東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

何故かコスモス

しばらくかかっていた仕事が本日終了。
6月下旬からの暑さで、心身共に疲れました。

この後もしばらくの間、この猛暑は続くようで、本業を少し休んで、屋外のエアコンの効いた部屋で行える執筆の仕事に当たるつもりです。原稿の納期が9月末なので、今からスパートしないと間に合いそうもありません。

それにしてもこの暑さ、どうにもなりませんね。
山と高原地図における私の調査山域は標高が低い山が多く、しかも未調査ルートは水場のない、かなりマニアックなところばかり残ってしまいました。
この暑さの中で無理に歩くと、身体にかなりな負担がかかってしまうため、気温と天気と相談しながら、少しづつ消化しい行こうと考えています。

そんな訳で、暑さ本番の時期は調査は忘れて、標高の高い涼しい山に行くつもりです。


暑さと言えば、庭の一隅に早くもコスモスが咲きはじめました。
夏を通り越して初秋の感じです。

2018071801.jpg



スポンサーサイト
  1. 2018/07/18(水) 22:38:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

一切経山

連休は遠出すると渋滞に巻き込まれる可能性が高いので、近場の吾妻連峰・一切経山に行ってきました。

しかし一般ルートじゃ人を見に行く感じなので、バリエーションルートのラクダ山経由で東稜を登りました。

吾妻スカイラインの脇にある小さな池からラクダ山を見上げます。

2018071501.jpg

詳しい記録は本家ブログにアップしますが、ガレ場が連続する上級者向けのルートでした。
こんな左側が切れたヤセ尾根も通過します。

2018071502.jpg

穏やかな吾妻連峰にあって異色の登山路ですね。

2018071503.jpg

頂稜に着いて吾妻小富士を見下ろします。
一般ルートからは見えない新鮮なアングルでした。

2018071504.jpg

晴れていると吾妻の瞳はよりコバルトブルーが濃く見えます。

2018071505.jpg

帰りは鎌沼経由、姥神様を見て兎平に戻りました。

2018071506.jpg

明日は午後から雷雨も予想されるので、買い物に行く予定です。
暑いからゆっくり骨休みしますよ。






  1. 2018/07/15(日) 20:53:40|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TOKI ASAKO LIVE 2018 “SAFARI TOUR”

今日の夕方は仙台dawinにて開催された「TOKI ASAKO LIVE 2018 “SAFARI TOUR”」に行ってきました。

2018071402.jpg

2018.04.27発売のアルバム「SAFARI」に合せてのワンマンライブツアーです。

バンドメンバーは「SAFARI」のプロヂュース、作曲、編曲を行ったトオミヨウ(Key, Gt & Cho)と 、玉木正太郎(Ba & Cho)、鈴木浩之(Dr)です。

2018071403.jpg

今回は3人編成のバックなので、音に厚みがないのかと危惧しておりましたが、実際に聴いてみると、生演奏&打ち込みでかつてないカラフルな音の洪水になっていました。

セットリストもトミオヨウが全般的に関わったアルバム「SAFARI」,「PINK」だけでなく、「BITTERSWEET」の曲も数多く披露され、全体的にノリの良い曲中心で楽しかったです。

ところで土岐麻子さん、髪を短く切りイメージチェンジしていました。
個人的にはこの髪型のほうがお似合いだと思います。

2018071401.jpg

今回はマスさんと二人で見てきました。
帰りに美香苑でニラレバ炒め定食【890円】を食べてきました。
このニラレバ炒め、絶品です。

2018071404.jpg

年に一回はライブに行って身体を揺らしてくるのはイイものです。


  1. 2018/07/14(土) 22:48:28|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワスレナグサ

何故か庭のウツボグサが咲いているエリアに急にワスレナグサが咲きだしました。

ワスレナグサとは美しい名前ですが、ユリ科の和名:ヤブカンゾウです。

2018071301.jpg

最初は少し離れたところに咲いているヘメロカリスの種が運ばれたものと思っていました。
しかし花を良く見ると全然違います。

2018071302.jpg

実はワスレナグサは三倍体であるために種子はできないそうです。
では植えた訳さはないのに、どうしてこの場所に咲いたのでしょうか?
不思議です。

ワスレナグサと聞くと倍賞千恵子が歌った「忘れな草をあなた」を思い出してしまいます。
私の歳が分かりますね(笑)





  1. 2018/07/13(金) 22:15:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ルドベキア

毎日蒸し暑い日々が続いています。

西日本豪雨の被災地は気温35度以上の猛暑日になり、復興作業も大変な事でしょう。
泥との格闘で心身ともに疲れ切っているのではないでしょうか。

気象庁では50年に一度の豪雨と強調していますが、集中豪雨被害は近年毎年日本中の何処かで発生している感じがします。
避難準備情報や避難勧告、そして避難指示など言葉の意味が非常に分かり難いと思います。

「死にたくなかったら避難しろ!」と半ば強制的に報道しないと、正常性バイアスを変更させる事は無理かなと感じます。

最近の暑さで庭のルドベキアが一気に咲きだしました。
この花が咲くと夏本番です。

2018071101.jpg

2018071102.jpg

今日と明日は仕事の段取りの関係で、外仕事ではなく、山関連の原稿を書く仕事をするつもりです。
かなり夏バテになっていますので、日陰の室内にいるだけで身体が楽です。

体力には自信がありますが、毎日ペットボトルの飲料を5本以上がぶ飲みしないと、暑さに耐えられない仕事はきつくなってきました。

そう言えば、前にエクステリア作業が入り、引っこ抜かれそうなところをレスキューしたタイムの花も満開です。

2018071103.jpg

この花はハーブで料理に使われますが、イビキジャコウソウの仲間と初めて知りました。




  1. 2018/07/11(水) 21:41:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

熊野岳

蔵王のコマクサが気になって一人で午後から熊野岳を歩いてきました。

ライブカメラを見ると朝方はレンズに水滴がかかっていたので、これは雨だな、と思っていましたが、午前10時過ぎごろから雨が止んだみたいなので、慌てて家を飛び出しました。

しかし刈田リフトの駐車場にお昼過ぎに着くと、一気にガスが上がってきてがっかり。
時折ガスが少し飛ぶのですが、景色より花を見るのが中心で歩きました。

写真はいろいろ順番が滅茶苦茶にアップしていますけど、午後3時過ぎの熊野岳山頂では滝雲がかかる雁戸山が見えました。

2018070801.jpg

熊野十字路から自然園方面に下るとコマクサの群生地です。
ロープが張られているため、あまり接写ができません。

2018070802.jpg

火山活動が少し活発な時は想定火口域には進入が禁止になっていましたが、現在はそんな標識は取り払われていました。
少しロバの耳尾根を下って、御釜北の地震計の設置された付近からロバの耳と後烏帽子岳を望みます。

2018070803.jpg

アオノツガザクラの群落が見られ良かったです。

2018070804.jpg

帰路、御田ノ神湿原に立ち寄りました。
ハクサンシャクナゲは満開。
コバイケイソウとワタスゲは終盤。
キンコウカが咲き始めていました。



  1. 2018/07/08(日) 21:00:03|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

喰った喰った(*^。^*)

昨晩はお天気祭りと称して一番町の張広東飯店 桜園にて飲み放題・食べ放題の3680円コースを楽しんできました。

2018070701.jpg

このお店、50数品の中華料理が食べ放題です。
何年ぶりかで入店しました。

参加したのはmorinoさんくまぷーさん、mikoさん、マスさんと私の5名。

以前は一皿が一般的な一人前の量だったのですが、システムが変わったようで人数分の盛りになっています。

美味しかったのはエビチリ

2018070702.jpg

それにグツグツ煮込まれた鉄なべに盛られた麻婆豆腐です。
山椒の辛さが本格的でした。

2018070703.jpg

その他、適当に食べたいものをオーダーしましたが、どの料理も美味しかったです。

2018070704.jpg

2018070705.jpg

2018070706.jpg

これでお腹ははち切れそうに満腹になってしまいました。

ご飯ものには手が出ず、ビールなど炭酸系のアルコール飲料もご法度です。

しかしお天気祭りはあまり効果がなく、七夕の今日は一日中雨降りでした。
明日も高い山は難しそう。

それより西日本の豪雨被害が甚大で大変な状態になっているようです。
災害がこれ以上広がらない事を祈ります。


  1. 2018/07/07(土) 19:12:41|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

スター・ウォーズで一番人気が高いキャラのハン・ソロの若い頃を描いた作品
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見てきました。

あらすじ
帝国軍が支配する時代。惑星コレリアで生まれ育ち、自分の力だけで生き抜いてきたハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)は、銀河で一番のパイロットになるという夢を抱いていた。やがて宇宙に飛び出した彼は、チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)という相棒を得る。彼らは、幼なじみの美女キーラ(エミリア・クラーク)らと一緒に、危険な世界に通じたトバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)が率いるチームに加わり、壮大な冒険に身を投じる。




あまりアメリカ本国での興行成績がイマイチと言う情報があったため、今回はパスしようと思いましたが、やはりスター・ウォーズ印の作品は避けて通れず、たまらず見に行ってしまいました。

若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクはハリソン・フォードに余り似ておらず、オーラも感じないので、その点がファンから嫌われてしまったのでしょうが、見ている内に気にならなくなりました。

この作品は内容に縛りが多く、ハン・ソロの過去のいろいろな謎を全て網羅しなければならない宿命を背負っています。
監督のロン・ハワードは急きょリリーフで監督をやらされてしまった点で大変だったと思います。

その謎は➀チューバッカとの出会い。➁愛機ミレニアム・ファルコンを悪友ランド・カルリジアン(ドナルド・グローバー)から入手した経緯。などが開かされます。
一番うれしかったのは「ケッセル・ランを12パーセクで飛んだ!」の意味が分かった点でした。
この理由付けは目から鱗でした。

でもちょっと残念だったのは続編ありきで中途半端に終わってしまった点です。
悪名高い密輸団の一員に加わり、ジャバ・ザ・ハットなどの犯罪王を相手にケッセル産スパイスの密輸を生業としていた事が一切語られていませんし、幼なじみの美女キーラが謎を残したまま、驚きの人物の元に旅立ってしまいます。
基本的に映画は一作単体で話が終わらないと評価の対象にならないと常々感じていますので、
この作品の評価は75点です。

でも本編の『最後のジェダイ』より遥かに良く出来た作品だと思いますよ。



  1. 2018/07/05(木) 22:15:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やっぱり合わない(*_*;

燧ヶ岳の帰り。
桧枝岐のかどやで味噌ラーメン食べようと思っていましたが、午後3時に閉店するらしく間に合わず。

仕方なく白河市の中華そば白河屋に行ったのですが、何故かこの日は休業中。
これは困った、腹が減ってしょうがないのです。

もう開店しているラーメン屋に飛ぶコミで入ろうと、国道4号を北上していたら、結構車が駐車している御覧のラーメン店を見つけました。

2018070301.jpg

券売機で食券を買う時、このお店がどうも二郎系ではないかと言う悪い予感がしましたが、入店してしまったし、もうお腹ペコペコなので背に腹は代えられません。

以前、仙台で分からないで二郎系のラーメン店に入って、あまりの味の濃さに辟易した覚えがあったのですよ。

かどやで食べられなかったので、私は味噌らーめんを注文しました。

この時「野菜(もやし)と、ニンニクの量は?」と注文時に聞かれ、「野菜は普通、ニンニクは少し多めに。」と返しました。
そして出て来た味噌ラーメンがコレ↓。

2018070302.jpg

前の方に乗っている白いポテトサラダ風のものは全てニンニクです。
どんな味になるか想像もできない量なんですが、店のお勧めなんでしょうから全て溶かして食べてみました。

スープはかなりドロドロで、麺は硬めの太麺です。
最初は美味しいかな、と思いましたが、食べ進んでいると、麺を食べているのか、もやしを食べているのか分からなくなってきます。

そして最終的に生ニンニクのエグイ感じの辛さだけが味の中心になってしまって、スープを飲める感じではなくなってきました。
近くの席にいた常連さんはニンニクを別皿で注文していましたが、その理由が良く分りました。

このラーメン店は地元でも有名で、若い人に人気があるようです。
でも私みたいなおっさんには、二郎系のラーメンはやっぱり合わないと思いました。

この後の車中が大変で、口の中にずっとニンニクの味が残り、後味最悪の状態に耐えられなくなり、途中のサービスエリアに寄って、甘いクリーム入りのカフェオレを飲んで何とか凌ぎました。

補足しますが、ネットで調べてみると、このお店はチェーン店で、二郎の直系ではなく、二郎に触発されたお味のお見せだそうです。



  1. 2018/07/03(火) 22:20:42|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

燧ヶ岳

金曜日から4日連続で真夏のような暑さが続いています。
こんな猛暑の最中に屋根の上に上がって仕事をしているので、かなりバテバテで、雑記帳ブログの更新もやる気力がない状態でした。

でも仕事より山を歩いていた方が余程楽なので、昨日は避暑をかねて尾瀬の燧ヶ岳に日帰りで登ってきました。

しかし前日の夜にこの日が山開きなのを知りました。
混雑する山は苦手なんですが、晴れのエリアは福島県以南のようなので、変更せずに長躯車を走らせました。

詳しくは本家ブログにアップしますが、本ブログでは数枚の写真だけアップしておきます。

御池登山口から登り、熊沢田代から燧ヶ岳を見上げます。
この日はワタスゲが見ごろを迎えていました。

2018070201.jpg

熊沢田代の池塘越しに平ヶ岳、中ノ岳、越後駒ヶ岳、そして荒沢岳を望みます。

2018070202.jpg

流石に山開きの日なので山頂はごった返していました。
もう少し早く山頂に着いていたら富士山も見えていたそうです。

2018070203.jpg

前夜にこの山域は雷雨だったようで、午前中の早い時間から雲が湧き上がっていました。

ミノブチ岳から尾瀬沼を見下ろします。

2018070204.jpg

尾瀬沼湖畔の長蔵小屋に立ち寄り休憩。
大江湿原を突っ切り沼山峠に向かいます。

大江湿原もワタスゲが見ごろでした。


2018070205.jpg

山を歩いているより車を運転している方が長い一日でした。

  1. 2018/07/02(月) 21:14:23|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (215)
写真 (50)
花 (295)
登山 (399)
音楽 (29)
映画 (106)
猫 (164)
鳥 (18)
本 (8)
観光 (46)
グルメ (149)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (51)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (6)
その他 (14)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR