で出会った方のお話では前日6名で入って、ほとんど採りつくしてしまったとか・・・

まあ落穂ひろい的な感じですが、人より歩けば生えている場所に会えるかも、と細いワラビを採っていました。
今年は日照り続きでワラビの成長が悪いようです。

藪を漕いで少し広い場所に出たら、ここだけ採取されておらず、太いワラビが残っていました。

2015052502.jpg

この日の仙台は気温30度超えの夏日。
夏を思わせる暑さで、休憩を入れながら3時間ほど歩き回って採れたワラビがコチラ。

2015052503.jpg

まあ、競争率が激しい割には採れたほうでしょうね。





  1. 2015/05/25(月) 06:28:21|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コシアブラ

今日はいろいろ買い物をする予定があったので登山はお休みです。

その代わりに近場の里山でコシアブラ採りをしてきました。

2015042501.jpg

ちょうど食べごろの大きさに成長していましたよ。
今晩はコシアブラのパスタと、天ぷらでした。
一年ぶりの春のご馳走です。

2015042502.jpg

毎度、シドケを採っている場所に移動しましたが、近年全ての株を採取する山菜取りの掟破りがいまして、その場所はシドケが一本も生えない不毛の場所になってしまいました。
次の年の楽しみを残しておくために、生えている全てを採るのは止めて欲しいものです。

ところで山は今が新緑の盛りです。
同時にヤマツツジも咲きはじめました。

2015042503.jpg

トウゴクミツバツツジも彼方此方で咲いています。

2015042504.jpg

シロヤシオは咲きはじめ。
これで三色そろい踏みになりましたね。

2015042505.jpg

明日は少しハードな残雪の山に行ってきますよ。


  1. 2015/04/25(土) 20:56:36|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コゴミ

土曜日は今年初めての山菜採りに行ってきました。

例年より桜の開花が早く、しかも雪解けが進んでいて、登山ばかりやっていては山菜を食べる機会が無くなってしまうので、この日は登山は行わず迷わず山菜採りに出かけました。

しかし何時もの狩場に着いてみると、お目当てのコゴミはほとんど伸びきっています。

2015041801.jpg

これは時期が遅かったか、と一瞬思いましたが、少しだけ場所を移動すると、まだまだ食べられるコゴミが群生しています。

2015041802.jpg

こんな太いものも生えていましたよ♪

2015041803.jpg

初物ですが、天ぷらや和え物、おひたしにして美味しくいただきました。

今後は高い山の天気が芳しくない時は山菜採りに行くつもりです。



  1. 2015/04/19(日) 22:56:53|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シドケ

5日は午後から用事があるので午前中に近くの山に山菜採りに行きました。

狙いはコシアブラだったのですが、ほとんど葉っぱが開いて食さない状態になっていました。
1週間前だったら食べごろのものを採取できたようです。

仕方なく森の奥に進んでシドケが生える場所を目指しました。

今の里山はヤマツツジが見ごろを迎えています。

DSC02409.jpg

チゴユリが足元に沢山咲いていました。

DSC02411.jpg

ムラサキケマンも今の時期を代表する花ですね。

DSC02421.jpg


ラショウモンカズラは咲きはじめでした。

DSC02424.jpg

狩場に着いたら少量ですがシドケが生えていました。
正式な名称はモミジガサと言って秋に目立たない花を咲かせます。

山菜の女王とも言われて、そのキドイ味は山菜好きには堪らない美味しさですが、癖のある味なので大量には食べる気がしません。
春を感じながらお浸しで少し味わうのが美味しく感じます。

DSC02415.jpg

これからの季節はワラビやウドが採れるようになりますね。












  1. 2014/05/08(木) 21:50:00|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山菜採り

27日の日曜日は家の掃除や洗濯をした後で時間ができたので、
午後から市街地の秘密の場所に山菜採りに出かけました。

この秘密の場所はタラノメが採れるので、助手としてmaronnさんをお誘いしました。
樹高の高いタラノメは曲げる人と採る人の分業作業でないと効率良く採れないのですよ。

雑木林に咲き始めたシロバナエンレイソウや、

DSC02377.jpg

淡いピンクの花びらが印象的なアケボノスミレなどを眺めて山菜を探します。

DSC02387.jpg

結果的にタラノメとワラビ、そしてコシアブラがご覧の通り採れましたよ。

DSC02394.jpg

タラノメは天ぷらで、ワラビはお浸し。
コシアブラは写真のペペロンチーノ、そして卵焼き、天ぷらで食べました。

DSC02397.jpg

山に登らない日曜日でしたが、花を眺めて山菜を採って結構楽しめましたよ。











  1. 2014/04/30(水) 22:34:55|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コゴミ

初物のコゴミを採りました。

シダ植物ですがゼンマイのようにえぐい味がせず、湯がいただけで食べられる美味しい山菜です。

IMGP4768.jpg

但し採るのが少し遅かったようで、伸びて食べられなくなったものも多かったです。

IMGP4774.jpg

日曜日に山仲間のmaronnさんにワサビとタラノメをいただきました。

コゴミとタラノメは天ぷらが一番です。マスさんが調理してくれました。

IMGP5012.jpg

産直店でアマドコロの新芽を買ったのでコゴミと合わせてサラダ感覚で食べてみました。
アマドコロはアスパラのような甘さがあります。

IMGP5013.jpg

ピラフを主食に、青物の山菜メインの健康的な食卓になりましたよ。

IMGP5011.jpg

ワサビは醤油漬けにすると辛みが効いてとても美味しいです。
奥の皿がワサビでした。

今後は山菜採りも楽しめる登山が続きますね。






  1. 2014/04/25(金) 22:11:58|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フキノトウ味噌

急に5月の連休以降の気温になってしまって花粉症の症状が最悪です。

今年は鼻づまりよりも、鼻で息を付けないことにより喉を傷めてしまって、寝ているときに喘息を思わせる咳が止まらずに苦しんでいます。

今日も内科に行って咳を緩和する薬を貰ってきました。

ところで昨日の夕方ですが近所の空地に行ってみたらフキノトウが芽を出していましたよ。
もう花が咲いているものもあり、小さな芽を選んで採取しました。

IMGP3670.jpg

本当は天ぷらにしたかったのですが、一人で天ぷらを揚げるのも油が勿体ないので、楽してフキノトウ味噌を作りました。

IMGP3671.jpg


温かいご飯の上に乗せて食べると、口の中に春の香りが広がっていく感じでした。







  1. 2014/03/27(木) 18:01:15|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コゴミ

話は前後しますが、先週の土曜日に鬼首の山に登ったときに山菜のコゴミを採ってきました。

一般的にコゴミと呼ばれていますが、正式名はクサソテツです。
コゴミを漢字で書くと屈だそうで、渦巻き状になった若い葉の形状を呼んだものでしょうね。

湿った沢筋などに生えていますが、直ぐに葉が開いてしまうので、一番美味しい葉が巻いた時期に当たと嬉しくなってしまいます。

DSC00356.jpg

山奥の群生地に行くと、小指ほどの太さのものが採れることもありますよ。



さてその日の晩にマスさんが調理をして食べさせてくれました。

手前の右がフキノトウとコゴミの天ぷらです。
手前左がコゴミとアボガドとハムのサラダ。

真ん中がコゴミを湯がいてマヨネーズをかけたもの。

後ろ右がコゴミの胡麻和え。
後ろ左が少量だけ採れたワサビのおひたしです。


P1050751.jpg

新鮮な山菜を賞味するのは春の楽しみの一つとなっています。




  1. 2013/05/01(水) 19:15:23|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山菜ストラップ

昨年の6月に発売されていたガチャガチャの『山菜ストラップ』が再発されていました。
こんな初冬の時期に山菜とは、全く時期外れな感じがしますが、予算千円で5個だけチャレンジしてみました。

この商品、フィギア製作会社の奇譚クラブが作ったもので、人気の高かったキノコストラップと同様に精巧な作りをしています。
種類はタケノコ、ワサビ、タラノメ、ゼンマイ、フキノトウ、ザクロ、アケビ、キイチゴの全8種です。

kcntcmsnsist.jpg

結局、タケノコ、ワサビ、フキノトウ、アケビの4種類をゲットしましたが、アケビだけダブってしまいました。
タケノコやワサビは固めに出来ていて、フキノトウとアケビは柔らかく、本当にリアルに出来ています。

P1060989.jpg

でも、一番欲しかったタラノメが取れなくて残念でしたよ(>_<)
ザクロは山菜じゃないですよね(笑)



  1. 2012/12/08(土) 10:34:04|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハチク

近所の空き地にハチク(淡竹)がにょきにょき生え始めました。

ハチク(淡竹)は中国原産の竹の一種で呉竹(くれたけ)とも呼ばれています。

この場所に生えるハチクの直径は2~5cm程度。
ご覧の様なハチクの筍(タケノコ)は食用になります。
空き地といっても地主がいない場所なので、当家では朝方に生え具合を見に行って、生えているとポキポキ手折ってきます。
今朝の収穫はこの通り・・・

201261301.jpg

折ってきたばかりの筍は癖がなく、あく抜きをしなくても食べられますので、皮をむいて早速味噌汁の具にして食べました。
甘みがあり、これがまた美味しいんですよぉ~(^-^)


この時期の山はネマガリダケが生える時期にも当たり、その産地では大挙してタケノコ採りの方が押し寄せます。
でも山でそれなりの収穫に有りつこうとすると大変。
猛烈な竹薮を漕ぎ、採った獲物は偉く重いので持ち帰りに苦労し、帰宅後に直ぐ処理しないと固くなるので、皮むきと茹でるのが必死です。
本場のところでは瓶づめにして保存するそうですが、そんな手間をかける時間がありません。

だから私の場合、ネマガリダケは登山道沿いで簡単に採れるものを持ち帰るだけです。
家の傍で毎日こんなタケノコが採れるのは最高だと思っていますよ。







  1. 2012/06/13(水) 22:51:52|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

オオナルコユリ

ワラビの様子を見に何時もの場所へ行ってきた。
今年は各地のワラビ園でもワラビの生育が遅れていると聞いていたが、何時もの採取場所も同様の状況で、始めに出る細いタイプのワラビばかり・・・

DSC01324.jpg


それでも2時間でハケゴ3杯分が採れたので、帰宅後に塩蔵処理を行ったが漬物樽で半分以下の量だった。
あと2週間後がワラビ採りには一番良さそうな感じだ。

ところで今回一番良かったのはオオナルコユリが採れた事。

DSC01315.jpg


>別名をアマシオデと言って、山菜の王様とも称されている一品だ。

天然のアスパラとも言われていて、独特の甘み、上品なヌメりは山菜を思わせない旨さを持つ。
固体数が絶対的少ないので余り乱獲もできないし、ホウチャクソウという毒草とそっくりなので注意が必要な山菜である。

以前奥只見の旅館で初めてご馳走になったが、その時の感動は今も忘れられない。
山菜=キドイ、と言う図式を根底から覆す旨さだ。








  1. 2012/06/02(土) 21:24:22|
  2. 山菜
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (197)
写真 (38)
花 (269)
登山 (362)
音楽 (25)
映画 (93)
猫 (153)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (127)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (49)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (12)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR